群馬パース大学ロゴ

Voice現場で活躍する先輩たち

職業別MENU

群馬パース大学で目指す7職種

看護師

永田 真菜さん

  • 前橋赤十字病院勤務
  • 看護学科
    2018年3月卒業
看護師 永田真菜さん

母が介護士をしていて、幼いころから“誰かを支える仕事”を見てきて、自分も人の役に立つ仕事がしたいと思い、患者さんの一番近くにいる存在である看護師になろうと決めました。

現在は消化器病棟に所属して2年目となります。消化器病棟には内科と外科があり、疾患の幅が広いため、看護師にもより多くの知識・臨機応変な対応が求められます。 1年目は、様々な患者さんへの対応や処置の介助、それに伴って求められる看護の幅の広さに戸惑うこともありましたが、プリセプター(教育担当)さんや先輩方に支えられ、今では自分で考えて行動することもできるようになりました。忙しい中でも、患者さんの状態をしっかり把握し、患者さんが快適に過ごせるようサポートするための情報収集の重要さを日々感じています。とくに消化器系疾患の患者さんは、日常生活に深く関わることも多いため、患者さんの困っていることや思いを聴き取り、気付いてあげられるように努めています。

そして、2年目からは「緩和支援チーム」に所属して、病棟とチームを繋げる“リンクナース”として活動しています。多くの患者さんやその家族との関りを通して、がん患者さんだけでなく、困っていることがある患者さんをチームとして支えることができる「緩和支援チーム」の活動にとても誇りを感じています。 辛い闘病生活を送っている患者さんに寄り添い、その人らしく過ごせるように手助けできたらと思い、まだまだ入ったばかりで緩和に関する知識は少ないですが日々勉強中です。

これからも患者さんやその家族の困っていることに気づき、支援できる看護師になれるよう、更に成長していきたいと思っています。

ページトップへ戻る