群馬パース大学

資料請求

SearchAccessContact
学部・学科・大学院キャンパスライフ
入試情報施設案内大学概要

HOME > 新着情報

新着情報

2017.06.26 看護学科

「母性看護学Ⅱ(技術演習)」授業紹介

「母性看護学Ⅱ」は、3年次前期に開講されています。講義では、妊娠期から出産、産後の育児期を中心に、妊婦・産婦・じょく婦と新生児の身体的・心理的・社会的側面についてのアセスメントと看護を学びます。

 

5月22日・29日は、陣痛に対するケア、新生児の沐浴(赤ちゃんのお風呂)、新生児のフィジカルアセスメント(身体的観察)、じょく婦(産後のお母さん)の観察の技術演習を行いました。学生は3年次後期の母性看護学実習に向けて、必要な看護援助ができるよう、真剣に取り組んでいました。
 

・陣痛がある産婦さん(お母さん)が、どうしたら痛みが楽になるのかを考えながら演習しました。

0626-1
 

・モデル人形を使い、沐浴を実施。緊張しながらも、安全・安楽に沐浴する方法をグループメンバー同士で話し合いながら実施していました。

0626-2

0626-3
 

・新生児の心拍数を数えています。この人形は心拍数や呼吸数、体温なども測定できます。
実際の場面に近い状況の中で、真剣に取り組んでいました。

0626-4

0626-5

最新の記事

アーカイブ

カテゴリー

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gunma Paz University. All Rights Reserved.