What's job

保健師ってどんな仕事?

保健師は、保健指導を業とする看護職の1つです。保健師は、⾚ちゃんからお年寄り、健康な方から疾患を持つ方までさまざまな年代、健康レベルの⼈を対象とし、⼈々が地域の中で、家族や近隣の⼈々と共に健康な⽣活を送れるようサポートします。個⼈のみならず、特定の集団もしくは地域の⼈々全体に焦点を当て、健康の保持増進に向けた活動を⾏います。

主な業務

  • 保健サービスの提供

    障害者や難病患者の⽅に、⾏政で⾏っているサービス⽀援の説明などを⾏います。

  • 健康危機管理

    SARS(重症急性呼吸器症候群)や新型インフルエンザなどの健康被害を防ぐ業務を⾏います。

  • ⺟⼦に対するサービス提供

    妊婦相談や乳幼児の健康診査・予防接種などを⾏います。

  • 健康診査と保健指導

    成⼈に対しての健康診査を実施し、その後の結果説明を⾏います。

  • 予防教室

    ⽣活習慣病を防ぐための教室や、⾼齢者向けの運動教室などを⾏います。

  • ⼈間ドック業務

    健康診断の結果の読み⽅や説明をします。また、今後の⽣活指導も⾏います。

  • メンタルヘルス業務

    ⼼の健康状態をケアして、危険信号をいち早く感じてカウンセリングを⾏なったり医師の診察を受けられるように対応します。

就職先、活動的る場所は?

主な職場は、保健所、市町村保健センター、病院、企業等です。
近年では、国際協⼒機構(JICA)や⾮政府組織(NGO)等に所属し、開発途上国や医療の普及が⼗分でない国や地域で⺟⼦保健活動や感染症対策、衛⽣教育等の国際的な地域看護活動を⾏う保健師もおり、活躍の場は広まっています。

保健所・保健センター

保健所は都道府県、政令市、中核市等が設置し、感染症対策、精神保健等の対⼈保健サービスや⽣活衛⽣に関する業務を⾏います。保健センターは市町村の施設で住⺠の健康相談、健康診査などの事業を⾏います。

企業の健康管理室

企業で働く⼈の健康の保持・増進・改善及び安全な職場環境を整える事を主な業務としています。従業員の健康診断や怪我・病気の対応、健康に関する相談、休職者の⾯談、産業医との連携等を⾏っています。

学校の保健室

養護教諭が学校(⼩学校・中学校・⾼校)で学ぶ児童・⽣徒や、教職員の⼼⾝の健康の保持・増進に向けた活動(健康診断や病気や怪我の対応、健康に関する相談や、学校環境の調整、PTAや地域の関係機関との連携など)を主な業務内容としています。

スケジュール

日勤

8:30
ミーティング、E-mailの確認、回覧物に⽬を通す
9:00
乳児訪問準備、訪問

記録と報告

10:30
認知症⾼齢者の困難事例に関する
関係機関とのケース会議、議事録作成
11:45
1歳6ヶ⽉健康診査会場準備
12:00
休憩
13:00
1歳6ヶ⽉健康診査

健診事後のカンファレンス
活動報告書の作成、健診未受診者への連絡

16:30
翌⽇以降の事業の準備、調整
17:15
終業

就職状況

看護職に就くには国家試験に合格しなければならないので誰でも就ける訳ではありませんが、超高齢社会に突入している日本の現状を考えると、看護職の需要は高いまま推移すると言えます。本学の2021年度保健師の求人件数は、58件(3種合計は44件)です。このことからも、需要の高さが伺えるでしょう。

給与

保健師の新卒基本⽉収は21万円程度です。これは群⾺県の⾏政職での⽬安です。給与は勤務⺟体により異なり、⾏政職では勤務する都道府県市町村が規定する俸給表により給与が⽀給されます。⺠間企業等ではその企業が規定する給与体系で給与が⽀給されます。

国家試験合格率※
89.3%
※・・・2021年度国家試験合格率(全国平均)

保健師に必要とされる適性

保健師は、⾚ちゃんから⾼齢者まで幅広い年齢層かつ、健康な⼈から疾患を患う⼈まで、さまざまな健康レベルの⽅たちを対象にするため、⼈と接することが好きで、どんな⼈とも気軽にコミュニケーションが取れることが求められます。また、対象者の周囲の関係者と連携、協同して⽀援にあたらなければならないことから、普段から周りの⼈と良好な⼈間関係を成⽴、維持できる⼈間性、リーダーシップが求められます。さらに⾃分の健康問題に気づいていない⽅や、⽀援を必要と感じていない⽅にもアプローチする必要があるため、だれにでも受け⼊れられる礼儀正しい態度や、例え相⼿に受け⼊れられなくても諦めない根気強さや、相⼿を⾏動変容に導くための医学や健康に留まらない幅広い知識と広い視野が求められます。また、これらの状況に適応するためには、⾃分⾃⾝が健康的な⽣活を実践できることが求められます。

保健師になるために

保健師課程をCHECK!!