群馬パース大学

資料請求

SearchAccessContact
学部・学科・大学院キャンパスライフ
入試情報施設案内大学概要

理学療法学領域

理学療法学領域

理学療法学領域には、基礎理学療法学、臨床理学療法学、高齢者理学療法学、地域理学療法学の各専門科目を置きます。
基礎理学療法学では人間動作の機序解明を目指し、そこから理学療法分野固有の問題を解決するための応用技術を研究・教育します。臨床理学療法学では、各種疾患に起因する身体機能障がいに対する評価方法・治療方法の開発・科学的根拠に基づいた実践方法を研究・教育します。地域理学療法学では日常生活活動(ADL)・生活の質(QOL)・国際生活機能分類(ICF)などの方法論的課題に関する研究を通して理学療法学の科学的基盤を探求します。人間の身体機能と環境の影響の理解を深め、理学療法や福祉機器の開発・検証を行い、その成果を社会に還元します。

専門科目ピックアップ

基礎理学療法学特論
動作障がいの評価、治療に不可欠な、関節運動や身体動作の基本的メカニズムとその分析方法について、幅広い知見と問題点および今後の課題を提示し、議論を通して理解を深めます。さらにその応用として、具体的な動作障がいの観察方法と機器を用いた分析方法を修得します。また、呼吸・循環・代謝系の運動療法の基礎となる体力の推定方法、体力向上のメカニズムおよびそれに必要な機器の操作方法を修得します。加えて、医療関連分野で新たに授業プログラムを立案する過程について、演習形式で教授します。
基礎理学療法学演習
各院生の研究課題を考慮し、運動学分野ではヒトの身体運動学(特に関節運動、バランス方略、筋の構造と機能)、病態運動学(理学療法の対象となる疾患の病態と姿勢・動作都)に関する内外の先行研究などについて考証します。運動生理学分野では健常者の運動生理学(筋・呼吸・循環・代謝などの解析・評価手法などを含む)、特別な状態の運動生理学(理学療法の対象となる各種疾患、高齢者、性差などを含む)に関する内外の先行研究などについて考証します。文献の考証を通じ、修士論文研究計画を完成させます。
臨床理学療法学特論
理学療法の臨床を研究の側から検討してみます。まずは、理学療法臨床の質的な要素と量的な要素を明らかにします。それぞれの表現方法やカウント手段について考え、対応する研究的手法についても考えます。次に理学療法臨床の類型化を明らかにします。それぞれの類型の中で質的・量的研究の可能性の追求がエビデンスの志向につながることを学びます。修士課程は、仮説を科学的な手続きと手法で証明するトレーニングの場です。結果に至る過程の辿り方を実践的に学びますので結果は問いません。知ることの喜びを共有しましょう。
臨床理学療法学演習
理学療法の基本的な評価手法・診断方法・治療技術の開発経緯を考証するとともに、これらの臨床応用に関する検証手段について臨床疫学・生物統計学を基にEBMに資する臨床試験の検証方法を演習等によって学習します。さらに、現在蓄積しつつある知識移譲や臨床判断ルールと理学療法技術・身体活動支援技術の実践方法の連結化(リンク)の方法について最新知見と技術を考証し、ユーザービリティ、ヒューマンファクターおよびリスク管理の視点から検討します。この様なプロセスを通して、新たな理学療法の技術開発と検証、実践力開発の基礎を身に付けていきます。
高齢者理学療法学特論
身体とその運動機能の加齢変化、それらによる生活の変容などについて教授します。その中でも特に、高齢者の転倒に係わるバランス機能、日常生活活動の自立度、活動量の変化とそれらの評価方法について教授します。また、高齢者の生活自立度、生活の質の維持向上のために必要な運動機能やこれらの機能維持のために行われる理学療法介入方法とその評価方法、研究方法などについて教授します。
地域理学療法学特論
高齢者や障がい者が地域での生活を維持・改善するために必要な住環境整備、交通整備、街づくりなどを中心に教授します。また、地域保健を実践するための関連職種とその役割、そのチームにおける理学療法士の役割、地域保健を実践するために必要な社会制度などについて教授します。また、これらを実現することの礎となる事柄、すなわち、高齢者や障がい者の身体特性、特に視力や認知機能、高齢者および障がい者の日常生活活動・住環境・外出時の移動・交通利用の実態と、それらを改善するためのデザイン手法(ユニバーサル・デザイン)や研究方法について教授します。。

特別研究

基礎理学療法学特別研究

運動学

研究指導教員:高橋 正明

基礎運動学の中心をなす運動・動作学や運動器のバイオメカニクスの知識と理解を深め、課題を設定することから実験研究へと学習を進めます。具体的には骨の連鎖によって生み出される身体運動の特徴について学習し、各種姿勢や動作の運動学的および運動力学的作用とその結果としてのバランス保持戦略といった動作機能に関する課題設定となります。その上で実験デザインの組み方、データの収集・処理方法および発表までを実践を通して学ぶことを目的にしています。

教員紹介ページへ

臨床理学療法学特別研究

発達障がい科学

研究指導教員:中 徹

発達が障がいされた場合は、子どもから大人や高齢者までが対象です。従って研究分野は「発達障がい科学」となります。社会は、障がいの単なる区分ではなく、障害された発達を促すための問題解決方法につながりうる評価を求めています。このようなことから評価方法を確立していく研究が中心ですが、人間の発達に関わることであれば、発達のメカニズム、発達の障がいの状態の理解、発達の促進の手段などなんでも取り組むことができます。一緒に考えましょう。

教員紹介ページへ

臨床身体活動学

研究指導教員:木村 朗

臨床身体活動学は人間の運動と動作能力の表現としての身体活動が個体要因のみならず実際の社会、すなわち環境の及ぼす影響と複合的に健康と関連する事象の関係性の解明を目指します。情報技術等を用いた運動療法・理学療法診断学の開発を含め、身体活動関連の生体機能情報技術の臨床応用を研究します。成人保健学的課題を抱える人々(肥満や糖尿病を持つ人や障がいを持つ人、長寿者等)の医療・健康に関する複合要因の解析等によるフィールド研究について指導します。

教員紹介ページへ

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gunma Paz University. All Rights Reserved.