群馬パース大学ロゴ

Voice現場で活躍する先輩たち

職業別MENU

群馬パース大学で目指す7職種

保健師

高橋 明穂さん

  • 草津町役場勤務
  • 看護学科
    2018年3月卒業
保健師 高橋明穂さん

中学生の時に祖父が肺炎で亡くなったことをきっかけに高校は福祉科に入学。その授業で聞いた「病気になる前の予防が大切」という保健師さんの話に感銘を受け、保健師になりたいと思うようになりました。

現在は草津町健康推進課に所属し、母子保健やがん検診などを担当しています。草津町が地元ではないということもあって、仕事をしながら草津町のことを勉強したり、地域の方々から教えていただいたりしながら、仕事に励んでいます。

業務では地域の方の相談に乗ることも多く、自分を相談者として指名してもらえた時はとても嬉しいです。しかしながら、様々な年代や状況の方々と接する機会が多いため、コミュニケーションの難しさを痛感することも少なくありません。どのようなケースでも、保健師の視点から、保健師の知識を十分に活かしたアドバイスができるよう心がけています。

保健師は、業務遂行のために必要な知識や技術がたくさんあります。これからは、自身で学習してスキルアップすることはもちろん、先輩からも技術や知識を1つでも多く学び、地域の方々から信頼される保健師になれるよう、またひとりの人間としても成長できるよう日々努力していきたいと思います。

保健師

佐藤 由理さん

  • 十日町市役所勤務
  • 看護学科
    2017年3月卒業
保健師 佐藤由理さん

脳卒中により手足の麻痺障害を起こした祖父に対し、知識があれば事前に予防ができたのではないか、早期に発見していれば障害を軽減できたのではないかという気持ちから、病気の予防や健康管理をする保健師にあこがれを抱きました。

保健師として大事にしていることは2つあります。1つ目は「人の話を聞く」ということです。当たり前のことかもしれませんが、上司の話をよく聞くことはもちろん、住民との距離が近い保健師にとっては、住民の話をよく聞くことが大変重要です。住民1人ひとりの個性を知るために会話を重ね、住民の個性に合った健康管理や保健指導を行っています。2つ目は「自分が保健師であることを自覚する」ということです。 保健師の仕事は住民の家を訪問することが多い職種なので、訪問した際に家の問題点がたくさん見えてしまいます。保健師という医療職だからこそできる仕事、私がやるべきことは何かを自覚し、日々の仕事に努めています。

保健師という職種は大変広い領域を担当するので、身につけなくてはいけない知識は膨大です。しかし、住民の方からの「ありがとう」という言葉や、住民の表情が豊かになったところを見るとやりがいを大いに感じることができます。住民の個性を知ることは難しく、今後の課題になるとは思いますが、1人ひとりに合った支援ができるように今後もがんばりたいです。

ページトップへ戻る