群馬パース大学ロゴ

受験生サイト 資料請求

教員紹介ACADEMICIAN

荒木 泰行
荒木 泰行 ARAKI Yasuyuki
保健科学部 検査技術学科
講師
研究分野
生殖補助医療技術学
学位
博士(農学)

大学院

保健科学研究科 保健科学専攻 特別指導教員
博士前期課程 病因・病態検査学領域 病因・病態検査学特別研究/生殖補助医療技術学
体外受精や顕微授精に代表される生殖補助医療は、現在では一般的な治療として実施されています。配偶子の成熟、精子と卵子の受精、受精後の胚の培養、凍結保存、など精子や卵子を取り扱う技術は多岐に渡ります。生殖補助技術は常に進化していますので、関連技術の開発につながるような研究を目指します。
博士後期課程 医療科学領域 医療科学特別研究/生殖補助技術
臨床や生殖関連研究の発展に不可欠ではあるにも関わらず、現状解決されていないテーマは沢山存在しています。配偶子の新しい体外培養方法、顕微授精に代わる受精技術等、特にマニピュレーションを用いた卵子や精子および胚を操作する技術や未成熟生殖細胞の体外成熟培養などの技術開発を目指します。
経歴
学歴
1995年 東海大学工学部精密機械工学科 学士課程 卒業
2003年 宇都宮大学大学院農学研究科 修士課程 修了
2006年 東京農工大学大学院連合農学研究科 博士課程 修了
職歴
1995年~1999年 三益半導体工業株式会社
1999年~現在 株式会社高度生殖医療技術研究所(2012年~代表取締役)
http://armt.net/
2018年~現在 群馬パース大学 保健科学研究科 講師
研究内容
生殖補助医療に貢献する目的で、下記のような技術の開発を目指しています。
・体外受精および胚発生の成績向上につながる技術
・顕微授精などのマニピュレーションを用いて配偶子(卵子や精子)や胚を操作する技術
・未成熟生殖細胞の体外成熟培養などの技術
・生殖細胞の凍結保存技術
など
研究実績
【アガロースカプセル関連】 H. Nagatomo, T. Yao, Y. Araki, E. Mizutani, T. Wakayama, Agarose capsules as new tools for protecting denuded mouse oocytes/embryos during handling and freezing-thawing and supporting embryonic development in vivo., Sci. Rep., vol. 7, (1), 17960, Dec. 2017.

S. Hatakeyama, S. Tokuoka, H. Abe, Y. Araki, Y. Araki, Cryopreservation of very low numbers of spermatozoa from male patients undergoing infertility treatment using agarose capsules., Hum. Cell, vol. 30, (3), 201–208, Jul. 2017.

Y. Araki, T. Yao, Y. Asayama, A. Matsuhisa, Y. Araki, A single human sperm cryopreservation method using hollow-core agarose capsules., Fertil. Steril., vol. 104, (4), 1004–1009, Jul. 2015.

【精子細胞培養関連】
A. Gohbara, K. Katagiri, T. Sato, Y. Kubota, H. Kagechika, Y. Araki, Y. Araki, T. Ogawa, In vitro murine spermatogenesis in an organ culture system., Biol. Reprod., vol. 83, 261–267, 2010.

Y. Araki, T. Sato, K. Katagiri, Y. Kubota, T. Ogawa, Proliferation of mouse spermatogonial stem cells in microdrop culture., Biol. Reprod., vol. 83, 951–957, 2010.

【染色体解析関連】
Y. Araki, M. Yoshizawa, Y. Araki, Visualization of human sperm chromosomes by using mouse oocytes cryothawed after enucleation., Fertil. Steril., vol. 86, 348–351, 2006.

Y. Araki, M. Yoshizawa, Y. Araki, A novel method for chromosome analysis of human sperm using enucleated mouse oocytes., Hum. Reprod., vol. 20, 1244–1247, 2005.

Y. Araki, M. Yoshizawa, H. Abe, Y. Murase, Y. Araki, Use of mouse oocytes to evaluate the ability of human sperm to activate oocytes after failure of activation by intracytoplasmic sperm injection., Zygote., vol. 12, 111–116, 2004.

【受精障害関連】
H. Kamiyama, T. Shimizu, T. Oki, T. Asada, Y. Araki, Y. Araki, H. Kamiyama, T. Shimizu, T. Oki, T. Asada, Y. Y. Araki, Successful delivery following intracytoplasmic sperm injection with calcium ionophore A23187 oocyte activation in a partially globozoospermic patient, Reprod. Med. Biol., vol. 11, (3), 159–164, Mar. 2012.

Y. Murase, Y. Araki, S. Mizuno, C. Kawaguchi, M. Naito, M. Yoshizawa, Y. Araki, Pregnancy following chemical activation of oocytes in a couple with repeated failure of fertilization using ICSI: case report., Hum. Reprod., vol. 19, 1604–1607, 2004.

【未成熟卵の体外成熟培養関連】
堀川隆, 猪野友香里, 荒木泰行, 藤村佳子, 大場奈穂子, 神沢典子, 椛嶋香央里, 中楯真朗, 久保祐子, 佐藤雄一, 低刺激周期で得られたヒト卵胞液を用いたマウス未熟卵の体外成熟培養, J. Mamm. Ova Res., vol. 2, (1), 1–7, 2017.

【カフェイン関連】
Y. Yokota, H. Yokota, M. Yokota, Y. Araki, Y. Araki, In vitro fertilization embryo development from caffeine-treated murine sperm, Reprod. Med. Biol., vol. 14, (3), 117–121, 2015.

H. Yokota, Y. Yokota, M. Yokota, Y. Araki, Y. Araki, Effect of long-term caffeine administration to mice on in vitro fertilization and embryo development using oocytes, Reprod. Med. Biol., vol. 12, (4), 167–171, 2013.

【アシストハッチング関連】
政井哲兵, 堀川隆, 大谷香央里, 松岡典子, 猪野友香里, 小林はつ美, 天田千尋, 大場奈穂子, 藤村佳子, 荒木泰行, 佐藤雄一, 凍結融解胚盤胞移植におけるレーザーアシステッドハッチングの有効性についての検討, 日本受精着床学会雑誌, vol. 30, (1), 17–19, 2013.

畠山将太, 小野原千恵, 徳岡晋, 荒木泰行, 荒木康久, Assisted hatchingされた凍結・融解胚盤胞の移植時状態(脱出完了、脱出中、未脱出)と妊娠率の関係., 日本受精着床学会雑誌., vol. 28, 85–89, 2011.
所属学会
日本生殖医学会
日本受精着床学会
日本臨床エンブリオロジスト学会(代議員)
日本卵子学会
その他
【受賞】
2009年 American Society for Reproductive Medicine; First Prize Poster Award.
メッセージ
現在、体外受精の技術は基礎分野も臨床分野も目まぐるしく発展していて、解決すべき問題点も多く、様々な研究テーマに出会えることと思います。生命の神秘を体験できる領域ですので、少しでも興味があったら一歩踏み入れてみて下さい!
ページトップへ戻る