群馬パース大学

入試情報

資料請求

SearchAccessContact
入試・キャンパス情報学部・学科
施設案内大学概要

HOME > 保健科学部 > 看護学科

看護学科

群馬パース大学

群馬パース大学受験生サイト


保健科学部 看護学科

修業年限
4
定員
80

看護学科で
取得できる資格

  • 看護師保健師助産師の国家資格が目指せます。
  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格(選択制・所定科目の履修が必須)
    • 第1種衛生管理者免許(申請により取得)
    • 養護教諭2種免許(取得単位に応じて、申請により取得)
  • 助産師国家試験受験資格(選択制・所定科目の履修が必須)

国家試験合格率

学科の特徴Feature

群馬パース大学の
看護学科ってどんな学科?

point1

身近な教員のサポートのもと、自分で考え、創造する看護を体験

看護学では、講義・演習・実習を通して段階的に学びを深めていきます。講義では理論や専門知識、学内演習では看護に必要な科学的思考、観察力、 判断力、援助方法を習得します。そして、臨地実習においては、それまでの学びを活用し、実際の対象者に必要な看護を提供していくことで、看護の 力を育んでいきます。様々な看護学領域を専門としている教員が一貫した教育を提供し、看護の総合力を育成します。また、1年次から学科専任教 員によるチューター制度を取り入れることで、学生の個別性に応じた学習と生活両面における効果的な支援をしています。

point2

初年次教育の充実

1年次には、小グループによる問題解決型学習を通し、問題解決技法の基礎的技術や集団での討論方法、プレゼンテーション技術・知的探求心を身 につけていきます。各グループには学科の専任教員が担当につくため、入学初期の学生と教員が身近に関わる良い機会にもなっています。

point3

OSCE導入

臨床能力を知識だけでなく、技能、態度などからも評価するOSCE(客観的臨床能力試験)を導入しています。3年生の臨地実習前に、判断力・技術力・マナーなど実際の現場で必要とされる臨床看護実践力を総合的に評価し、自信を持って臨床実習に臨めるよう指導しています。

4年間の学びLearning

看護は、人々の健康生活を支援する活動で、人の命と向き合う仕事です。
大学4年間では、人体のしくみと働き、病気の成り立ち、健康生活の維持増進を支援する方法とシステム、
病気や障害のある人の療養と生活を支援する方法などを学びます。
講義、演習、実習を通して学習し、看護師、保健師、助産師の国家資格取得を目指します。

学科教育目標

  1. 生命の尊厳を認識し、個人の人格を尊重する豊かな人間性と高い見識の育成
  2. 看護の基本的知識・技術に基づき、
    ヒューマン・ケアを実践できる能力の育成
  3. 保健・医療・福祉その他の領域との
    協調性と調整能力の育成
  4. 看護の向上を目指し、
    自己研鑽する能力の育成
  5. 看護を通して地域社会に主体的かつ
    創造的に貢献できる能力の育成
  6. 国際社会に関心をもち、
    貢献できるための基礎的な能力の育成

学びの流れ

選択制
(4年次)

保健師助産師を目指す

保健師や助産師を目指す学生は、4年次に通常のカリキュラムに加えて
それぞれ定められた科目を履修しなくてはいけません。選考は3年次に行います。

保健師課程(定員20名)

看護師と保健師の国家試験受験資格取得を目指す

4年次/前期
保健師になるために必要な公衆衛生看護学領域等の知識・技術を学びます。
4年次/後期
5週間の実習では、保健所やその管内市町村で地域の人たちの健康と生活に対する理解を深め、対象に応じた地域保健活動の展開方法を学びます。また、学校、事務所の実習を通して、養護教諭や産業保健師の役割を学びます。
詳しくはこちら

助産師課程(定員6名)

看護師と助産師の国家試験受験資格取得を目指す

4年次/前期
助産師となるために必要な助産学領域の知識・技術を学びます。
4年次/後期
11週間の実習では10例の分娩を受け持ち、その介助を通して助産過程の展開を行います。前期に習得した助産学の知識・技術を統合して助産の実践能力を高めます。
詳しくはこちら
3つのポリシー

開講科目Curriculum

基礎看護学

看護学の基礎となる理論や知識・技術を学ぶとともに、看護師としての望ましい態度や看護師の役割について理解する科目

看護学概論Ⅰ、看護学概論Ⅱ、看護援助学概論、日常生活援助学演習、治療援助学演習、看護援助学総合演習、看護過程論、看護過程論演習、基礎看護学特論
×

成人看護学

成人期にある人とその家族の特徴を理解し、健康の維持・増進及び疾患の病期に応じた看護支援に必要な知識・技術・態度を学ぶ科目

成人看護学概論、成人看護学総論、成人看護方法論Ⅰ、成人看護方法論Ⅱ、周手術期看護論、クリティカルケア看護論、成人看護学演習、救急法、成人看護学特論
×

老年看護学

老年期の特徴、老化に対応した看護について理解し、健康の維持・増進のための支援及び健康障害をもつ高齢者とその家族に対する看護に必要な知識・技術・態度を学ぶ科目

老年看護学総論、老年看護方法論Ⅰ、老年看護方法論Ⅱ、老年看護学演習、老年看護学特論
×

小児看護学

小児各期の特徴を理解し、小児の成長発達に応じた養護と健康障害をもつ小児とその家族に対する看護に必要な知識・技術・態度を学ぶ科目

小児看護学総論、小児看護方法論、小児看護学演習、小児看護学特論
×

母性看護学

母性の特徴を理解し、女性の一生を通じた健康の保持増進及び自己管理を支援する看護の役割を理解する科目

母性看護学総論

周産期に起こりうる健康問題と看護に必要な知識・技術・態度を学ぶ科目

母子の健康支援、母性看護方法論、母性看護学演習、母性看護学特論
×

精神看護学

こころの健康の維持・回復・増進に必要な知識・技術・態度を学修し、対象者のリカバリー(回復)を促進する看護について学ぶ科目

精神保健、精神看護学総論、精神看護方法論、精神看護学演習、精神看護学特論
×

統合分野

在宅で提供する看護を理解し、基礎的な技術を身に付け、他職種と連携・協働する中での看護の役割を理解する科目

在宅看護学概論、在宅看護方法論Ⅰ、在宅看護方法論Ⅱ

看護をマネジメントできる基礎的な知識・態度を学ぶ科目

臨床看護管理学

災害各期における人々の健康課題、災害支援システム及び看護の役割を学ぶ科目

災害看護論

国際協力や国際看護の概念や意義、課題を理解し、国際社会における看護師の役割について学ぶ科目

国際看護論
×

公衆衛生看護学

人々の健康を社会的条件の中で捉え、地域で暮らす人々の健康の保持増進、疾病の予防、回復、社会復帰の過程を支援するための知識・態度を学ぶ科目

公衆衛生看護学概論

地域の健康課題を組織的な手法を用いて解決していく方法を学ぶ科目

公衆衛生看護方法論、公衆衛生看護技術演習、公衆衛生看護活動展開論、対象別公衆衛生看護活動論Ⅰ、対象別公衆衛生看護活動論Ⅱ、公衆衛生看護管理
×

助産学

妊娠・分娩・産褥・新生児期の診断(正常・異常)を理解し、母子の健康増進及び自立への援助・保健指導ができるための知識・技術・態度を学ぶ科目

助産学概論、助産基礎医学、母子と家族の心理・社会学、周産期診断学、妊娠期助産診断技術学、分娩期助産診断技術学、産褥期助産診断技術学、新生児・乳幼児期助産診断技術学、助産診断技術学演習

助産師の活動や役割、ケアの安全保障に関わる法的知識と責任について学ぶ科目

助産管理
×

臨地実習

臨床看護分野(基礎看護学実習Ⅰ、基礎看護学実習Ⅱ、成人看護学慢性期実習、成人看護学急性期実習、老年看護学実習、小児看護学実習、母性看護学実習、精神看護学実習)、統合分野(在宅看護学実習、総合実習)、公衆衛生看護学分野(公衆衛生看護学実習)及び助産学分野(助産学実習)で構成される。
※1 公衆衛生看護学実習は保健師課程履修者のみ
※2 助産学実習は助産師課程履修者のみ

×

研究

看護研究の意義と目的、方法についての概略を学ぶ「看護研究概説」を踏まえ、学生自ら関心ある研究テーマを選び、研究を実施することをとおして、4年間の学習の統合を図る科目。

看護研究概説、卒業研究
×

人体の構造と機能疾病の成り立ちと回復の促進

人体の構造と機能を学ぶ科目

解剖学Ⅰ、解剖学Ⅱ、臨床解剖学、生理学Ⅰ、生理学Ⅱ、臨床生理学、生化学

人体の構造・機能が常態を逸脱していく過程と、疾病の状態及び回復の過程を学ぶ科目

病理学、臨床病態学Ⅰ、臨床病態学Ⅱ、臨床病態学Ⅲ、臨床病理学、免疫・感染症学、薬理学、臨床薬理学、臨床検査学、緩和医療学、栄養学(含食品学)、病態栄養学

人の心の健康な発達と障害について学ぶ科目

発達心理学、臨床心理学
×

健康支援と社会保障制度

人の健康に関わる個人及び環境要因について理解し、ヘルスプロモーションを推進していくための基礎を築く科目

公衆衛生学、疫学、保健統計、歯科保健

人の健康を支える保健医療福祉に関する行政の仕組みとサービスについて学ぶ科目

社会福祉・社会保障制度論、地域保健行政

関連領域で用いられる健康支援の方法を学ぶ科目

リハビリテーション概論、カウンセリング
×

大学の学びの基盤

大学教育に必要なスキルの学習を通して、大学生としての学習・生活を確立すると同時に、専門分野に必要な能力を形成し、専門に対する興味・関心を深める科目

大学の学び入門、大学の学び-専門への誘い-

チーム医療の担い手としての力を培うための科目

多職種理解と連携
×

人と社会及び自然の理解

【心身の発達】発達・行動・心理の各側面から、人間、身体、健康に関する理解を深める科目

心理学、教育学、教育心理学、健康スポーツ理論、健康スポーツ実技

【思想及び表現】人間が創造した様々な考え方や表現を学び、人間に対する理解を深める科目

生命倫理、哲学、現代文学、人間と宗教、芸術

【人間と生活及び社会のしくみ】人間が生きるための土台である生活と人間を取りまく社会に対する見識を広げ、社会への関心、理解を深める科目

法学(日本国憲法含む)、社会学、生活文化と医療、経済学、地域ボランティア活動論

【自然の原理及び環境】自然科学や自然環境、人間が創り出した環境についての知識、理解、関心を深める科目

環境学、生物学A・B、数学A・B、化学A・B、物理学A・B
×

情報と言語の理解

【英語】英語を通して、コミュニケーション力を培い、文化的視野を広げ、他者理解を深める科目

英語リーディング、医療英語会話、医療英語リーディング、英語会話、英語アカデミックリーディング・ライティング

【初修外国語】英語以外の外国語を通して、コミュニケーション力を培い、文化的視野を広げ、他者理解を深める科目

中国語、コリア語、ドイツ語、ポルトガル語

【情報】情報に関する処理方法とモラル、マナーを学ぶことを通して、情報に対する正しい対処法を理解し、深める科目

情報処理、情報リテラシー、囲碁で学ぶ情報戦略
×

実習室Facility

実習室5F 地域看護学助産学実習室 基礎・臨床看護学実習室 基礎・臨床看護学実習室 基礎・臨床看護学実習室
大学全体の設備紹介

地域看護学助産学実習室

訪問看護や在宅看護、地域住民への家庭訪問、地域看護の活動を学習するための部屋です。また、助産過程の演習もこの実習室で行います。

×

演習室

手術前や手術後など、医療機器を付けられた患者モデルが設置された病室を再現した実習室です。

×

基礎・臨床看護学実習室

療養生活を安全で安楽に送れるように援助するための看護技術や、医療行為を行う上で必要な専門的学ぶことを目的した実習室です。ベッド、モデル人形、車椅子などが設置されており、講義で学習した演習を通して習得できるよう配慮しています。

×

基礎・臨床看護学実習室

母性看護学・小児看護方法論などの演習に使用します。赤ちゃんをお風呂にいれるための沐浴槽があります。赤ちゃんの抱っこの方法、おむつ交換、授乳、小児のバイタルサイン(体温、脈拍、呼吸、血圧)測定などの演習を行います。

×

キャリア・就職Career Support

卒業生就職率

2019年100%
2018年100%
2017年100%

高い就職率を支える
サポート体制

就職に関する悩み・不安を解消キャリアサポートセンター
学科教員による個別指導
求人票の検索が可能WEBポータルシステム
キャリア関連のイベント大学独自開催
サポートについて詳しく見る

就職・キャリア支援スケジュール※2019年予定

1年次
進路相談会、就職ガイダンス、就職対策講座
2年次
進路相談会、就職ガイダンス
3年次
進路相談会、就職ガイダンス、就職対策講座、みだしなみ講座
4年次
進路相談会、就職ガイダンス、就職対策講座、公務員対策講座

Page Top

サイトマップ  個人情報取り扱いについて

Copyright © Gunma Paz University. All Rights Reserved.

HOME

学部・学科
施設案内
大学概要

大学院

看護実践教育センター

お問い合わせ

close