群馬パース大学

資料請求

SearchAccessContact
学部・学科・大学院キャンパスライフ
入試情報施設案内大学概要

HOME > 保健科学部

学部・学科紹介

 群馬パース大学保健科学部は、地域社会の中で求められる、豊かな教養と人間愛を兼ね備えた質の高い保健医療専門職を育成します。そして、保健・医療・福祉サービスでの協働を通じて生涯にわたって専門性を希求し、人権を尊重し、高い倫理観を持って人と社会に関わり、地域保健医療の発展に寄与することができる人材の輩出を目的としています。
その実現を目指す本学部の学習は「知識・理解」、「思考・判断」、「技術・表現」、「関心・意欲」、「態度」の要素から体系的に組み立てられています。社会人としての教養、情報処理能力、問題解決能力、コミュニケーション能力を身につけるための自然科学、人文科学、社会科学にわたる広範な教養科目が、個人としての柔軟な知的適応能力や社会人としての対人協調能力を育みます。そして、医療人としての姿勢を培う専門基礎科目群によって専門領域の理論、技能の基盤を確かなものとし、臨床・教育・研究の循環がもたらす質の高い専門科目によって医療職業人としての有用な業務遂行能力を積み上げていきます。

学部長挨拶

PAZ力を高め、専門性を磨き、志の高い医療人を目指しましょう。

大学名のパース(PAZ)は平和を意味し、Pは一個人としての柔軟な知的適応能力、Aは社会人としての対人協調能力、Zは医療職業人としての有用な業務遂行能力と位置づけ、学内ではそれらを統合してPAZ力と称します。このPAZ力向上こそが学部教育の求めるところといえます。なぜなら医療に携わるすべてのプロフェッショナルに不可欠なものであり、常により高いレベルへと目指す目標だからです。
医療職という共通の志を持つ学生諸君が集い、切磋琢磨してそれぞれの専門性を磨き、交流を通して奉仕という崇高な意識を高め、PAZ力に裏打ちされた医療人を目指してみませんか。

保健科学部 学部長 高橋 正明

学部目標

  • 成熟した国際社会を生きる豊かな教養と人間性、科学的な思考力、人とかかわる力、創造する力、自ら学んでいく力を育てます。
  • 地域保健医療、国際保健活動、災害時保健活動等に対応し得る、高度な専門知識・技術と幅広い連携・協働活動の能力を備えた保健医療専門職を育成します。
  • 質の高い研究成果を、教育、地域の保健・医療・福祉サービス、産業・経済、文化へと還元します。
  • 環境、条件、特性を異にする都市部と郡部の両地域で、それぞれに最適有効な保健・医療サービスの提供に貢献します。

群馬パース大学三つのポリシー

看護学科

1.看護師のみ、2.看護師・保健師、3.看護師・助産師という3つのパターンで国家試験受験資格を得ることができます。

定員80名

修業年限4年

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格(選択制 所定科目の履修が必須)
  • 助産師国家試験受験資格(選択制 所定科目の履修が必須)

看護学科についてもっと知りたい

理学療法学科

障がいを持った人々や子どもたちからスポーツ傷害を対象としたリハビリテーションを学ぶことができます。

定員60名

修業年限4年

  • 理学療法士国家試験受験資格

理学療法学科についてもっと知りたい

検査技術学科

即戦力として診療支援ができるような実践的な知識・最新技術を修得し、検査値から病態を推測できる”謎解き技術”を学ぶことができます。

定員60名

修業年限4年

  • 臨床検査技師国家試験受験資格

検査技術学科についてもっと知りたい

放射線学科【平成29年4月開設】

最先端の画像診断で用いられる最適な臨床画像を提供する知識・技術・読影能力を身に付け、患者さんへの優しさや環境放射線の適正な知識を伴った放射線学を学びます。

定員70名

修業年限4年

  • 診療放射線技師国家試験受験資格

放射線学科についてもっと知りたい

臨床工学科【平成29年4月開設】

医療の最前線で医師、看護師と共にチーム医療の一員として、患者さんの病態を感じながら安全で質の高い医療を提供するために医学と工学を学びます。

定員50名

修業年限4年

  • 臨床工学技師国家試験受験資格

臨床工学科についてもっと知りたい

科目構成

保健科学部の学習は、各学科の専門性によって構成され、学問の探求のみならず、更に国家試験受験資格を得るために定められた学内講義・演習プログラムと、学外(医療機関や介護福祉施設など)での臨地・臨床実習をクリアすることで修了します。

3専門科目群

質の高い看護・理学療法・臨床検査を実践するための知識・技術を学びます。

看護学科の科目構成
  • ・基礎看護学
  • ・成人看護学
  • ・老年看護学
  • ・小児看護学
  • ・母性看護学
  • ・精神看護学
  • ・統合分野(在宅看護論 他)
  • ・公衆衛生看護学
  • ・助産学
  • ・臨地実習
  • ・研究
理学療法学科の科目構成
  • ・基礎理論療法学
  • ・理学療法評価学
  • ・理学療法治療学
  • ・地域理学療法学
  • ・臨床実習
検査技術学科の科目構成
  • ・臨床病態解析検査学
  • ・生体機能検査学
  • ・検査総合管理学
  • ・病因・生体防衛検査学
  • ・生物化学分析検査学
  • ・形態・病態検査学
  • ・臨地実習
  • ・卒業研究

2専門基礎科目群

保健医療専門職としての確かな基礎を築きます

看護学科の科目構成
  • ・臨床科目群
  • ・地域科目群
理学療法学科の科目構成
  • ・人体の構造と機能及び心身の発達
  • ・疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
  • ・保健医療福祉とリハビリテーションの理念
検査技術学科の科目構成
  • ・人体の構造と機能
  • ・健康と医療と社会

1教養科目群

社会人としての豊かな人間性と幅広い教養を身につけます

看護学科の科目構成
  • ・発達・行動・心理   ・人と社会・生活
  • ・言語と文化      ・基礎教育
理学療法学科の科目構成
  • ・発達・行動・心理
  • ・言語と文化
  • ・人と社会・生活
  • ・基礎教育
検査技術学科の科目構成
  • ・生命論理と心理
  • ・言語と文化
  • ・社会と生活
  • ・基礎教育

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gunma Paz University. All Rights Reserved.