群馬パース大学ロゴ

教員紹介

ACADEMICIAN

小池 正行 KOIKE Masayuki

  • 医療技術学部 放射線学科
  • 准教授

研究分野

診療画像検査学

学位

博士(医療科学)

経歴

学歴
昭和50年3月 自衛隊生徒(海上自衛隊 少年術科学校)卒業
昭和54年3月 駒澤短期大学放射線科卒業
平成09年8月 鈴鹿医療科学技術大学 科目等履修生社会人(特別)コース修了
平成10年2月 学位授与機構 学士(保健衛生)
平成24年3月 鈴鹿医療科学大学大学院 医療科学研究科修士課程修了 修士(医療科学)
平成27年3月 鈴鹿医療科学大学大学院 医療科学研究科博士後期課程修了 博士(医療科学)

職歴
昭和54年6月 防衛医科大学校病院放射線部 診療放射線技師
平成08年7月 防衛医科大学校病院放射線部 主任診療放射線技師
平成20年7月 防衛医科大学校病院放射線部 副技師長兼技師長代行
平成21年4月 防衛医科大学校病院放射線部 技師長
平成28年4月 防衛医科大学校病院放射線部 定年再任用
平成28年7月 医療法人社団 堀ノ内病院 放射線科技師長
平成30年4月 群馬パース大学 保健科学部(現:医療技術学部) 放射線学科准教授

研究内容

1.骨・関節X線撮影:職人技から科学的根拠に基づく撮影法の研究
2.X線撮影関連機材に関する研究

研究実績詳細

(1)Koike M,Nose H,Takagi S, et al :A skyline-view imaging technique for axial-projection of the patella: a clinical study. Radiol Phys Technol,8,174-177, 2015.
(2)Koike M,Nose H,Takagi S, et al :Appropriate incidence angle for fundamental research on new skyline radiography development.Radiol Phys Technol,8,13-17, 2015.
(3)Takagi S, Koike M, et al :Combined multi-kernel chest computed tomography images optimized for depicting both lung and soft tissue.Clinical Imaging,38,104-108,2014.
(4)Nose H,Unno Y,Koike M,Shiraishi J:A simple method for identifying image orientation of chest radiographs by use of the center of gravity of the image.Radiol Phys Technol,5,207-212,2012.
(5)小池正行,塩田晃,小須田茂 :アルミニウム製CT用スキンマーカーの試作.埼玉県医学会雑誌,43,267-271,2008.
(6)小池正行,福井利治:FCRにおける斜めグリッドの有用性について,埼玉放射線.47,(6),8-15,1999.
(7)小池正行,土屋一洋,山岡育雄:当院MRIで経験した磁性体による種々のアーチファクト,埼玉放射線.109,36-41,1993.
(8)小池正行,竹中栄一,田原和彦:防衛医科大学校病院におけるMRIの現状,埼玉放射線.91,18-25,1990
(9)小池正行,三塩宏二,松田幸広:MRI装置の現状に関するアンケート調査,埼玉放射線.89,27-34,1989.
(10)Koike M, Yamaoka I, Takeshita T:The Examination of Chemical Shift Artifact on Magnetic Resonance Imaging:JART English issue 36-40,1989.
(11)小池正行,山岡育雄,竹下亨 :MRIにおけるCSAの検討,日本放射線技師会雑誌.35,1010-1013.1988.

その他

  • 【主な学会活動】

    日本診療放射線技師会
    日本放射線技術学会
    日本医学物理学会

PR

【資格】
診療放射線技師
第3級無線通信士
日本診療放射線技師会認定資格
臨床実習指導教員
放射線管理士
放射線機器管理士
医療画像情報精度管理士
マスター診療放射線技師
Ai認定診療放射線技師

メッセージ

論語(雍也第六 20):これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。(物事に単に通じている人はその物事が好きな人には敵わず、物事が好きな人はその物事を楽しんでいる人には敵わないものだ。) 将来、楽しめるほど知識を身につけた診療放射線技師を一緒に目指していきましょう。 参照:小池正行インタビュー Rad Fan vol.13.11.14-17.2015.(株)メディカルアイ