群馬パース大学ロゴ

教員紹介ACADEMICIAN

岡山 香里
岡山 香里 OKAYAMA Kaori
医療技術学部 検査技術学科
准教授
研究分野
病理学・病理検査学・細胞診断学
学位
博士(保健学)

大学院

保健科学研究科 保健科学専攻 特別指導教員
博士前期課程 病因・病態検査学領域 病因・病態検査学特別研究/病原体ゲノム検査学
子宮頸部上皮内病変におけるヒトパピローマウイルス(HPV)と細胞診検査に出現する異型細胞に関する研究を行います。特に、HPVに感染した異型細胞に着目し、Microdissection法などを用いてHPV遺伝子型を網羅的に解析します。これにより、上皮内病変に関連する細胞変化を捉え、子宮頸部上皮内病変の早期発見に貢献することを目指します。
博士後期課程 医療科学領域 医療科学特別研究/病原体遺伝子
子宮頸がん罹患率を減少させることは、我が国の重要な課題です。そこで、子宮頸部における一過性ヒトパピローマウイルス(HPV)感染および上皮内病変進展を細胞診検査で予測することを目指し、異型細胞とHPV遺伝子型の関連性を網羅解析します。さらに、HPVのゲノム解析を基盤とした分子病理学的研究の実践および指導を行います。
経歴
2008年 杏林大学保健学部 卒業
2010年 杏林大学大学院保健学研究科博士前期課程 修了 修士(保健学)
2013年 杏林大学大学院保健学研究科博士後期課程 修了 博士(保健学)
2013年 杏林大学保健学部病理学研究室 研究補助員
2016年 群馬パース大学保健科学部検査技術学科 助教
2018年 群馬パース大学保健科学部検査技術学科 講師
2019年 群馬パース大学大学院保健科学研究科 博士前期課程 講師
2021年 群馬パース大学大学院保健科学研究科 博士後期課程 講師
2022年 群馬パース大学医療技術学部検査技術学科 准教授
研究内容
【子宮頸部細胞診におけるHPV感染細胞に関する研究】 子宮頸部細胞診検査による上皮内病変検出率の向上を目的とし、細胞診標本を用いて分子生物学的手法を駆使することで、HPV感染による形態学的変化を追究しています。また、様々なHPVタイプを検出することにより、子宮頸部上皮内病変に関連するHPVタイプやHPV持続感染に関する研究を行っています。
【HIV感染したMSMにおける肛門擦過細胞診に関する研究】 HIV陽性患者の肛門管擦過細胞診検査から得られた細胞材料を用い、その判定結果より異型細胞およびHPV感染細胞の所見を精査することで、細胞診判定基準の確立を目指しています。
研究実績
研究実績詳細

【論文(過去5年分)】

  1. Okodo M, Okayama K, Teruya K, Tanabe K, Ito C, Ishii Y, Fujii M, Kimura H and Oda M. Effects of Menstrual Cycle on the Accumulation of Human Papillomavirus-Infected Cells Exfoliated from the Cervix That Drift into the Vagina. 2022, Microorganisms, 10(4), 693.
  2. Saito M, Tsukagoshi H, Sada M, Sunagawa S, Shirai T, Okayama K, Sugai T, Tsugawa T, Hayashi Y, Ryo A, Takeda M, Kawashima H, Saruki N and Kimura H. Detailed Evolutionary Analyses of the F Gene in the Respiratory Syncytial Virus Subgroup A. 2021, Viruses, 13(12).
  3. 岡山香里, 佐田充, 来栖広夢, 砂川爽代香, 林由里子, 藤本友香, 藤田清貴, 木村博一. 新型コロナウイルス感染症の疫学とSARS-CoV-2 Sタンパクの分子進化に関する研究. 2021, 感染制御と予防, 5(1), 5-9.
  4. Okayama K, Sasagawa T, Teruya K, Oda M, Fujii M, Kimura H, Okodo M. Profiles of Human Papillomavirus Detection of the Multinucleated Cells in Cervical Smears. 2021, Microorganisms, 9(8), 1575.
  5. Zhang S, Saito M, Okayama K, Okodo M, Kurose N, Sakamoto J, Sasagawa T. HPV Genotyping by Molecular Mapping of Tissue Samples in Vaginal Squamous Intraepithelial Neoplasia (VaIN) and Vaginal Squamous Cell Carcinoma (VaSCC). 2021, Cancers, 13(13), 3260.
  6. Motoya T, Nagata N, Kashimura R, Ohashi K, Saito A, Osawa,Goto K, Iwama S, Yanaoka T, Okayama K, Hirai S, Sugai T, Murakami K, Ishioka T, Ryo A, Katayama K, Kimura H. A longitudinal study on enteric virus contamination in bivalves along the coast of Ibaraki Prefecture, JapanEnteric virus contamination in bivalves. 2021, Journal of Food Protection, 84(6), 946-952.
  7. Noji N, Okayama K, Oda M, Shimada A, Okodo M. Human papillomavirus infection status of single cells isolated from cervical cytology specimens by simple manual microdissection. 2021, Journal of Medical Virology.
  8. Tsukagoshi H, Shinoda D, Saito M, Okayama K, Sada M, Kimura H, Saruki N. Relationships between Viral Load and the Clinical Course of COVID-19. 2021, Viruses, 13(2), 304.
  9. Okayama K, Kimura H, Teruya K, Ishii Y, Fujita K, Fujii M, Oda M, Sasagawa T, Okodo M. Correlation between Human Papillomavirus Codetection Profiles and Cervical Intraepithelial Neoplasia in Japanese Women. 2020, Microorganisms, 8(12), 1863.
  10. Sada M, Saraya T, Ishii H, Okayama K, Hayashi Y, Tsugawa T, Nishina A, Murakami K,Kuroda M, Ryo A, Kimura H. Detailed Molecular Interactions of Favipiravir with SARS-CoV-2, SARS-CoV, MERS-CoV, and Influenza Virus Polymerases In Silico. 2020, Microorganisms,8(10), 1610.
  11. Okodo M, Okayama K, Teruya K, Kimura H, Noji N, Ishii Y, Sasagawa T. Koilocytic changes are not elicited by human papillomavirus genotypes with higher oncogenic potential. 2020, Journal of Medical Virology.
  12. Molecular evolution of the capsid (VP1) region in human norovirus genogroup II genotype 3. Saito M, Tsukagoshi H, Ishigaki H, Aso J, Ishii H, Okayama K, Ryo A, Ishioka T, Kuroda M, Saruki N, Katayama K, Kimura H. 2020, Heliyon, 6(5), e03835.
  13. Hata H, Okayama K, Iijima J, Teruya K, Shiina N, Caniz T, Yabusaki H, Okodo M. A Comparison of Cytomorphological Features of ASC-H Cells Based on Histopathological Results Obtained from a Colposcopic Target Biopsy Immediately after Pap smear Sampling. Asian Pacific journal of cancer prevention. 2019, APJCP, 20(7), 2139-2143.
  14. Iijima J, Okayama K, Teruya K, Hata H, Shiina N, Yabusaki H, Okodo M. A study of the relationship between nuclear contour thickening, nuclear enlargement and human papillomavirus infection in squamous cells. 2019, Cytopathology, 30(6), 644-649.
  15. Motoya T, Umezawa M, Saito A, Goto K, Doi I, Fukaya S, N Nagata, Y Ikeda, K Okayama, J Aso, Y Matsushima, T Ishioka, Ryo, Sasaki, K Katayama, H Kimura. Variation of human norovirus GII genotypes detected in Ibaraki, Japan, during 2012–2018. 2019, Gut pathogens, 11(1), 26.
  16. Kimura H, Shirabe K, Takeda M, Kobayashi M, Tsukagoshi H, Okayama K, Ryo A, Nagasawa K, Okabe N, Minagawa H, Kozawa K. The association between documentation of Koplik spots and laboratory diagnosis of measles and other rash diseases in a national measles surveillance programme in Japan. 2019, Frontiers in microbiology, 10, 269.
  17. Sakamoto J, Kamiura S, Okayama K, Okodo M, Shibata T, Osaka Y, Fujita S, Takata E,Takagi H, Takakura M, Sasagawa T. Human papilloma virus genotypes in high-grade intraepithelial lesions and invasive cervical cancer in Japan. 2018, Papillomavirus Research, 6, 46-51.
  18. Okodo M, Okayama K, Teruya K, Sasagawa T. Uniplex E6/ E7 PCR method detecting E6 or E7 genes in 39 human papillomavirus types. J Med Virol, 2018, 90 (5), 981-988.
  19. Okayama K, Okodo M, Kitamura H, Itoda I. Significance of the cytological signs of human papillomavirus infection in anal Pap smears of human immunodeficiency virus-infected Japanese men who have sex with men. Asian Pac J Cancer Prev. 2017, 18:3173-3178.
  20. 北村 浩, 井戸田一朗,岡山香里,大河戸光章,佐野彰彦,佐野麻里子,小林治,河合伸, 古瀬純司. 拡大肛門鏡検査によるHIV陽性者の肛門管上皮内病変の診断と治療. 日本エイズ学会誌. 2017, 20(1), 25-31.
  21. Okodo M, Okayama K, Fukui T, Shiina N, Caniz T, Yabusaki H, Fujii M. Significance of compression in binucleation while differentiating reactive cellular changes between human papillomavirus and Candida Infections. Asian Pac J Cancer Prev. 2017, 18:2507-2511.
  22. Okodo M, Kawamura J, Okayama K, Kawai K, Fukui T, Shiina N, Caniz T, Yabusaki H, Fujii M. Cytological Features Associated with Ureaplasma Urealyticum in Pap Cervical Smear. Asian Pac J Cancer Prev, 2017, 18(8); 2239-2242.

【著書(過去5年分)】

  1. 岡山香里(分担):ポケットマスター臨床検査知識の整理 病理学/病理組織細胞学. 東京,医歯薬出版,2020.p. 170-281.
所属学会
日本臨床細胞学会(評議員)
日本臨床検査医学会
日本性感染症学会
日本エイズ学会
その他
【受賞歴】
最優秀論文賞(2012年:日本臨床細胞学会)
優秀演題賞(2015年:日本臨床細胞学会)
【競争的研究資金獲得】
(1) 子宮頸部におけるHPV遺伝子型特異的細胞の同定による上皮内病変進展予測への応用, 科学研究費補助金 (若手研究), 2021年4月 - 2024年3月 (研究代表者)
メッセージ
自分の専門分野である病理検査学、細胞診断学に対し、他分野から多角的に捉える姿勢を大切にして、学生さんたちと一緒に勉強していきたいと考えています。 教育面では、迅速で正確なデータを出すだけではなく、データから病態を推測し、自分の言葉で検査値を医師や患者さんに説明できる臨床検査技師を輩出したいと思っております。数多くある臨床検査学分野のすべてを100%の力で学ぶことで、興味を持っていることが誰にも負けないことになるはずです。大学生活の中で一緒に“この分野・教科は誰にも負けない”と思えるもの見つけませんか。
ページトップへ戻る