入試情報

学費・奨学金

学費

初年度学納金

保健科学部 ※2020年4月入学者

授業料等  
※学内実験・実習費、施設設備費を含む
年額1,400,000円前期・後期合計
前期700,000円入学手続き時納入
後期700,000円入学後、10月所定の期日までに納入
【授業料等について】

2~4年次は、前期・後期 各825,000円となります。

■上記「授業料等」に含まれるもの
  • ●学内実験・実習費
  • ●施設設備費
■上記「授業料等」に含まれないもの
  • ●教科書、実習ユニフォーム、実習器具など授業に係る費用
  • ●学生支援費 ●新入生研修費 ●学友会費 ●学生保険料 ●保護者後援会費 ●同窓会費
  • ●臨地・臨床実習に係る費用(抗体検査、予防接種、宿泊交通費など)
  • ●看護学科の保健師課程、助産師課程選択者の履修料(保健師課程50,000円、助産師課程200,000円)など
入学金
150,000円初年度のみ 
入学手続き時納入
入学手続き時納付金
学納金850,000円入学金+授業料等前期
入学手続き時諸費用97,370円
入学手続き時納入金947,370円
入学手続き時諸費用:97,370円
(内訳)
学生支援費:40,000円
学友会費:12,000円
学生保険料:5,370円
保護者後援会費:20,000円
同窓会費:20,000円
※詳細については入学手続き時に案内

奨学金

入学者及び在学生が申請できる各種奨学金等をご紹介します。
奨学金は、学業・人物とも優秀で、経済的理由により修学が困難である学生に対し貸与又は給付されることが原則です。家庭の経済状況や卒業後の生活設計等に基づき、十分に考慮したうえでご利用ください。

群馬パース大学独自の奨学金

本学では、入学試験の成績等により選考される受験生対象のものと、在学生対象の2種類の奨学金を、2015年度より導入しています。

入学前の選考

特待生奨学金
対象者
一般入試(前期)出願者のうち、特待生選抜を希望する者
※ただし、AO入試・推薦入試・特別入試の入学手続き者でも、別途一般入試(前期)を受験することで、選考の対象とします。(入学検定料不要/学科変更不可)
採用条件
経済的理由により修学困難な者(入試成績優秀者)
給付方法
学納金と相殺し、現金給付しない。
募集人数
保健科学部入学定員の10%前後

経済的理由については、収入基準があります。
選抜決定後に主たる家計支持者一人の収入状況を示していただきます。本学が定める収入基準を超過している場合は、不採用となる可能性があります。
収入基準についてはこちらでご確認ください。

特待生の種類
特待生S
給付額
授業料等全額
給付期間
4年間 ※ただし、進級時に継続可否の審査あり
特待生A
給付額
授業料等後期分全額
給付期間
4年間 ※ただし、進級時に継続可否の審査あり
特待生B
給付額
授業料等後期分全額
給付期間
1年間(入学年度のみ)

在学生対象

神戸奨学金

「神戸奨学金」は、本学創設者である樋口建介の「教育の原点」に多大な影響を及ぼし、学園創設に当たり多額の私財を投じた神戸照子先生の思いを尊重して設立された奨学金制度です。高い志があり、学業が優秀であるにも関わらず経済的な理由により修学困難な学生に対し給付されます。
※給付は当該年度限りですが、毎年申請可能です。

対象者
①本学保健科学部に在籍する2~4年生
※ただし特待生奨学金受給者を除く
②人物、学業ともに特に優れ、経済的理由により修学困難な者
申請時期
毎年5~6月
給付額
300,000円
給付方法
当該年度の後期授業料と相殺し、現金給付しない。
募集人数
各学科数名
兄弟姉妹奨学金
対象者
①1人以上の兄弟姉妹が本学に在籍しているか、もしくは本学を卒業した兄弟姉妹がいる新入生
※ただし、特待生奨学金受給者を除く
②経済的理由により修学困難な者
申請時期
入学後、1年次の5~6月
給付額
100,000円
給付方法
1年次後期授業料と相殺し、現金給付しない。

※収入基準

群馬パース大学独自の奨学金には、下記の表の通り収入基準があります。

採用条件の収入基準が変更となりました。(施行日:2019年10月1日)
奨学金制度主たる家計支持者一人の年間収入
給与所得者の場合
給与所得者以外の場合
特待生奨学金源泉徴収票の支払金額が
841万円以下
確定申告書等の所得金額が
355万円以下
神戸奨学金
兄弟姉妹奨学金

※(特待生奨学金)特待生Sと特待生Aの進級時継続審査も同条件です。

その他の奨学金

高等教育の修学支援新制度

この度、群馬パース大学は、「大学等における修学の支援に関する法律」による修学支援の対象機関となる大学として認定されました。

日本学生支援機構

教育の機会均等を保障する目的で設置された公的な奨学金制度です。高等学校在学中に在学校を通じて申し込む予約採用と、本学入学後に申し込む在学採用があります。在学採用希望者については、入学後に説明会を行います。

第一種奨学金(無利子)
対象
特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難であり、学業成績・家計基準が一定の基準を満たす学生
貸与月額
【自宅】
20,000円、30,000円、40,000円、54,000円の4種類(各月額)から選択可
【自宅外】
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円の5種類(各月額)から選択可
貸与始期
採用年度の4月から
募集期間
4月頃
募集告知
学内掲示板等で告知
第二種奨学金(有利子)
対象
優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な学生
(第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考される)
貸与月額
20,000円~120,000円(10,000円単位)から選択可
貸与始期
採用年度の4月~9月の間で希望する月
募集期間
4月頃
募集告知
学内掲示板等で告知

各種団体・民間奨学金

都道府県・市町村の修学資金

都道府県・市町村の修学資金は、将来各都道府県・市町村において医療専門職としての業務に当たる者に対して貸与されます。従事する施設・期間によって、指定された条件を満たせば、返還が免除されるものもあります。詳細は、必ず各都道府県・市町村の担当課までお問合せください。

2018年度に募集があった主な奨学金
  • 渋川市奨学金
  • みどり市奨学金
  • 新潟県奨学金
  • 上越市奨学金
  • 福島県奨学金
  • 南相馬市奨学金
医療機関その他の奨学金

医療機関において、医療専門職の育成を援助する制度を設けている施設があります。奨学金を受けた施設で一定の期間、業務に従事することにより、返還が免除されたり、猶予されたりします。契約内容は各施設で異なります。一般に職員の確保を目的として設けられている制度ですから、そこでの就職を前提に、慎重に検討することが必要です。その他にも地方公共団体や民間団体の奨学制度があります。

2018年度に募集があった奨学金
奨学金
・全国各地各種医療機関等の奨学金(87件)
・交通遺児育英会奨学金

生活福祉資金貸付制度【教育支援資金】(都道府県社会福祉協会)

貸付限度額
①教育支援費
<大学> 月額6万5千円以内
<短大等>月額6万円以内
 ※特に必要と認める場合は、上記上限額の1.5倍まで貸付可
②就学支度費 50万円以内
対象
低所得世代:必要な資金の融通を他から受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
保証人
不要(世帯内で連帯借受人が必要)
利息
無利子
償還期限
据置期間:卒業後6か月以内
償還期限:据置期間経過後
問合せ先
お住いの地域の市区町村社会福祉協議会

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

貸付限度額
350万円以内(学生一人にあたり)
対象
融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者で、世帯年収による制限有。子供の人数に応じて幅広く対応
(例:子供2人の場合世帯年収が890万円以内)
利息
年1.71%(固定金利)
備考
日本学生支援機構の奨学金との併用可、受験前から申込み可。低所得世帯、ひとり親世帯、多子世代などは金利や返済期間の優遇制度あり。
問合せ先
日本政策金融公庫

労働金庫(ろうきん)の入学時必要資金融資

貸付限度額
入学時に進学先に支払う教育資金(入学金、授業料。進学先に納入済みのものは対象外)に対して、申込時に選択した入学時特別増額貸与奨学金の額(10万円~50万円の間で選択した金額)が限度となる。
※申請時に選択した金額を超えての融資は行えません。
対象
日本学生支援機構の「入学時特別増額貸与奨学金」の採用候補者となった方
利息
年1.71%程度(固定金利) ※2019年9月19日現在
備考
・入学時特別増減貸与奨学金は、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を申込み、低所得等を理由に利用ができなかった世帯の生徒に貸与する。
※予約採用の申込時に申告された家計収入が一定以下の場合、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を申し込む手続きを省略できます。
・労働金庫から受けた融資の返済は、進学後に振り込まれる入学時特別贈与貸与奨学金により一括返済する。
問合せ先
労働金庫

その他の提携教育ローン

詳細は各ホームページでご確認ください。

オープンキャンパス
数字で見る群馬パース大学 群馬県ってどんなトコ? 学部・学科情報

群馬パース大学公式Twitter
@gunma_paz

群馬パース大学公式Facebook
@gunma.paz.univ

トップへ戻る