キャンパスライフ

現場で働く先輩インタビュー

荻原 志乃さん

看護師/群馬県済生会前橋病院勤務
群馬パース大学 看護学科 2015年3月卒業

荻原 志乃さん

大学卒業後に現在の病院に就職し、今は循環器内科で高齢者や認知症、寝たきりの患者さんを対象に看護を提供しています。その他にも、カテーテル室に入り心臓カテーテル検査と治療にも看護師の立場で携わっています。心臓カテーテル検査は命に関わる臓器である「心臓」の検査なため、多くの患者さんは緊張と不安を抱えています。患者さんの不安を軽減し、安全で安心な治療に繋げるためにも、各種カテーテル検査の内容を理解し自分の言葉で患者さんやご家族の方に説明できるように心掛けています。また、緊急でカテーテル室に搬送されてきた患者さんの対応にもあたります。反応がない患者さんに対しても、声を掛け続けることが大切で、回復した患者さんの中には私の掛けた言葉を覚えていてくれたこともありました。
入職3年目の今年からプリセプターになり、新人看護師の指導も行っています。新人教育を担当し、普段から行ってきた処置の方法や患者さんへの応対などを一緒に意識して振り返ることで、自らの知識や技術を向上させることができます。
看護師は身体的にも精神的にも大変な仕事だと思いますが、患者さんや家族に適切な看護を提供できるとすごくやりがいを感じます。今後も自分が患者だったらどうされたいかということを想定しながら、適切な看護を提供できるよう努力していきたいです。

細野 早梨さん

助産師/公立藤岡総合病院勤務
群馬パース大学 看護学科 2017年3月卒業

細野 早梨さん

幼い頃、祖父の看取りを支えてくれた看護師さんにあこがれを持ったことが、私が医療職の道を目指したきっかけです。高校の時には医療福祉の現場に携わりたいという思いから、介護福祉士の国家資格を取得しました。そして、姉の出産を温かくサポートしてくださった助産師さんに心を動かされ、助産師を目指す決意を固めました。
現在は分娩介助や妊産婦と新生児の看護ケアなど、地域の周産期医療に携わっており、やりがいのある仕事で毎日が充実しています。特に、お産後に我が子と愛おしそうに見つめあう母親の姿をみると、私たち助産師も笑顔と幸せな気持ちを共有させていただいています。しかし、元気に生まれてくる分娩が当たり前ではなく、母子の命に関わる重圧や、急変時の対応など、心が折れそうになったこともあります。そんな中、分娩に携わせていただいた妊産婦さんに「○○さんでよかった。この子も大人になったら○○さんみたいな助産師さんになってくれたらいいな。」という感謝のお言葉と笑顔をいただいた時には、胸を打たれ、大きな勇気をもらいました。
今後はアドバンス助産師を取得後、群馬パース大学の大学院へ進学したいと考えています。そして、助産専攻の先生方と一緒に新たな助産師の芽を育て、周産期医療へ貢献していくことが私の目標です。

佐藤 由理さん

保健師/十日町市役所勤務
群馬パース大学 看護学科 2017年3月卒業

佐藤 由理さん

脳卒中により手足の麻痺障害を起こした祖父に対し、知識があれば事前に予防ができたのではないか、早期に発見していれば障害を軽減できたのではないかという気持ちから、病気の予防や健康管理をする保健師にあこがれを抱きました。
保健師として大事にしていることは2つあります。1つ目は「人の話を聞く」ということです。当たり前のことかもしれませんが、上司の話をよく聞くことはもちろん、住民との距離が近い保健師にとっては、住民の話をよく聞くことが大変重要です。住民1人ひとりの個性を知るために会話を重ね、住民の個性に合った健康管理や保健指導を行っています。2つ目は「自分が保健師であることを自覚する」ということです。保健師の仕事は住民の家を訪問することが多い職種なので、訪問した際に家の問題点がたくさん見えてしまいます。保健師という医療職だからこそできる仕事、私がやるべきことは何かを自覚し、日々の仕事に努めています。
保健師という職種は大変広い領域を担当するので、身につけなくてはいけない知識は膨大です。しかし、住民の方からの「ありがとう」という言葉や、住民の表情が豊かになったところを見るとやりがいを大いに感じることができます。住民の個性を知ることは難しく、今後の課題になるとは思いますが、1人ひとりに合った支援ができるように今後もがんばりたいです。

南澤 拓美さん

理学療法士/新戸塚病院勤務
群馬パース大学 理学療法学科 2017年3月卒業

南澤 拓美さん

運動器疾患や脳血管疾患の患者様がリハビリテーションを通じて在宅復帰や社会復帰を目指す、回復期病棟に所属しています。
急性期の病院との違いは、患者様一人ひとりと密に関われる部分です。そしてその関わりは、疾患や機能障害のみだけではなく、その人個人の抱える問題にも寄り添っていくというところが大きな特徴だと考えています。
私が所属する病院は回復期病棟・療養病棟・通所リハビリ・訪問リハビリ部門を設置し入院してから退院、その後の支援まで力を入れています。また患者様の在宅復帰や社会復帰に向けて段階的な屋外歩行や、公共交通機関を利用した買い物など、訓練室だけではなく、屋外や個人に合わせた生活場所でも訓練を行っています。
私は患者様に寄り添っていく為に、患者様一人ひとりの名前を憶え、相手に合わせた挨拶やちょっとしたことでも声をかけるように心がけています。また、他のリハビリスタッフや医師、看護師、ソーシャルワーカー等の他職種とのコミュニケーションを大切にし、患者様の少しの状態の変化でも気が付けるように密に連携をとることを心がけています。
回復期病棟の理学療法士として働く上で、時に患者様は辛く苦しいことに向き合っても向き合えきれず、受け止めたくても受け止められない状況に直面します。そんな時に理学療法士として患者様に寄り添い、リハビリを通して少しでも「出来た!」という実感を得られるように、また笑顔が見られるように支援していくことが、この職業であり、やりがいであると思います。

馬場 都さん

理学療法士/利根中央病院勤務
群馬パース大学 理学療法学科 2016年3月卒業

馬場 都さん

理学療法士になって3年。現在は外来リハビリテーションを担当し、患者様が抱えた障がいに対して改善がみられたときに達成感を感じています。
在学中、先生に言われた「自分が諦めたら、その患者様はどうなるんだ。」という言葉を今も日々、自分に問い掛け、障がいに対して原因を根本から取り除けるよう、毎日患者様と向き合っています。
これからは、運動機能の回復を手助けするだけでなく、生活指導を含めて患者様に伝えていくことで、再び病院に戻らない「予防医療」に繋げていきたいと思います。

大津 愛莉さん

臨床検査技師/群馬中央病院勤務
群馬パース大学 検査技術学科 2017年3月卒業

大津 愛莉さん

現在の病院に入職してからは実務経験を積み、念願の胚培養士の資格を取得し、不妊で悩んでいる患者さんの手助けをしています。
生殖医療で行われる顕微授精や体外受精では、体外に取り出した卵子を精子と受精させて再び体内に戻します。この時、体外で卵子や精子の培養や管理を行うのが胚培養士としての仕事で、その他にも受精卵や精子の凍結保存などを行います。
生殖医療は生命の誕生に関係しているため、万が一のミスも許されません。受精卵を培養する過程はとても繊細で、命の源をお預かりしているという責任が重大です。患者さんの精子や卵子を体外に取り出し、顕微鏡を長時間覗くことから、集中力を切らさないことが大切になってきます。常に細心の注意を払いながらの業務になり、緊張感やプレッシャーを日々感じる仕事になりますが、患者さんが生殖医療をきっかけに妊娠されたときに医師や看護師と一緒になって喜び合えるその瞬間が大きなやりがいとなっています。
今後は生殖全般に悩みを抱える方に対して、情報提供やカウンセリングまで行えるよう、生殖医療コーディネーターという資格の取得を目指してスキルアップをしていきたいと思います。

林 圭織さん

臨床検査技師/岐阜大学医学部附属病院勤務
群馬パース大学 検査技術学科 2017年3月卒業

林 圭織さん

高校生の頃は、病院で働きたいといった漠然とした目標でしたが、群馬パース大学で学んでいる中で、自分はどう患者さんに関わり、貢献していくかを考え、その進みたい道が見えてきました。
現在は大学病院の検査部で、生化学・免疫分野を担当しています。健康診断等で行う腫瘍マーカーや、感染症を予防するための検査など多くの検査項目があり、常に整合性のある情報が提供できるよう取り組んでいます。その中でも、血液検査等で異常な値を発見した際には、迅速に担当医に報告をするなど、他の医療従事者とのコミュニケーションを大事にしています。
今後は試薬に関しての研究や、医師と共同で行う研究の結果を学会で発表していく予定です。

徳重 佑美子先生

群馬パース大学 保健科学部 放射線学科助手
群馬県立県民健康科学大学
診療放射線学部 診療放射線学科 卒業

徳重 佑美子先生

中学生の頃に広島平和記念資料館を見学し、放射線に興味を持ちました。放射線は“害で怖いもの”というイメージが一般的にあるかと思いますが、調べていくうちに放射線を人のために役立てる診療放射線技師という職業を知り、志すようになりました。
大学卒業後は大学病院に7年間勤務し、医師の指示により放射線を使う検査や治療を行っていました。CTやMRI等の画像検査、心筋梗塞や脳血管障害等における血管内治療、がんに対する放射線治療など幅広い業務をローテーションで担当してきました。 近年では、乳がん検診やマンモグラフィ検査(乳房X線検査)など、女性に対する検査へのニーズが高まっており女性技師の需要が増えてきたため、この部門は長く担当していました。マンモグラフィは、技師の技術が画像の質や患者さんが感じる痛みに特に反映されやすく、また患者さんに対しての心理的配慮や気配りがとても重要な難しい検査です。以前にマンモグラフィ検査を受けたことのある患者さんから「前よりも楽だった」と感謝されたり、良い画像が撮れた時には大きなやりがいを感じます。
数ある医療職の中で、放射線の照射を行えるのは医師を除いて診療放射線技師だけで、非常に専門性の高い職業です。医師が読影するために最適な画像を提供し、それにより患者さんへの適切な処置に繋がることは強い達成感があります。
そして2017年4月から群馬パース大学の放射線学科の助手として働くことになり、診療放射線技師として経験してきた技術や知識を学生に伝えています。
医療は、技術発展が著しい分野の一つで、業務を行う上で日々新しい知識が要求されます。国家試験に合格し就職してからも学ぶことはたくさんありますが、それだけやりがいのある職種だと思いますので、未来の自分を思い描いて一歩ずつ歩んでいってください。

西本 千尋先生

群馬パース大学 保健科学部 臨床工学科助手
前橋工科大学 工学部 システム生体工学科 卒業

西本 千尋先生

高校生の時、祖母のペースメーカー植え込みをきっかけに医療機器に興味をもち、医療機器を学べる大学に進学しました。学ぶ過程で臨床工学技士という職業を知り、私は患者さんの家族の立場になったことから、患者さんやその家族の不安を取り除き、医療機器と患者さんを安全に繋げる臨床工学技士になりたいと思いました。
大学卒業後は、専門学校へ1年間通い臨床工学技士の国家資格を取得しました。 私の国家試験合格は教員先生方の手厚いサポートのおかげでした。その時の先生方への感謝から自分もそのような教員になりたいと思い始めました。
最初の勤務地では手術室業務に携わり、体外循環装置(人工心肺)の操作・管理や、手術の際に使用される機器の操作や使用前の点検などの仕事を受け持ちました。手術室業務では、緊急手術の際にチーム医療の大切さを強く実感しました。1分1秒を争う中で、如何に速く安全に対応できるかが重要な業務です。更に、予定外の緊急手術では人員不足の状況もあり、自分の仕事だけでなく他職種のサポートをする必要がありました。多職種間で作るチーム医療が手術を支えています。普段から他職種の動きや業務を把握し、緊急時にどのような状況でも円滑なチーム医療を実践できるようコミュニケーションを密にとることが大切であることを学びました。
次の勤務地では、患者さんとのコミュニケーションや信頼関係が大切である血液浄化業務に携わりました。患者さんと接する機会が多く、改めて医療機器を通して人の役に立つこの職業のすばらしさを深く感じ、多くの人に伝えたいと思いました。そして、在学期間に抱いた教員になりたいという希望をもとに、2018年4月から群馬パース大学で教職に就いています。
患者さんにとって病院生活は非日常的なことです。そのためほとんどの患者さんが不安を抱いています。皆さんには患者さんの立場になって考え、思いやりの気持ちを持てる医療従事者を目指してほしいです。はじめは「白衣が着たい!」とか憧れだけで良いです。そこから可能性が広がると思います。諦めずに頑張ってください。

入試情報オープンキャンパス
数字で見る群馬パース大学 群馬県ってどんなトコ? 学部・学科情報

群馬パース大学
公式Twitterアカウント
@gunma_paz

群馬パース大学
公式Facebookアカウント
@gunma.paz.univ

トップへ戻る