群馬パース大学

資料請求

SearchAccessContact
学部・学科・大学院キャンパスライフ
入試情報施設案内大学概要

HOME > キャンパスライフ > 卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

現場で活躍する先輩たち

クラス一丸となって看護師を目指した
団結力こそ、パース大学の魅力です。

村田 唯さん

看護師/医療法人社団ほたか会 ほたか病院勤務
群馬パース大学看護学科 2009年3月卒業

看護師になって7年が経ちました。現在は、新人を指導するプリセプターの教育のほか、当院は老年看護の実習受け入れ病院になっているので、その実習生の指導を行っています。新人教育や学生の実習指導に携わったことをきっかけに、看護師として自分に足りないものは何かを深く考えるようになりました。認知症や寝たきりの患者さんは、痛い・つらい・苦しいなどの病態を看護師に正確に伝えることは困難です。だからこそ、看護師である私が患者さんの異変にいち早く気づき、医師に伝え処置をしてもらうことが何より重要です。看護師は医師と患者さんを結ぶ架け橋的な役割を担っているのだと感じています。
大学時代、印象に残っているのは、クラス一丸となって看護師を目指すという、味わったことのない団結力です。先生の心遣いにも支えられました。今でも、仕事で悩んだ時には、先生に話を聞いてもらっています。

パースで学んだことは、
「頑張れば夢は必ずかなう」ということ。

横堀 裕子さん

保健師/軽井沢町保健センター勤務
群馬パース大学 看護学科 2013年3月卒業

現在、母子保健を担当しています。乳幼児健診、新生児訪問、マタニティスクールのほか、保育園を定期巡回するなどして、母子が健康に生活できるためのお手伝いをしています。
パース大学に入り、いろいろな領域の先生と話をする中で、予防をすることの大切さを学び、保健師を目指すことを選びました。学生時代はとくに母性看護学に興味を持ち、「母子保健活動に関わる保健師になりたい」と具体的な目標を掲げ、その夢に向かってとにかく無心で頑張りました。今、こうして保健師として働けているのは、熱心な先生方がいるパース大学で、がむしゃらに頑張れたからこそです。そのような場を提供していただけたことに、今とても感謝しています。いずれは軽井沢町で保健師としての活動を続けながら、パース大学大学院で保健師としての向上を図りたいと考えています。

学生時代、先生にもらった言葉を胸に刻み
理学療法士になった今も努力を続けています。

小杉 寛さん

理学療法士/医療法人社団日高会 日高病院勤務
群馬パース大学 理学療法学科 2013年3月卒業

理学療法士になって4年目になります。患者さんの問題点にあった理学療法プログラムを立て治療を進めています。患者さんがどんどん良くなり、喜んでいる姿を見るとうれしく、やりがいを感じます。
理学療法を行えば、どんな患者さんでも良くなるというわけでもなく、患者さんの疾患によっては現状維持が精一杯の場合もあるので、そういうときは悩んだりすることもあります。そのような場合でも、最大限の工夫と努力をして、患者さんに合った一番良い方法を見つけるようにしています。学生時代、先生からもらった「自分のハードルを下げないように」というアドバイスが、今も心に残っています。以降、ハードルの高さを意識しながら、向上心を持って臨床に取り組むよう心がけています。自主的に勉強会に参加し、自分のスキルや知識を磨き、努力を惜しまない理学療法士になりたいと思っています。

4年間の学生生活の中で、興味があることを
積極的にみつけていきましょう。

岡山香里 さん

群馬パース大学 保健科学部 検査技術学科 助教
杏林大学大学院保健学研究科 博士後期課程 修了

大学院博士課程修了後、専門学校の教員を経て群馬パース大学検査技術学科の助教として働いています。講義では専門分野の病理学、病理細胞検査学を主に担当し、研究では細胞検査士として個々の細胞所見の機序を解明すべく日々実験に励んでいます。「100%の結果を求めることに固執せず、100%の力を注ぐことに全力を尽くしなさい」という恩師の言葉を大切に、教育と研究に情熱を持ちたいと思っています。
臨床検査技師の分野は血液検査、病理検査、生理機能検査とたくさんあり、仕事の内容も多岐にわたっています。学ぶ内容も多く、大変に感じることもあるかもしれませんが、それぞれの分野のスペシャリストである検査技術学科の先生方とともに4年間の学生生活の中で興味があることを積極的にみつけていきましょう。

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gunma Paz University. All Rights Reserved.