群馬パース大学ロゴ

教員紹介

ACADEMICIAN

加茂 智彦 KAMO Tomohiko

  • リハビリテーション学部 理学療法学科
  • 助教

研究分野

前庭リハビリ、めまい、サルコペニア、フレイル、システマティックレビュー、データベース

学位

博士(リハビリテーション科学)

経歴

平成21年 聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部理学療法学科 卒業(リハビリテーション学)
平成21年~平成29年 医療法人社団愛慈会 介護老人保健施設さくらの苑
平成23年 聖隷クリストファー大学大学院リハビリテーション科学研究科修士課程 内部障害学専攻 修了 修士(リハビリテーション科学)
平成27年 聖隷クリストファー大学大学院リハビリテーション科学研究科博士課程
生体機能理学療法解析学専攻 修了 博士(リハビリテーション科学)
平成29年~令和4年 日本保健医療大学 保健医療学部 理学療法学科

研究内容

リハビリにおける臨床の疑問を解決するための臨床研究を主に行っています。理学療法の分野はまだまだエビデンスが少ない領域です。皆さんが普段行っている理学療法も実はわかっていないこともたくさんあります。その中で、皆さんが日々の臨床で疑問に思っていることを具現化し研究を行っています。
<現在の研究テーマ>
1. めまい患者に対する前庭リハビリテーションに関する研究
2. DPCデータベースを用いたリハビリテーションに関する研究
3. リハビリテーション分野におけるシステマティックレビュー・メタアナリシス
4. 地域在住高齢者におけるサルコペニア・フレイルに関する研究

研究実績詳細

<researchmap>
https://researchmap.jp/t-kamo
<原著論文 過去5年>
1. Yuguchi S, Asahi R, Kamo T, Azami M, Ogihara H. Prediction Model including Gastrocnemius Thickness for the Skeletal Muscle Mass Index in Japanese Older Adults. Int J Environ Res Public Health. (In Press)
2. Ogihara H, Kamo T, Tanaka R, Azami M, Kato T, Endo M, Tsunoda R, Fushiki H. Factors affecting the outcome of vestibular rehabilitation in patients with peripheral vestibular disorders. Auris Nasus Larynx. (In Press)
3. Kamo T, Momosaki R, Ogihara H, Azami M, Tanaka R, Kato T, Tsunoda R, Fushiki H. The utilization and demographic characteristics of in-hospital rehabilitation for acute vestibular neuritis in Japan. Auris Nasus Larynx. (In Press)
4. Kamo T, Momosaki R, Azami M, Ogihara H, Yuguchi S, Asahi R, Suzuki K. Effects of In-Hospital Rehabilitation on Preventing Hospital Readmissions in Patients With Cirrhosis: A Retrospective Cohort Study. Arch Phys Med Rehabil. (In Press)
5. Asahi R, Nakamura Y, Kanai M, Watanabe K, Yuguchi S, Kamo T, Azami M, Ogihara H, Asano S. Association with sagittal alignment and osteoporosis-related fractures in outpatient women with osteoporosis. Osteoporos Int. (In Press)
6. Suzuki K, Ozawa T, Kamo T, Koike T, Hosokawa M, Saito T, Otake S. Relationship between maximum calf circumference and body composition in patients with type 2 diabetes: A cross-sectional study. Gifu University of Health Sciences Journal. (In Press)
7. Suzuki K, Koike T, Kamo T, Fukugawa S, Kamogari H, Hosokawa M, Saito T, Otake S. Co-contraction of lower limb muscles affects gait stability in patients with diabetic peripheral neuropathy. Japanese Journal of Physical Therapy for Diabetes Mellitus (In Press)
8. Kamo T, Ogihara H, Tanaka R, Kato T, Tsunoda R, Fushiki H. Relationship between physical activity and dizziness handicap inventory in patients with dizziness -A multivariate analysis. Auris Nasus Larynx. 2022; 49(1):46-52.
9. Asahi R, Nakamura Y, Kanai M, Watanabe K, Yuguchi S, Kamo T, Azami M, Ogihara H, Asano S. Stand-up test predicts occurrence of non-traumatic vertebral fracture in outpatient women with osteoporosis. J Bone Miner Metab. 2021; 39(5):883-892.
10. Kubo K, Kamo T, Momosaki R, Mitsutomi K. Development of a Point System to Predict Discharge to Home for Acute Stroke Patients. PM R. 2021; 13(1):38-44.
11. 荻原 啓文, 浅見 正人, 加茂 智彦, 湯口 聡, 旭 竜馬, 対馬 栄輝 脳卒中のリハビリテーションに関するYouTube 動画の質 2021 理学療法学 48(4) 440-445
12. 荻原啓文, 荻原啓文, 加茂智彦, 加茂智彦, 田中亮造, 田中亮造, 加藤巧, 遠藤まゆみ, 角田玲子, 角田玲子, 伏木宏彰, 伏木宏彰 右小脳・脳幹梗塞による中枢性めまいと両側前庭障害を合併した症例に対する前庭リハビリテーション 理学療法学 2021 48(1) 108-116
13. Asahi R, Yuguchi S, Kamo T, Azami M, Ogihara H, Asano S. Association of height loss with falls and sarcopenia in community-dwelling older women. Osteoporos Sarcopenia. 2020; 6(2):59-64.
14. Yuguchi S, Asahi R, Kamo T, Azami M, Ogihara H. Gastrocnemius thickness by ultrasonography indicates the low skeletal muscle mass in Japanese elderly people. Arch Gerontol Geriatr. 2020; 90:104093.
15. Ogihara H, Tsushima E, Kamo T, Sato T, Matsushima A, Niioka Y, Asahi R, Azami M. Kinematic gait asymmetry assessment using joint angle data in patients with chronic stroke-A normalized cross-correlation approach. Gait Posture. 2020; 80:168-173.
16. Sakai K, Yasufuku Y, Kamo T, Ota E, Momosaki R. Repetitive Peripheral Magnetic Stimulation for Patients After Stroke. Stroke. 2020 Jun;51(6):e105-e106.
17. 旭 竜馬, 藤田 博曉, 浅野 聡, 湯口 聡, 加茂 智彦, 浅見 正人, 荻原 啓文, 石橋 英明 骨粗鬆症検診におけるロコモティブシンドローム評価と転倒との関連 日本骨粗鬆症学会雑誌 2020 6(4) 469-478
18. 荻原 啓文, 加茂 智彦, 田中 亮造, 加藤 巧, 遠藤 まゆみ, 角田 玲子, 伏木 宏彰 慢性期めまい平衡障害患者における転倒リスクの評価 複数の評価ツールによる検討 Equilibrium Research 2020 79(4) 218-229
19. 旭 竜馬, 藤田 博曉, 浅野 聡, 加茂 智彦, 石橋 英明 身体機能評価を導入した骨粗鬆症検診の有用性 転倒リスク評価のためのロコモティブシンドローム・サルコペニア評価 日本骨粗鬆症学会雑誌 2020 6(3) 392-395
20. Sakai K, Yasufuku Y, Kamo T, Ota E, Momosaki R. Repetitive peripheral magnetic stimulation for impairment and disability in people after stroke. Cochrane Database Syst Rev. 2019; 30;11(11):CD011968.
21. Kamo T, Momosaki R, Suzuki K, Asahi R, Azami M, Ogihara H, Nishida Y. Effectiveness of Intensive Rehabilitation Therapy on Functional Outcomes After Stroke: A Propensity Score Analysis Based on Japan Rehabilitation Database. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2019; 28(9):2537-2542.
22. Kamo T, Asahi R, Azami M, Ogihara H, Ikeda T, Suzuki K, Nishida Y. Rate of torque development and the risk of falls among community dwelling older adults in Japan. Gait Posture. 2019; 72:28-33.
23. Momosaki R, Tsuboi M, Yasufuku Y, Furudate K, Kamo T, Uda K, Tanaka Y, Abo M. Conclusiveness of Cochrane Reviews in physiotherapy: a systematic search and analytical review. Int J Rehabil Res. 2019; 42(2):97-105.
24. Kamo T, Ishii H, Suzuki K, Nishida Y. The impact of malnutrition on efficacy of resistance training in community-dwelling older adults. Physiother Res Int. 2019; 24(1):e1755.
25. 加茂 智彦, 荻原 啓文, 田中 亮造, 遠藤 まゆみ, 角田 玲子, 伏木 宏彰 慢性めまいに対する理学療法士による個別リハビリテーションの効果 理学療法学 2019 46(4) 242-249
26. 田中 亮造, 加茂 智彦, 荻原 啓文, 阿部 靖, 木下 修, 加藤 巧, 角田 玲子, 伏木 宏彰 慢性一側性前庭障害患者の歩行能力に対する理学療法士介入前庭リハビリテーションの有効性について Equilibrium Research 2019 78(6) 581-589
27. 鈴木 啓介, 加茂 智彦, 新津 雅也, 大武 聖, 齋藤 孝義, 黒澤 和生 2型糖尿病患者の年代別における自己快適歩行の特徴 理学療法科学 2019 34(3) 299-302
28. Kamo T, Ishii H, Suzuki K, Nishida Y. Prevalence of sarcopenia and its association with activities of daily living among japanese nursing home residents. Geriatr Nurs. 2018; 39(5):528-533.
29. 鈴木 啓介, 廣岡 卓, 新津 雅也, 小中澤 聡, 内田 敏男, 加茂 智彦, 大武 聖 糖尿病性末梢神経障害合併2型糖尿病患者の身体活動量の特徴と運動を行わない理由の調査 プラクティス 2018 35(2) 214-220
30. Kamo T, Takayama K, Ishii H, Suzuki K, Eguchi K, Nishida Y. Coexisting severe frailty and malnutrition predict mortality among the oldest old in nursing homes: A 1-year prospective study. Arch Gerontol Geriatr. 2017; 70:99-104.

その他

  • 【主な受賞】

    <受賞>
    1. 2022年1月 旭竜馬 湯口聡 加茂智彦 浅見正人 荻原啓文 研究奨励賞 第30回埼玉県理学療法学会
    2. 2020年5月 加茂 智彦, 荻原 啓文, 田中 亮造, 遠藤 まゆみ, 角田 玲子, 伏木 宏彰 第11回優秀論文表彰 優秀賞 慢性めまいに対する理学療法士による個別リハビリテーションの効果 日本理学療法士協会 理学療法学
    3. 2019年 湯口聡 旭竜馬 加茂智彦 浅見正人 荻原啓文 優秀賞 ASIA Prevent
    4. 2018年8月 加茂智彦 優秀演題賞 第8回国際医療福祉大学学会
    5. 2018年7月 旭竜馬, 池田智子, 加茂智彦, 浅見正人, 荻原啓文, 藤田博暁 優秀賞 日本予防理学療法学会第4回サテライト集会
    6. 2018年4月 鈴木啓介, 廣岡卓, 新津雅也, 小中澤聡, 加茂智彦, 大武聖, 西田裕介 理学療法ジャーナル賞 理学療法ジャーナル
    7. 2013年11月 加茂智彦 最優秀賞 第29回東海北陸理学療法学術大会
    8. 2012年11月 加茂智彦 最優秀賞 第28回東海北陸理学療法学術大会

  • 【主な学会活動】

    日本理学療法士協会
    日本めまい平衡医学会
    日本コクランセンター
    日本サルコペニア・フレイル学会
    日本リハビリテーション栄養学会

PR

<競争的資金獲得>
1. 文部科学省 科学研究費(若手研究) 2019年4月 - 2022年3月 (研究代表者)
2. 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 2018年度(前期)一般公募 「在宅医療研究への助成」 2018年9月 - 2019年8月(研究代表者)
3. 文部科学省 科学研究費補助金(研究活動スタート支援) 2017年4月 - 2019年3月 (研究代表者)
4. 公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団 平成27年度 研究助成 リハビリテーション活動や機器に関する研究 2015年9月 - 2016年9月 (研究代表者)
5. 日本理学療法士協会 平成25年度 理学療法にかかわる研究助成 A指定研究助成 ⑪理学療法の新規分野開発に関する萌芽的研究 2013年5月 - 2015年3月 (研究代表者)

メッセージ

大学は自ら学ぶ場所です。自ら疑問点や問題点を見つけ、探求する姿勢を身に着けてください。4年間という短い中でたくさんの友達と学び、遊びながら充実した学生生活を送ってください。