群馬パース大学

資料請求

SearchAccessContact
学部・学科・大学院キャンパスライフ
入試情報施設案内大学概要

HOME > 保健科学部 > 理学療法学科

理学療法学科

学生と教員の緊密な交流を通して理学療法を学ぶ。

理学療法学科では、グループワーク授業を取り入れ、協働の意味やチームワークの大切さを学びます。学生と教員のディスカッションやコミュニケーションの場も多く、授業以外でも教員と気軽に交流できる環境を構築しています。

学科目標

  • 人を広く深く理解し、人と関わりあえる理学療法士の育成
  • チーム医療の実践、他職種と連携できる理学療法士の育成
  • 広範な理学療法ニーズに対応できる理学療法士の育成
  • 地域リハビリテーション領域で活躍できる理学療法士の育成
  • 多様化するニーズに応えられる理学療法士の育成

学びの流れ

理学療法学科では4 年間の学習の中で、特に「基本」を重視し、問題解決能力を向上させることで生涯にわたる学究心を涵養し、学生同士や教員とのディスカッション、コミュニケーションを多く取り入れることにより、協働の意味やチームワークの大切さを学びます。

理学療法士を目指す4年間

1年次.入学と同時に始まる専門教育
入学後すぐに人体の構造・機能に関する学習が始まります。1年から専門基礎・専門科目を学習することにより学習意欲を高め、自主的な学習が促されるよう配慮されています。
2年次.理学療法の実体験も
専門基礎科目では「内科学」、「整形外科学I・Ⅱ」を学習します。専門科目では理学療法評価の学習が中心となります。また見学実習を通して、理学療法の業務を実体験します。
3年次.理学療法の中核、運動療法を学ぶ
幅広い理学療法ニーズに対応する科目や、地域医療、福祉にも対応する科目が多数用意されています。「評価学実習」では、病院・施設などの現場で理学療法評価を実施します。
4年次.学んだ知識・技術の統合へ
臨床実習は16週間行われ、理学療法評価及び治療について習得します。「卒業研究」では生涯にわたり理学療法の実践、研究に携わり、学問体系の確立に貢献する基礎を学びます。


理学療法学科のサポート体制

担任·副担任制度
各学年には担任、副担任がおり、学生との面談や相談を実施しています。学習面だけでなく、大学生活全体もサポートします。
国家試験支援
グループ学習、模擬試験、担当教員による個別面談、教員による対策講義など、学科全体で支援します。学生が頑張れる雰囲気づくりを大切にしています。

理学療法士国家試験合格率 94.3% ※平成27年度卒業生実績 全国平均 74.1%

施設・設備

運動療法実習室

理学療法の中核をなす運動療法を学ぶ実習室です。運動や体操を利用した治療について学びます。主に実技を行う講義や実技練習を行う際に利用し、1クラス全員が入れる広い空間で、車イスや松葉杖など必要な道具が揃っています。

運動学実習室

その人に合った適切なリハビリを施すために、どのような方法が最善かを学習する実習室です。歩行や起立などの様々な運動、腕や脚の曲げ伸ばしなどのあらゆる動作を科学的に分析・解析するための機器が充実しています。

物理療法実習室

物理療法とは、身体に物理的なエネルギー(温熱、光線、電気刺激等)を加え、様々な痛みを軽減するなどを目的とする理学療法の治療手段です。本学では、物理療法の最新機器が設置され、より実践的な学習をする環境が整っています。

保健科学部理学療法学科

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gumma Paz College. All Rights Reserved.