群馬パース大学

資料請求

SearchAccessContact
学部・学科・大学院キャンパスライフ
入試情報施設案内大学概要

HOME > 保健科学部 > 臨床工学科

臨床工学科

学生と教員が同じ目線で、同じ方向に向かって進んでいく。

医療現場では、患者さんと医療スタッフがしっかりと向き合うことが治療のはじまりです。臨床工学科では、学生と教員が向き合うことが全ての教育の背景に必要だと考え、教育を行っていきます。


医療現場での謎解き技術
医療現場での謎解き技術

学科目標

  • 人間を総合的に捉え、人間に深い愛情を持つ、豊かな人間性を有する臨床工学技士の育成
  • 複雑化・高度化する医療技術に対応し、医療現場における安全性の向上に貢献できる確かな技術と知識を有する臨床工学技士の育成
  • 思考力、洞察力、判断力を持ち、医療の現場における諸問題に的確に対応できる問題解決能力を持った臨床工学技士の育成
  • 医療者としてのマナーとモラルを重んじ、高い倫理観を備えた臨床工学技士の育成
  • 医療を総合的に捉え、医療現場におけるチーム医療の一員として他職種との連携・協働を推進できる臨床工学技士の育成
  • 臨床工学技士という職業について高い誇りを持ち、生涯に渡り自己研鑽を続ける、向上心と使命感を持つ臨床工学技士の育成
  • 医療分野におけるさまざまな国内外の課題に対し、自ら進んで問題意識と研究意識を持ち、医工学の発展に寄与することのできる臨床工学技士の育成

臨床工学科のサポート体制

担任·副担任制度
クラスミーティングで学生同士のコミュニケーションの機会を作り出し、教員と学生の日常的な結びつきを高めます。卒業研究のテーマが決まるまでの間はクラス担任制を継続してサポートしていきます。
国家試験対策
学生一人ひとりに合った指導計画を作成し、最善の勉強方法を作り上げていきます。必要に応じて他学科の教員へも協力を依頼します。

4年間の学びの流れ

1年次.医療者としての基礎づくり
2年次.専門知識修得へのスタート
3年次.医療者の心得と実践技術の修得(7週間の臨床実習)
4年次.実践的医療技術と学問の統合、そして国家試験準備を行う

【主な実習予定施設】
群馬大学医学部附属病院/群馬県立心臓血管センター/前橋赤十字病院/西片貝クリニック/高崎総合医療センター/新橋病院/公立富岡総合病院/ほたか病院/自治医科大学附属さいたま医療センター/埼玉医科大学総合医療センター/草加市立病院/埼玉医科大学国際医療センター/埼玉医科大学病院/明理会中央総合病院/東京腎泌尿器センター大和病院

開講科目

専門科目群

専門科目群は、多様な疾病や病態に沿った医療技術の提供に必要となる知識と技術を系統的・体系的に理解するための科目群です。

目標

  • 多様な疾病や病態に沿った医療技術を提供できる理論と実践力を養う。
  • 医療者としての高い倫理観を養う。
  • 臨床工学を生体医工学として追究するための問題意識と研究意識を養う。
医用生体工学
■ 医学と工学の関連を理解し、医用工学の基礎知識を体系的に学ぶ科目…医用工学概論

■ 工学技術を医療機器に応用するための知識や技術を学ぶ科目
…医用超音波工学、放射線工学概論、医用レーザ工学、医用画像処理工学、生体物性工学、人間工学
医用機器学
■ 各種医療機器の全体像を把握し、臨床現場での役割について学ぶ科目…医用機器学概論

■ 臨床で利用される計測機器、治療機器の実践的な知識や技術を学ぶ科目
…医用治療機器学、医用治療機器学実習、生体計測装置学、生体計測装置学実習
生体機能代行技術学
■ 人の呼吸、循環、代謝に関わる生命維持管理装置の原理や構造を理解し、基礎的な知識や技術を習得する科目
…生体機能代行装置学I、生体機能代行装置学II、生体機能代行装置学実習

■ 臨床工学技士の業務に直接的に関わる実践的な知識を習得する科目
…呼吸療法装置学、呼吸療法装置学実習、体外循環装置学、体外循環装置学実習、血液浄化療法装置学、血液浄化療法装置学実習
医用安全管理学
■ 医療安全に関する概念と安全確保のための基本的な知識や技術を習得する科目
…医用機器安全管理学I、医用機器安全管理学II、医用機器安全管理学実習、医療安全工学

■ 医療に携わる一員として遵守すべき法律や法令について学ぶ科目…関係法規
関連臨床医学
■ 臨床医学の基本的事項を幅広く理解する科目…臨床医学総論I、臨床医学総論II、臨床医学総論Ⅲ

■ 救急医療と集中医療の特徴と体制のあり方について学ぶ科目…救急救命医学
臨床実習
■ 臨床工学技士としての基礎的な実践能力を身に付け、チーム医療の一員としての責任と役割を自覚することを目的とする科目…臨床実習I

■ 応用的な実践能力を身に付け、医療における臨床工学の重要性を理解することを目的とする科目…臨床実習II
臨床工学の統合と探究
■ 1 年次から3 年次までに習得した知識や技術を整理及び連携させ、総合的に理解を深めることを目的とした科目
…臨床工学総合演習I、臨床工学総合演習II

■ 医療分野における問題意識と研究意識をより高めるための科目…臨床工学英文講読、臨床工学研究セミナー

■ 創造的な研究を行う能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を養うことを目的とする科目…卒業研究

専門基礎科目群

専門基礎科目群は、臨床工学に必要な専門関連分野を系統的・体系的に理解するための科目群です。

目標

  • 人体の生命現象における総合的な理解を深める。
  • 医療で応用される理工学的な基礎知識と技術を養う。
  • 医療機器の安全かつ適正使用のための基礎的知識を養う。
人体の構造及び機能
■ 人体の構造や機能から疾病の成り立ちを学ぶ科目…解剖学I、解剖学II、生理学I、生理学II、病理学、薬理学、生化学

■ 疾病と社会の健康との関連を幅広く学ぶための科目…公衆衛生学
臨床工学に必要な医学的基礎
■ 医学についての基礎的な概念を幅広く学ぶ科目…医学概論

■ 人体の構造的・機能的・形態的な理解を深める科目…基礎医学実習

■ 人体の正常な構造・機能が常態を逸脱していく過程から、疾病の状態及び回復の過程を学ぶ科目
…臨床生理学、臨床病理学、臨床薬理学、臨床生化学、臨床免疫学、臨床心理学

■ 看護の概念や定義の変遷から看護の本質を学ぶ科目…看護学概論

■ 臨床検査の意義と臨床検査の基本的な種類・内容について学ぶ科目…臨床検査学総論

■ 細胞の電気的刺激による興奮と電気生理学に関して学ぶ科目…臨床神経生理学
臨床工学に必要な理工学的基礎
■ 医療で応用される理工学的技術及び医療機器を理解するための能力を養う科目
…応用数学、応用数学演習、医用電気工学、医用電気工学実習、医用電子工学、医用電子工学実習、計測工学、医用材料工学
臨床工学に必要な医療情報技術とシステム工学の基礎
■ 医療機器の設計、製作及び機器の安全かつ適正使用のための基礎知識を学ぶ科目…医用機械工学、医用機械工学演習

■ システムに関する理論と技法の基礎を学ぶ科目…システム工学、システム工学演習

■ 医療分野で利用されるコンピュータ、ネットワークに関する基礎的知識や技法を学ぶ科目
…医療情報処理工学、医療情報処理工学演習、医用情報通信工学

■ 物理工学的な実験方法から、実験報告書や論文のまとめ方、プレゼンテーション能力を養う科目…基礎工学実験

共通基盤科目群

共通基盤科目群は、保健科学部に共通する学習の基盤を形成し、チーム医療の担い手としての基礎的な能力を習得するための科目群です。

目標

  • 高等学校教育から大学教育へ円滑な転換を図る。
  • 将来、チーム医療を担う一員としての態度を養う。
  • 他の医療従事者との協働に必要な問題解決能力やコミュニケーション能力を育成する。 
大学の学び基盤
■ 大学教育に必要なスキルの学習を通して、大学生としての学習・生活を確立すると同時に、専門分野に必要な能力を形成し、専門に対する興味・関心を深める科目
…大学の学び入門、大学の学び-専門への誘い-

■ チーム医療の担い手としての力を培うための科目…多職種理解と連携

教養科目群

教養科目群は、人間に対する幅広く深い理解や関心、社会とその仕組み及び社会生活に関する見識、社会人としてのコミュニケーション能力、情報対応力などの社会的能力、専門教育の基礎となる学習能力、科学的思考・判断力、主体的姿勢を育てることを目標とする科目群です。

目標

  • 人間に関する幅広い知識を習得し、理解や関心を育てる。
  • 社会と社会生活に関する見識、社会人としての判断力、コミュニケーション能力など、社会的能力を育てる。
  • 専門教育の基礎となる学習能力、科学的思考、判断力、主体的姿勢を育てる。
人と社会及び自然の理解
■【心身の発達】発達・行動・心理の各側面から、人間、身体、健康に関する理解を深める科目
…心理学、教育学、教育心理学、健康スポーツ理論、健康スポーツ実技

■【思想及び表現】人間が創造した様々な考え方や表現を学び、人間に対する理解を深める科目…生命倫理、哲学、現代文学、人間と宗教、芸術

■【人間と生活及び社会のしくみ】人間が生きるための土台である生活と人間を取りまく社会に対する見識を広げ、社会への関心、理解を深める科目…法学(日本国憲法含む)、社会学、生活文化と医療、経済学、地域ボランティア活動論

■【自然の原理及び環境】自然科学や自然環境、人間が創り出した環境についての知識、理解、関心を深める科目
…環境学、生物学A・B、 数学A・B、 化学A・B、 物理学A・B
情報と言語の理解
■【英語】英語を通して、コミュニケーション力を培い、文化的視野を広げ、他者理解を深める科目
…英語リーディング、医療英語会話、医療英語リーディング、英語会話、英語アカデミックリーディング・ライティング

■【初修外国語】英語以外の外国語を通して、コミュニケーション力を培い、文化的視野を広げ、他者理解を深める科目
…中国語、コリア語、ドイツ語、ポルトガル語

■【情報】情報に関する処理方法とモラル、マナーを学ぶことを通して、情報に対する正しい対処法を理解し、深める科目 …情報処理、情報リテラシー、囲碁で学ぶ情報戦略

授業紹介

血液浄化療法装置学

血液浄化療法とは、血液中の不要物質や毒物を除去する治療です。代表的な治療には、低下(廃絶)した腎臓機能を代行する人工透析があり、治療に用いる血液透析装置や関連機器について、原理や構造、機能、操作などの基本を学びます。また、高脂質血症改善や薬物中毒症例などに用いる血液浄化療法装置についても同様に習得します。

呼吸療法装置学

呼吸の補助を行う呼吸療法では「人工呼吸器」と関連機器について学びます。主に、人工呼吸器の原理や構造、機能、操作などの基本的な知識を学び、学内実習を通して人工呼吸器が生体に果たす役割への理解を深めます。

体外循環装置学

心臓と肺の機能を代行する「人工心肺装置」や、一時的に心臓と肺の機能を補助する「補助循環装置」や関連機器について学びます。主に「人工心肺装置」および「補助循環装置」の原理や構造、機能、操作などの基本的な知識を学び、学内実習を通して心臓や肺の働きを理解するとともに、各装置の操作技術を習得します。

施設・設備

手術室

心臓手術の際に患者さんの心臓と肺の機能の代わりを務める「人工心肺装置」などの操作や手術前の医療機器の保守点検作業を学びます。

血液浄化療法室

血液浄化療法の代表的な治療法である「人工透析」に関係する装置の使用方法と原理を実践さながらに学習します。

集中治療室

手術後の患者さんや、呼吸・循環・代謝に大きな障害を持つ患者さんを24時間体制で治療する集中治療室を再現しています。生命維持管理装置の操作や保守点検作業を学びます。

基礎医学実習室

体内のさまざまな器官がどのような配置になっているのか、立体的な位置関係を学んでいきます。

基礎工学実習室

臨床工学技士として必要な基礎工学をさまざまな医療機器を用いて学びます。

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gunma Paz University. All Rights Reserved.