群馬パース大学

入試情報

資料請求

SearchAccessContact
入試・キャンパス情報学部・学科・大学院
施設案内大学概要

HOME > 学部・学科紹介 > 大学院 > 保健科学研究科保健科学専攻(博士後期課程)医療科学領域

大学院


博士前期課程5領域(看護学領域、理学療法学領域、病因・病態検査学領域、放射線学領域、臨床工学領域)の中から基礎研究力の高い病因・病態検査学領域の研究内容や高度解析技術を発展させ、生体分子、病原体遺伝子、細胞機能、生殖補助技術、生体機能などの「医療科学」に焦点をあて、病気の予防や健康増進のための科学的エビデンスを構築しながら、独創性・創造性に優れ国際的に通用する研究能力を備えた医療人(研究者、教育者等)を養成。

入学定員:2名(昼夜開講)
修業年限:3年(長期履修制度あり)
学位:博士(医療科学)


ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

群馬パース大学大学院保健科学研究科保健科学専攻(博士後期課程)を修了し、次に該当するものに博士(医療科学)の学位を授与する。

  • 独創性・創造性に優れ国際的に通用する研究能力を備えた人材
  • 医療・保健科学分野の教育を行う大学あるいは大学院における教育・研究指導ができる人材
  • 医療現場において、高い倫理観と高度な専門知識に基づいた実践能力を持ち、自立的な研究ができる人材
  • 科学的エビデンスを構築しながら研究開発ができる人材

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

群馬パース大学大学院保健科学研究科保健科学専攻(博士後期課程)は学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を養成するため、以下のとおり教育課程を編成し、実施する。

(1)高い倫理性と強い責任感、課題遂行力の涵養
共通科目において、社会的理解を得るための生命倫理に則った研究デザインと倫理的行動能力を修得することを目的とした「生命研究倫理論」と、自らの研究分野以外の幅広い知識と課題に適した研究法を選択できる能力を修得することを目的とした「医療科学研究法」の科目を設置する。
(2)創造性豊かな優れた研究・開発能力の涵養
専門科目において、科学的エビデンスを構築するための高度解析技術や最新評価法などを修得することを目的とした「特講科目」と、各領域の解決すべき課題を広く探求し、課題解決思考を発展させるため、英文文献講読と教員との討論により、研究の評価・応用能力を養い、国際的な情報発信ができることを目的とした「演習科目」、さらに、医療科学における新たな知見を得るための研究を行い、英文論文として公表できることを目的とした「特別研究」を設置する。

教育課程

独創的な研究能力が身に付くよう、専門分野の枠にとらわれない他分野の専門的知識・技術を修得できるような教育カリキュラムを編成されています。

共通科目

科目
生命研究倫理論医療科学研究法I医療科学研究法II
医療科学研究法III  

専門科目


特講I(生体分子・病原体遺伝子)
生体分子解析学、病原体遺伝子解析学のそれぞれの研究領域における最新の知見や解析及び開発技術論を学び、生体分子の量的あるいは質的異常に基づく病態をエビデンスに基づき早期に発見するための技術・方法や、病原体の遺伝子型別流行予測法、分子疫学的解析法などを修得します。
演習I(生体分子・病原体遺伝子)
生体分子及びタンパク質複合体や疾患特異的タンパク質の翻訳後修飾、病原体遺伝子等に関する分析・解析技術の文献等を収集し、討論により研究能力を養い、国際的な英文論文として情報発信できるための演習を行います。
特講II(細胞機能・生殖補助技術)
リンパ球及び好中球、血小板の細胞機能解析学や肺血栓塞栓症の最新の知見や解析技術論、及び生殖補助技術学の顕微授精技術論を学び、細胞機能の量的あるいは質的異常に基づく病態を早期に発見する方法や配偶子の受精メカニズムを解明する技術・方法を修得します。
演習II(細胞機能・生殖補助技術)
細胞機能及び生殖補助技術に関する分析・解析技術の文献等を収集し、討論により研究能力を養い、国際的な英文論文として情報発信できるための演習を行います。
特講III(生体機能)
生体機能解析学の研究領域における最新の知見や多角的体内動態解析法や技術論を学び、生体機能異常に基づく病態をエビデンスに基づき早期に発見するための技術・方法を修得します。
演習III(生体機能)
生体機能解析やリスク評価、ヒューマンエラー分析などに関する分析・解析技術の文献等を収集し、討論により研究能力を養い、国際的な英文論文として情報発信できるための演習を行います。

研究概要

医療科学特別研究

生体分子

研究指導教員:藤田 清貴

電気泳動分析法を中心にプロテオーム解析法などを駆使し、生体分子と結合する免疫グロブリンなどの異常タンパク質および病態を反映しない異常反応などについて、分子機能構造解析およびその発現メカニズムに関する研究の実践および指導を行います。さらに、異常免疫グロブリンと測定試薬成分との反応阻止試薬の開発研究を目指します。

教員紹介ページへ



研究指導教員:亀子 光明

血清および尿中に出現する低分子タンパク質の多くは、生理的個体間変動に比べ、生理的個体内変動が小さいことが知られています。そのため、各種疾患に特異的なタンパク質の同定および分子解析とその測定系の確立、また、その生理的変動解析を行うことにより病態把握や予後判定への有用性を検証する研究を行います。

教員紹介ページへ



研究指導教員:平野 久

質量分析を中心にしたプロテオーム解析技術を用いて疾患関連タンパク質を検出し、診断マーカーや創薬ターゲットとして利用できるかどうかを解明する研究の実践と指導を行います。また、病気に関係するタンパク質複合体の機能や疾患関連タンパク質の翻訳後修飾の役割を明らかにする研究についても実践と指導を行います。

教員紹介ページへ



研究指導教員:木村 鮎子

リン酸化などの様々な翻訳後修飾によるタンパク質の変化は、細胞が環境に適応し恒常性を維持していく上で重要な役割をもちます。がんなどの様々な疾患において細胞内シグナル伝達系の破綻をもたらす翻訳後修飾の異常を探索し、その機能や病態機構との関連を解明することで、新たな診断法や治療法の開発につながる研究を目指します。

教員紹介ページへ

病原体遺伝子

研究指導教員:木村 博一

細菌の薬剤耐性遺伝子、呼吸器ウイルス(RSウイルス・ヒトライノウイルスなど)および下痢症ウイルス(ノロウイルス・ロタウイルスなど)の遺伝学的解析を基盤とした研究指導を行います。また、ベイジアン・スカイラインプロット法によるウイルス遺伝子型別流行予測プログラムの開発に関する研究指導も行います。

教員紹介ページへ


細胞機能

研究指導教員:小河原 はつ江

免疫能に関わるT 細胞サブセット(CD4/CD8 比、Th1/Th2 比、制御性 T 細胞、Th17 細胞等)のフローサイトメトリー法に関連する文献を調査し、より迅速に評価できる解析法の開発等を研究テーマとします。これらを基に、ストレスや各種病態におけるリンパ球の細胞解析に関する研究の実践と指導を行います。

教員紹介ページへ



研究指導教員:尾林 徹

肺血栓塞栓症の発症メカニズムには古典的なVirchowの三徴が関与するが、悪性疾患の治療の進歩に伴う合併症としての静脈血栓塞栓症に遭遇することが稀ではなく臨床上の新たな問題となっています。血行動態的アプローチに加えて、悪性疾患の肺血栓塞栓症も研究対象とし、原疾患の予後改善に寄与することを目指して、研究の実践および指導を行います。

教員紹介ページへ



研究指導教員:長田 誠

血小板は血栓止血の重要な役割を担っており、活性化により多くの物質を放出します。糖尿病などの血管内にて血小板が活性化する病態において、血管構成細胞の解析を行うことは血管病態を解明する上でとても重要な課題です。血小板の活性化が血管構成細胞に与える影響を検討し、血管病態の解明につながる研究を行います。

教員紹介ページへ

生殖補助技術

研究指導教員:荒木 康久

配偶子の受精メカニズムの解明や顕微授精および生殖細胞の体外成熟培養に関する研究の実践と指導を行います。特に未成熟精細胞の体外培養法の改良・改善を行い、より自然に近い状態での精細胞分化細胞の作出を図ります。人工的成熟細胞由来との違いも研究テーマとしたいと考えます。NGS(next generation sequencing) 解析による精細胞の染色体解析も研究テーマです。

教員紹介ページへ



研究指導教員:荒木 泰行

顕微授精などのマニピュレーションを用いた卵子や精子および胚を操作する技術、未成熟生殖細胞の体外成熟培養などの技術開発を目指します。現在、臨床も含めた体外受精の技術は目まぐるしく発展しており、この分野では解決すべき問題点も多く、様々な研究テーマに出会えることと思います。生命の神秘を体験できる領域です。

教員紹介ページへ

生体機能

研究指導教員:木村 朗

人間の身体活動定量化の利活用方法を開発し、糖尿病や脳血管機能障害のある人等における生体機能および環境要因間の複合要因解析により、健康・病態の社会間時間生物学的原理を解明する研究能力を養います。予防から公衆衛生・リハビリテーションにおける個体から集団レベルの課題解決に資する知見の国際的発信支援を行います。

教員紹介ページへ



研究指導教員:古田島 伸雄

心臓疾患や心筋障害の循環器疾患や糖尿病や甲状腺疾患などの内分泌疾患における生体機能情報について、画像診断解析技術法や炎症性サイトカインやホルモンとその受容体などの多角的体内動態解析法を学びます。また、生体機能をエビデンスに基づき解析し、疾患の病態を評価・疾患の病態評価、早期発見のための最新の知見や技術・方法を指導します。

教員紹介ページへ



研究指導教員:宗宮 真

神経変性疾患の代表的疾患であるパーキンソン病は、運動症状のほか、認知機能障害や自律神経症状等の様々な非運動症状を示します。こうした多様な症状を示す本疾患の特徴に焦点をあて、動作解析、神経心理学的検査、画像解析等の手法を用いて、発症と進行のメカニズムや治療へのアプローチに関する研究の実践および指導を行います。

教員紹介ページへ

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gunma Paz University. All Rights Reserved.