群馬パース大学

資料請求

SearchAccessContact
学部・学科・大学院キャンパスライフ
入試情報施設案内大学概要

HOME > 保健科学部 > 三つのポリシー

三つのポリシー

群馬パース大学は、建学の精神に基づく大学の目的を達成するために、次の三つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)を掲げています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

群馬パース大学は、建学の精神に基づき保健医療専門職の質を高め、地域保健医療の発展に寄与することを教育の目標に掲げ、ここに、本学の学士課程に共通する学位授与の方針を定めます。

  • ・保健医療専門職としての基礎的知識と、社会人としての教養を身につけている。
    ・多様な情報を適切に分析し、問題解決する方法を理解している。
  • ・保健医療分野の諸課題を見出し、科学的洞察による的確な判断ができる。
  • ・先進・高度化する専門分野の基本的技術を提供することができる。
    ・チーム医療を実践するための、コミュニケーション能力を身につけている。
  • ・生涯にわたって専門分野を探求し、その発展に貢献する意欲を持っている。
    ・人と社会に深い関心を持って、地域の保健医療に寄与できる。
  • ・人権を尊重し、高い倫理観を持って社会に貢献する姿勢を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

群馬パース大学保健科学部は、その建学の精神に基づき、地域保健医療の発展に寄与する人材を養成するため、看護学科、理学療法学科、検査技術学科を置き、次のとおり学部の教育課程の編成方針を定めます。

  • 保健科学部の教育課程は、教養科目群、専門基礎科目群、専門科目群から構成される。
  • 教養科目群は社会人としての教養、問題解決能力、コミュニケーション能力を身につけるための広範な科目を3学科共通科目として開設する。
    また、大学での学習に対する準備状態を整え、専門領域の学習への関心と意欲を高めるための科目を開設する。
  • 専門基礎科目群は各学科の専門領域の理論、技能の基盤となり、医療人としての姿勢を培う自然科学、人文科学、社会科学の科目を開設する。
  • 専門科目群は各学科の専門領域とそれに関連する理論、技能を学ぶ科目を開設する。
  • 各科目は「知識・理解」、「思考・判断」、「技術・表現」、「関心・意欲」、「態度」の要素からなる本学のディプロマ・ポリシーを達成するよう、4年間を通して体系的に配置する。
    さらに、これら5つの要素を総合的に発揮することによる高い実践力を獲得するため、専門科目群に実習科目を置く。

看護学科

看護学科の教育課程は次のとおりです。各年次の方針に基づき段階的に編成します。

  • 1年次には4年間の学習の基盤をつくる。教養科目、専門基礎科目及び看護学の概論を学習することにより、看護の入口に立ち、深みと広がりを理解し、主体的に学習に取り組む姿勢を身につける。
  • 2年次には専門科目の領域別各論を学ぶ。専門知識の修得に基づき思考・判断の力を身につける内容へと展開していく。
  • 3年次の前期は演習により看護の基本技術を学ぶ。後期は領域別臨地実習により知識・技術の統合を図り実践力を高める。
  • 4年次には在宅看護実習、総合実習をとおして4年間の学習の統合を図る。さらに、看護学の現代的課題と展望を学び、生涯にわたる探求の礎とする。また、専門科目に公衆衛生看護学、助産学の科目を置き、選択により保健師、助産師の専門知識・技術を修得する。

理学療法学科

理学療法学科の教育課程は次のとおりです。各年次の方針に基づき段階的に編成します。

  • 1年次には社会人としての幅広い理解や医療従事者としての態度を養い、地域や社会へ貢献する姿勢を獲得する。
  • 2年次には理学療法士の専門教育に直結する基礎的知識と専門職として適切な分析に基づく科学的洞察力を習得する。
  • 3年次には理学療法士としての高度な思考と基本的技術を習得すること、評価学実習を通して高い倫理観を持ち、専門職として社会貢献する意欲を獲得する。
  • 4年次には総合臨床実習を通してこれまで身につけた理学療法士としての知識、技術、態度を統合して活用でき、専門分野の発展に寄与する思考や意欲を獲得する。

検査技術学科

検査技術学科の教育課程は次のとおりです。各年次の方針に基づき段階的に編成します。

  • 1年次には豊かな教養と医療人としての職業意識の育成を目指し、保健・医療に携わるものとして共通理解しておくべき知識や臨床検査技師としての専門基礎知識を学ぶ。
  • 2年次には多様な疾病、病態に沿った臨床検査を実践する上で必要となる知識と技術の総論と各論を展開し、系統的・体系的に学習する。
  • 3年次には専門的知識、実践的検査技術を系統的に習得できるように体系づけ、実習を多く取り入れながら効率的・効果的に学習する。
  • 4年次には実践的な高度な知識と技術の習得を目指し、「臨床実習」および「卒業研究」を通して、将来の医学・医療の発展に貢献できる評価能力および研究能力を養う。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

群馬パース大学保健科学部は、地域社会の中で求められる、豊かな教養と人間愛を兼ね備えた質の高い保健医療専門職の育成を目的としています。その具現として、体系的な学内講義・演習プログラムと、学外(医療機関や介護福祉施設など)での臨地・臨床実習を通じて、人権尊重の理念、高い倫理観、社会人としての教養を基盤とし、コミュニケーション能力、情報処理能力、問題解決能力、保健医療分野における基本的知識・科学的洞察力・判断力・専門技術、生涯学び続ける姿勢を総合的に育成します。そして、各学科の専門分野における学問の探求とともに、国家試験受験資格の取得に必要な学習を網羅し、実験・実習を含む実践能力の育成に重点を置いています。
これらの学習に熱意を持って取り組み、その意志を最後まで貫くために、本学部で学ぶ学生には、人に対する思いやり、相手の立場に立って物事を考え協調していける力、保健医療を学びたいという強い意欲を持つことを求めます。さらに、本学部での学習の基礎となる十分な学力を備えていることを求めます。

このような力を十分に身に付けるために、次のようなことをしっかりと学んでおくことを推奨します。

高等学校における教科・科目の学習について

国語・英語:コミュニケーション能力や学習の定着に結び付く基本的な読解力、聞く力、話す力、書く・見せるなど多様な表現力、論理的思考力をしっかりと身に付けましょう。

数学:数学Ⅰ及び数学Aの数と式、確率、図形、関数についての学習を通じて、基本的な計算技能を身に付けるだけでなく、さまざまな条件を読み取って正解を導き出せる論理的思考力や表現力、課題解決能力を養いましょう。理学療法学科、放射線学科、臨床工学科は数学Bの学習も推奨します。

理科:各学科の専門性により以下の科目の学習を推奨します。そのことから人の身体のしくみや働き、健康生活に対する関心をより深めていきましょう。

【全学科】
物理基礎、化学基礎、生物基礎の学習内容をしっかりと習得して入学することを推奨します。
生物において、以下の項目の基礎的内容を習得して入学することを推奨します。
項目:細胞、分子、代謝、遺伝、生殖、配偶子、神経系、生態系、生物多様性、生物の進化

【理学療法学科】【放射線学科】【臨床工学科】
物理において、以下の項目の基礎的内容を習得して入学することを推奨します。
項目:様々な運動、波(水面、音、光)、電気と磁気、原子

【検査技術学科】【放射線学科】
化学において、以下の項目の基礎的内容を習得して入学することを推奨します。
項目:物質の状態と平衡、物質の変化と平衡、有機化合物の性質と利用、高分子化合物の性質と利用

【注】上記理科の項目に示す学習内容については、高等学校学習指導要領記載の学習内容を使用しています。お使いの教科書により表現や章立てが一致しない場合がありますので、お使いの教科書ではどの章がどの項目に該当するか、科目担当教員に確認することをお勧めします。

日常生活、学校生活、社会活動等について

生活習慣や文化・スポーツ活動経験、地域社会での他者との関わりなどから、「主体的に学ぶ態度」や「多様な人々との協働を通して身に付く思いやりと奉仕の心」といった資質の形成に努めましょう。

このような入学者に求める学生像とそのために必要な準備を、次に示す各学科のアドミッション・ポリシーでは、さらに具体的に示しています。
そして、このような学生との出会いを果たすために、本学の入試では、本学が実施する学力試験や大学入試センター試験での教科・科目の成績だけでなく、調査書、マッチングシート、志望理由書、面接、グループディスカッションなどを組み合わせて、志願者の知識・技能、それらを活用した思考力・判断力・表現力、そしてこれらを本学での学習においてさらに主体的に学び高めていく態度や、多様な人々との協働のなかで発揮できたり学び高め合えたりできる素養が備わっているかなど、多面的・総合的に評価します。

看護学科のアドミッション・ポリシー

看護は、人々の健康生活を支援する活動で、人の命と向き合う仕事です。そのため大学4年間では、人体のしくみと働き、病気の成り立ち、健康生活の維持増進を支援する方法とシステム、病気や障害のある人の療養と生活を支援する方法など多くのことを学びます。講義、演習、実習をとおして学習し、卒業時には看護師、保健師、助産師の国家資格取得を目指します。
以上の学習を全うすることのできる、次のような人を求めています。

■ 人が好きで、人を思いやり、人を援助することに労力を惜しまない人
■ 相手の立場に立ってものごとを考えることのできる人
看護は病気や障害で心や身体が弱っている人を助け支える活動です。健康な人が病気で苦しんでいる人を理解するには、その人の立場に立ってその人の痛みや苦しみを推察し理解することが不可欠です。その努力ができるか否かが鍵です。
■ 看護学に興味をもち、学ぶ意欲にあふれ、主体的に学習する姿勢のある人
入学したときから毎日夕方6時近くまで授業があります。予習・復習が重要なのは当然ですが、わからないこと、理解できないことを積極的に調べる姿勢が求められます。

理学療法学科のアドミッション・ポリシー

理学療法学科では4年間の学習の中で、特に「基本」を重視し、問題解決能力を向上させることで生涯にわたる学究心を涵養し、学生同士や教員とのディスカッション、コミュニケーションを多く取り入れることにより、協働の意味やチームワークの大切さを学びます。社会からの期待に応え、 貢献できる理学療法士を育てるため、次のような人を求めています。

■ 人が好きで、人を思いやり、人を援助することに労力を惜しまない人
医療が対象とするのは人であり、また多職種との協働作業によるチームワークが大切です。どんな人とでもスムーズにコミュニケーションをとれることが必要とされます。
■ 明るく元気で、向上心のある人
プロの医療職になるわけですから、まわりを明るく出来る元気さと、深く人間を理解し常に向上しようとする意識が求められます。
■ 学ぶ意欲、挑戦する意欲があり、主体的に学習する意志のある人
医学も医療も日進月歩です。人や社会に興味を持ち、与えられて学ぶのではなく主体的に学ぶ姿勢が求められます。
■ 理学療法を通じて社会に貢献しようとする強い意志を持っている人
人の人生に大きく関わる可能性のある職業であり、高い人間性、倫理性、知識、そして技術が求められます。それだけに、「面白み」や「やり甲斐」もあるといえるでしょう。社会から期待される役割も、次第に大きなものになっています。

検査技術学科のアドミッション・ポリシー

建学の精神及び目的である「豊かな教養と人間愛を備えた質の高い保健医療専門職の育成」に基づき、検査技術学科においても医療従事者としての生命の尊厳を理解し、相手の立場を慮り、思いやりの心を持つとともに、高い倫理観を備えた人材を養成したいと思っています。また、国家資格を取得するためだけの教育ではなく、豊かな教養と実践的な知識と技術能力を身に付け、検査値から病態を推測し診療支援ができる質の高い臨床検査技師、さらには生命科学や検査技術学を生かし多様な分野で貢献できる人材の育成を目的としていますので、意欲のある次のような人を求めています。

■ “人”を思いやる心を持ち相手の立場に立って物事を考えることができる人
医療は常に患者中心です。病む患者の立場に立って物事を考え行動することが大切です。
■ “臨床検査”という学問と技術を学び医療に貢献しようとする意欲のある人
臨床現場では検査値から病態を推測し診療支援ができる質の高い臨床検査技師が要求されています。そのためには“ 臨床検査”を学問としてとらえ、専門的知識及び技術を積極的に学ぶ姿勢が必要です。
■ 社会に対し積極的に関わり、生命科学や検査技術学を生かし多様な分野で貢献しようとする意欲のある人
臨床検査技師は医療機関で活躍する以外に、生殖医療分野における臨床エンブリオロジスト、科学捜査研究におけるスペシャリスト、製薬・試薬関連企業での研究開発など、これまで以上に幅広い分野での活躍が期待されています。そのためには、検査技術学の専門的技術が応用できるよう、科学的な視野のもと幅広い知識を学ぶ姿勢が必要です。
■ 協調性があり、独創性と粘り強さで問題を解決しようとする人
臨床現場ではチーム医療が大切であり協調性が要求されます。また日常検査では、様々な異常検体に遭遇しますので、その異常値のメカニズムを積極的に解明しようとする姿勢が必要です。

放射線学科のアドミッションポリシーを見る

放射線学科は、質の高い臨床画像を撮影できる能力と読影能力に長ける診療放射線技師として多職種との協働と連携からなるチーム医療を推進できる人材、さらに環境放射線における情報提供や原子力災害時における救援活動など社会貢献できる人材の育成を目指します。そのための学習は、放射線技術と医療技術の分野だけでなく、理工学分野、情報学分野、リスクマネージメント、コミュニケーションスキルなど幅広く学び、様々な技術革新に対応するための基礎的な知識と臨床応用技術を習得していきます。保健・医療・福祉のみならず、環境という新たな現場にも対応し、チーム医療を推進できるメンバーの一人として問題発見、問題解決能力を兼ね備えた診療放射線技師として活躍する人材へと成長していくための学習に情熱を持って取り組める、次のような人を求めています。

■ “人”を思いやる心、労る心を持ち、相手の立場に立って物事を考えることができる人
診療放射線技師の仕事の多くは医療機器を通して患者と接しますが、患者その人のことを思いやり、労る心がとても大切です。
■ 生命科学や放射線科学を生かし多様な分野で貢献しようとする意欲のある人
放射線は、安全に利用することによってがんの予防や早期発見に役立ち、私たちの健康生活を維持・向上するための有用なものの一つです。放射線科学を正しく学び、チーム医療や社会貢献に関わっていきたいという意欲を持って、大学での学習に取り組んでほしいと思います。
■ 学ぶ意欲、挑戦する意欲があり、粘り強く主体的に学習する意志のある人
医療の仕事は日々進歩、発展していきます。ときには理解を超える難しい場面にも遭遇します。大学で学ぶことへの意欲だけではなく、新しいことにも挑戦し、自分を見失うことなく生涯学んでいく姿勢が求められます。
■ 社会に対し積極的に関わり、コミュニケーションを大事にできる人
コミュニケーションが十分に取れていることは、大学での学習を進めるうえでも、地域社会で生活していくうえでも、職業人として多職種との協働と連携していくうえでも、とても大切なことです。

臨床工学科のアドミッションポリシーを見る

臨床工学科は、臨床工学の知識、技術を身に付けるにとどまらず、医療人として積極的に社会参加できる精神を培うとともに、生命倫理や人間に対する尊敬心が幅広く持てるよう、人間形成を重んじた臨床工学技士の養成を目指しています。そのためには基礎医学、臨床医学はもとより、物理学、化学、電気、電子、機械、材料、情報などの理工学を習得して、医療機器や臨床工学に関する知識、技術などを広範囲に学習します。さらに、医療機器の適正使用や安全使用のため、さらには医療機器の開発設計にも貢献できるよう、予防医学、診断学、治療学、看護学、保健学、リハビリテーション学など関連分野の教育・研究からも学習していきます。以上の学習を全うすることのできる、次のような人を求めています。

■ “人”を思いやる心、労る心を持ち、相手の立場に立って物事を考えることができる人
医療の中心は患者であり人です。臨床工学技士は医療機器を介して直接患者と接する仕事です。いつも病める人のことを思いやり、労る心がとても大切です。
■ 臨床工学を深く学び、チーム医療及び医療の質に貢献しようとする意欲のある人
臨床工学を通じて医療に携わることは、治療、診断、検査、看護、リハビリテーションなど、あらゆる医療の場面における安全を確保することや質の向上に貢献していくことです。この仕事に尊さと意義を見出し、大学での学習に意欲を持って臨んでほしいと思います。
■ 学ぶ意欲、挑戦する意欲があり、粘り強く主体的に学習する意志のある人
医療の仕事は技術革新とともに日々進歩、発展していきます。新しいことにも挑戦し、常に向上していこうとする意志と姿勢が求められます。
■ 社会に対し積極的に関わり、コミュニケーションを大事にできる人
保健医療専門職としてのマナーとモラル、高い倫理観に基づく適切な判断力、洞察力、分析力といった資質が培われる元には、大学での学習においても、地域社会での生活においても、他者との関わりや社会環境と接することが必要です。コミュニケーションを大事にしていきましょう。

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gumma Paz College. All Rights Reserved.