群馬パース大学

資料請求

SearchAccessContact
学部・学科・大学院キャンパスライフ
入試情報施設案内大学概要

HOME > キャンパスライフ > 学生生活サポート

学生生活サポート

学生生活サポート

きめ細かな支援

本学では、担任制度を取り入れ、毎日の学習から普段の生活まできめ細かく支援しています。入学当初の生活の悩みから学習の進め方についての相談から、3年、4年次では就職や国家試験についての助言など幅広いサポートを学生個人に合わせて行っています。看護学科では担任制度の他に、チューター制度を取り入れています。

HealthCare

健康相談

身体に異常を感じる場合は、保健室に相談してください。医師の資格を持った教授と、養護教諭の資格を持った専任スタッフが、学生の健康管理を支えています。

学生生活相談

学生生活を送るにあたり、様々な不安や悩み事を抱えることがあります。本学では学生相談室を設置しています。
専門カウンセラーが様々な悩みに応じてくれます。もちろん相談に関する秘密は厳守します。

就職・進学相談

1年生から卒業するまで、気軽な就職相談から本格的な就職アドバイスまで対応します。

キャリア・就職

学習支援

モバイルPC無償貸与

入学者全員に無償でタブレットPCを貸与します。

  • 自分の専用機として利用でき、卒業時には本人に贈呈されます。
  • Microsoft office 365を導入しているため、学生の負担なく複数台でワードやエクセルなどのoffice最新バージョンが使用できます。
  • キャンパス内は、無線LANに接続して、どこでもインターネットを利用できます。docomo Wi-Fiにも接続できます!
NTTドコモ様のWEBサイトで本学の導入事例が紹介されています。
http://www.docomo.biz/html/casestudy/detail/gummapaz.html

Webポータルシステム【Active Academy】

Webポータルシステムは、インターネットを利用して休講・補講情報や行事予定など大学から発信された情報をパソコン・スマートフォン等で確認することができる仕組みです。また、修学ポートフォリオとして、学習成果の積み重ねを目に見えるようにし、学生本人だけでなく教員もそれを共有しています。また、Webシステム上から履修登録や履修情報の確認、成績表の閲覧も可能となり、主体的に日々の学習活動に取り組めるようになっています。

Webポータルシステムで確認できること

My Schedule
自分の時間割を確認することができます。自ら予定を登録することも可能です。
学年暦
大学の学事予定を確認することができます。
個人へのお知らせ(学生個人あて)
大学から在学生個人への連絡事項を確認することができます。
また、メールアドレスを登録することによりメールで受信することもできます。
連絡事項(複数の学生あて)
大学から在学生個人への連絡事項を確認することができます。
また、メールアドレスを登録することによりメールで受信することもできます。
休講情報 等
休講・補講情報、教室変更情報を確認することができます。
Webフォルダ
当該年度のシラバスを確認することや各種届出用紙をダウンロードすることができます。
修学ポートフォリオ
保護者情報、成績表、履修情報、就職情報を確認することができます。

学習しやすい環境

各学科には、レポート作成や試験対策などの個人ワークや卒業研究などのグループワークが自由にできる「オープンワークスペース」や「共同ゼミ室」があります。教員の研究室の前に設けてあるので、わからないことはいつでも教員に質問することができ、チューターや担任の教員、科目の教員とコミュニケーションがとれる環境になっています。その他にも、講義室の開放や図書館にはグループ学習室を設け、学生の自己学習支援を行っています。

その他の支援

クーポン付フリーペーパー(CAMPAZ)

『CAMPAZ(キャンパース)』は、大学と地域を結ぶ、PAZ大生のためのクーポン付フリーペーパーです。キャンパス周辺の飲食店、ショップ、美容院などのおトクな情報が満載!

掲載店で学生証を提示して、PAZ 大生だけの特典をゲットしよう!
例えば…
・大学付近の美容室
・学生証提示で通常料金より40% OFF ...etc.

初めての一人暮らしでも安心!群馬パース大学推奨マンション「リベルテ高崎」

  • JR高崎駅まで徒歩5分。
  • 1年ごとの契約で敷金・礼金不要。
  • 鉄筋コンクリート7階建てでゆとりの9.5帖。
  • 冷蔵庫・洗濯機・ベッドの生活用品やインターネット完備の快適生活。
  • オートロック+室内警備+エントランス(EVホール等)警備システムの三重セキュリティで初めての一人暮らしも安心。
管理会社 ㈱武屋
連絡先:0120-78-5411
HP(http://ekichika-mansion.com/)

学研災・医学賠

学研災とは

本学では、教育研究活動中の事故によって傷害等を被った場合に備え、入学時に『学校教育研究災害傷害保険【略称:学研災】』(通学中等傷害危険担保特約付)に4年間分全員加入しています。この保険は、文部科学省が指導し、財団法人日本国際教育支援協会が窓口となっている傷害・災害補償制度で、国内ほとんどの短期大学・大学が加入しています。

【支払保険金の種類と金額】

担保範囲死亡保険金後遺障害保険金医療保険金入院加算金
正課中/学校行事中 2,000万円 90万円 〜 3,000万円 3千円 〜 30万円 1日につき4千円
(入院180日を限度)
上記以外で
学校施設内にいる間
1,000万円 45万円 〜 1,500万円 3万円 〜 30万円
(※ 治療日数14日以上)
課外活動中
(要届出)
通学中 6千円 〜 30万円
(※ 治療日数4日以上)
学校施設等
相互間の移動中

治療日数とは、実治療日数(実際に入院または通院した日数)をいいます。

補償の対象となる事故の範囲

普通保険
正課中
【正課を受けている間】
講義、実験、実習、演習又は実験による授業を受けている間(通信生の場合は面接授業を受けている間)をいい、次に掲げる間を含みます。

  1. 指導教員の指示に基づき、卒業論文研究又は学位論文研究に従事している間。ただし、専ら被保険者の私生活に係る場所においてこれらに従事している間を除きます。
  2. 指導教員の指示にも基づき、授業の準備もしくは後始末を行っている間、又は、授業を行う場所、大学の図書館、資料室もしくは語学学習施設において研究活動を行っている間。
学校行事中
【学校行事に参加している間】
大学の主催する入学式、オリエンテーション、卒業式など教育活動の一環として各種学校行事に参加している間。
キャンパス内にいる間
【1、2以外で学校施設内にいる間】
大学が教育活動のために所有、使用又は管理している学校施設内にいる間(大学の規則にのっとった所定の手続きにより大学の認めた学内学生団体の管理下で行う文化活動又は体育活動を行っている間を含みます。)ただし、寄宿舎にいる間、大学が禁じた時間もしくは場所にいる間又は大学が禁じた行為を行っている間を除きます。
課外活動(クラブ活動)中
【学校施設外での課外活動(クラブ活動)を行っている間】
大学の規則にのっとった所定の手続きにより、大学の認めた学内学生団体の管理下で行う文化活動又は体育活動を行っている間。
ただし、山岳登はんやハンググライダーなどの危険なスポーツを行っている間、大学が禁じた時間もしくは場所にいる間又は大学が禁じた行為を行っている間を除きます。
通学中等傷害危険担保値特約(略称「通学特約」)

加えて、特約として通学中・学校施設等相互間の移動中の事故も補償します。
※本特約は、1995年度から導入したもので、2012年3月現在では、1,061校の大学・短大が採用しています。

通学中
大学の授業等、学校行事又は課外活動(クラブ活動)への参加の目的をもって、合理的な経路及び方法(大学が禁じた方法を除きます。)により、住居(注1)と学校施設等(注2)(大学の敷地に入るまで)との間を往復する間。

(注1)社会人入試を経て大学に入学した学生が大学に通う場合は勤務先を含みます。
※「社会人入試」とは…一般入試志願者と異なる方法により判定する入試方法のうち、社会人特別選抜入試等の社会人を対象とする入試をいいます。
(注2)「学校施設等」とは…大学が教育活動のために所有、使用又は管理しているし施設の他、授業等、学校行事又は課外活動(クラブ活動)行われる場所をいいます。

学校施設等相互間の移動中
大学の授業等、学校行事又は課外活動(クラブ活動)への参加の目的をもって、合理的な経路及び方法(大学が禁じた方法を除きます。)により、大学が教育活動のために所有、使用又は管理している施設の他、授業等、学校行事又は課外活動(クラブ活動)の行われる場所の相互間を移動している間。

大学推奨マンション内・下宿内での事故は通常の生活とみなされ、補償の範囲ではありません。

医学賠とは

正式名称『学研災付帯賠償責任保険【略称:付帯賠責】』といい、本学では、医療関連学部に対応している『医学賠』というコースに、4年間分全員加入しています。この保険は、正課活動中(実習含む)、学校行事中およびその往復移動中に、他人にけがをさせたり、他人の財物を損壊したことにより被る法律上支払わなければならない損害賠償金を補償する制度です。

【補償金額】

対人賠償対人賠償と対物賠償合わせて1事故につき1億円限度(※免責金額0円)
対物賠償

免責金額とは、自己負担額をいいます。

補償の対象となる事故の範囲

例えば次のようなケースが対象となります。

  • 正課で化学の実験中、間違って薬品を混ぜ、爆発事故を起こしてしまい、クラスメイトに火傷を負わせてしまった。
    (A,C,Lコース対象)

  • 学園祭で、焼鳥屋の模擬店を出店したが食中毒事故を起こしてしまい、5人が入院してしまった。
    (A,C,Lコース対象)

  • 正課でのインターンシップ活動中、派遣先の機械を誤って壊してしまった。
    (A,B,C,Lコース対象)
    (注)コンピュータ内のデータ、ソフトウェア、プログラム等の損壊による損害は付帯賠償の対象とはなりません。

  • 授業を受けるために自転車で通学中、自転車のハンドルが歩行者の鞄にひっかかり、歩行者が転倒。歩行者にケガをさせてしまった。
    (A,C,Lコース対象)

「学研災」が自分自身がケガなどを負った場合の保険であるのに対し、「医学賠」は、自分が加害者になった場合の保険です。事故の報告および保険金請求手続きについては学生課で取り扱っています。事故が発生した場合には、速やかに申し出てください。

事故発生から30日以内に事故報告をしなければ、保険金が支払われないことがありますので、注意してください。

また、この保険について詳しく知りたい場合には、『学生教育研究災害傷害保険加入者のしおり』『学研災付帯賠償責任保険加入者のしおり』(学生部ガイダンスにて配布)で確認するか、学生課まで問い合わせてください。

  • 学研災:課外活動中、通学中(バイク・自転車事故)
  • 医学賠:医療系実習中の器具・装置の破損

『学研災』、『医学賠』はそれぞれ上記の事故事例が多いようです。充実した学生生活を送るために、日頃から事故の加害者にも被害者にもならないよう十分注意しましょう。

AED(自動体外式除細動器)

キャンパス内にAED(自動体外式除細動器)を常備しています。救命処置が必要な場合は、職員・学生を問わずいつでも使用できます。

群馬パース大学は敷地内全面禁煙です。

本学は群馬県より禁煙認定施設として認定されています。
保健医療専門職を目指す学生を養成する大学として禁煙教育等を併せて行うことで、日頃からの健康管理を促します。

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gunma Paz University. All Rights Reserved.