群馬パース大学

資料請求

SearchAccessContact
学部・学科・大学院キャンパスライフ
入試情報施設案内大学概要

HOME > 学部・学科紹介 > 大学院

大学院

大学院概要

群馬パース大学大学院は、保健医療の充実と専門分野の研究並びに教育の拠点となることを使命としています。保健師、助産師、看護師、理学療法士、臨床検査技師をはじめとする保健・医療・福祉の実践者及び大学教育修了者が、修士課程での学究を通じて、さらに高い実践能力とリーダーシップを身につけ、実践者、研究者、教育者として育っていく場を目指します。

保健科学研究科 保健科学専攻(修士課程)

平成29年4月より開講した「放射線学領域」と「臨床工学領域」のページは準備ができ次第掲載します。 

  • 入学定員:6名(昼夜開講)
  • 修業年限:2年(長期履修制度あり)
  • 学位:修士(保健学)

あいさつ

医療専門職の資格を持ちながら大学院に進みさらに高度な学問を身につけようとする志は真に貴いと思います。その思いに応えるべく本研究科は教育課程や学習環境を整備してまいりました。またそう遠くない段階での博士課程立ち上げを検討しております。将来研究者になるその一歩として、あるいは高度な知識や概念をまとめて教育の場に立つために、また臨床の場で管理者や指導者として活躍できるように、積極的に学問を追い求める皆様の入学を心からお待ちいたしております。

研究科長 藤田 清貴

教育目標

高度な専門知識・能力を有する実践者の育成
高度な倫理観と社会に対する深い洞察力、保健医療をとりまく社会システム、医学・医療の最新の知識を有し、根拠に基づいた高度な保健医療の実践を提供し、その結果を分析、蓄積するとともに、実践を研究、教育へと還元できる人材を育成する。
保健医療分野においてリーダーシップを発揮する指導者の育成
保健医療システムを包括し、対象者のQOL向上のために資源を活用し、他職種との協働の中でリーダーシップを発揮し、ケアを推進できる人材を育成する。
実践分野において研究能力・教育能力を発揮する実践者・指導者の育成
臨床現場において生じる実践上の問題を抽出・分析し、その解決を図るために研究を推進・指導できる人材を育成する。また、臨床現場での新卒者、現任者を対象とする卒後教育、看護職(看護師・保健師・助産師)・理学療法士・臨床検査技師養成機関での教育実践において、教育理論に基づいた教育方法を開発・構築し、実践できる人材を育成する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

群馬パース大学大学院保健科学研究科の修士課程を修了し、次に該当するものに修士(保健学)の学位を授与する。

  • 保健医療専門職としての基礎的知識、科学的根拠および高い倫理観に基づいて問題の探求・解決を図る高度な研究能力を有する。
  • 保健医療分野の諸課題に関して、科学的な手続きと洞察に基づく的確な判断能力を有する。
  • 先進・高度化する専門分野の基本的技術を提供する実践能力を有する。
  • 地域保健医療の実践現場で他の分野と連携して社会に貢献できる教育能力を有する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

群馬パース大学大学院は学位授与の方針(ディプロマポリシー)に掲げる人材を養成するため、以下のとおり教育課程を編成し、実施する。

(1)研究者としての基盤の涵養
研究能力の基盤を形成するために、共通科目に「研究方法特論」、「研究方法論Ⅰ~Ⅲ」、「応用英語」、「保健医療統計学」などの科目を設置する。又、専門の領域における研究実践の方法、すなわち研究テーマの設定から学位論文の完成までを段階を追って教育するために、専門科目に各領域の「特論」、「演習」、「特別研究」を設置する。
(2)高度な実践力とリーダーシップの涵養
保健医療分野におけるリーダーに必要な、専門領域の枠を超えた総合的・学際的な教育を行うために、共通科目に「医療倫理学特論」、「医療経営・管理学特論」、「人体の構造と機能学特論」、「加齢医学特論」、「家族社会学特論」、「保健学特別セミナー」などの科目を設置する。特に、「保健学特別セミナー」は幅広い視野の育成という目的に加え、協働(チームアプローチ)の重要性に鑑み必修科目として設置する。
(3)専門領域における教育能力の涵養
教育機関での教育志向だけでなく、保健医療の様々な場面における教育活動を想定した医療専門領域における教育学の教育を行うために、共通科目に「教育学特論」を設け、さらに専門科目の「特論」、「演習」のなかで各領域ごとに、より実践的な内容を盛り込む。

履修計画では、体系化された所属専門領域の「特論」、「演習」、「特別研究」を基本に置く.並行して学ぶ共通科目は一部を除き、学習ニーズ、学習進度に合わせて年次にかかわらず柔軟に履修できるように配置する。
又、家庭や職場など社会的事情により標準修業年限(2 年)での修業が困難な場合に、標準修業年限を超えて履修可能な長期履修制度を設ける。

以上のように、少人数教育の利点を活かし、学習者の志向・ニーズに対応できる柔軟で特色のある大学院プロブラムを提供する。

教育課程

教育課程は、専攻分野に関する高度な専門的知識や能力を修得させるとともに、当該専門分野に関連する分野の基礎的素養をも修得させ、さらに保健医療分野のリーダーとしてふさわしい高い倫理性と豊かな人間性、社会性を涵養するよう編成されています。

共通科目

科目Pick up
医療倫理学特論家族社会学特論研究方法論 I
医療運営・管理学特論生殖補助医療技術学概論研究方法論II
人体の構造と機能学特論教育学研究方法論III
加齢医学特論応用英語保健学特別セミナー
保健医療統計学特論研究方法特論 

専門科目

専門科目群は、保健科学の専門領域毎に理論面の構築と専門知識・技術の修得、実践経験から導き出される課題の探求に必要な能力の育成に重点を置く教育内容を有します。これを学修することにより、専攻分野における高度な実践・指導能力を育成し、研究における課題探求への発展につなげていきます。さらに、学生の選択する専門領域の科目に加えて専門領域以外の科目を選択、履修させることにより、関連領域に対する理解を深め、実践、研究における領域を超えた幅広い連携に対する姿勢を養います。

放射線学領域 

放射線学領域では臨床実践コースと基盤研究コースを開設し、最先端の高度医療を実践し、チーム医療や情報管理、医療安全、放射線管理を牽引できる人材の育成を目指します。

臨床工学領域 

医療機器の安全と治療の進歩に対応できる高度な医工学知識を身につけ、患者さんの利益を追求します。医療機器の企画・開発設計および研究に必要な事項について学習し、質の高い医療が提供できるための学問を教授します。

昼夜開講制

昼夜開講制を適用しているので、働きながらでも無理なく学べます。

2015年前期の時間割例

  1限目
9:00~10:30
2限目
10:40~12:10
3限目
13:00~14:30
4限目
14:40~16:10
5限目
16:20~17:50
6限目
18:20~19:50
7限目
20:00~21:30
          研究方法特論 研究方法論Ⅲ
          加齢医学特論
          人体の構造と
機能学特論
 
          生殖補助医療
技術学概論
 
          保健医療
統計学特論
応用英語
家族社会学
特論
医療運営・管理学特論    

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gunma Paz University. All Rights Reserved.