群馬パース大学ロゴ

受験生サイト 資料請求

保健科学部 理学療法学科

修業年限
4
定員
60

理学療法学科で
取得できる資格

  • 理学療法士の国家資格が目指せます。
  • 理学療法士国家試験受験資格
    • 初級障がい者スポーツ指導員(取得単位に応じて、申請により取得)

国家試験合格率

理学療法士について調べる


学科の特徴Feature

群馬パース大学の
理学療法学科ってどんな学科?

point1

地域理学療法学を重点的に学習

地域貢献に繋がる活躍の場として在宅医療に携わる理学療法士が増えるなか、本学科では地域包括ケアシステムの実現に向けて、「地域理学療法」に関する授業数を増やしています。講義と演習でカリキュラムが構成され、実際に地域と関わる授業を開講し(地域在住高齢者との関わりや屋外環境の観察など)、地域リハビリテーション領域で活躍できる理学療法士を育成します。

point2

国家試験全員合格を目指したサポート体制

国家試験対策は、独自の集団学習体制と個別指導体制で行っています。集団学習体制では、学習時期を3期に分け各期に応じた集団指導を行っており、グループワークでの相互学習を利用した国家試験対策講座を行います。その他にも、学生個人の能力に合わせた個別指導体制を取り入れ、毎年高い国家試験合格率を維持しています。

point3

教員に質問がしやすく、自己学習がしやすい環境

教員がいる研究室のまわりに、開放感のあるオープンワークスペースと、少人数学習ができる演習室を7つ完備しています。この空間が、教員に質問しやすく、話を聞きやすい環境を生みだしています。学生同士や教員とのディスカッション、コミュニケーションを多く取り入れることにより、協働の意味やチームワークの大切さを学びます。


リハビリテーション学部の特徴

4年間の学びLearning

教育研究上の目的・養成する人材像

     いかなる障害を持つ人に対しても、人としての尊厳と権利を認識できる真摯で柔軟な心を持ち、身体に障害を持つ対象者が自分らしく活動し、社会へ参加するという目的のために、多様で最新の理学療法の知識と技術を求め、それらを駆使して、運動や動作能力の向上を図ることができる人材養成を目指します。
     急性期から回復期、維持期リハビリテーションにおいて活躍できるように、基本となる理学療法の知識と技術を幅広く学習し、多職種連携の中で実践し貢献できる能力を培うことを目指します。さらに、リハビリテーション分野にとどまらず、健康維持・増進に貢献できる力を養うことを教育目的とします。

学びの流れ

  • 理学療法学科の学生

    教員との対談

開講科目Curriculum

大学全体の設備紹介

キャリア・就職Career Support

卒業生就職率

2020年100%
2019年100%
2018年100%

高い就職率を支える
サポート体制

就職に関する悩み・不安を解消キャリアサポートセンター
学科教員による個別指導
求人票の検索が可能WEBポータルシステム
キャリア関連のイベント大学独自開催
サポートについて詳しく見る

就職・キャリア支援スケジュール※2019年予定

1年次
合同進路相談会、就職ガイダンス、就職対策講座
2年次
合同進路相談会、就職ガイダンス
3年次
合同進路相談会、就職ガイダンス、就職対策講座、みだしなみ講座
4年次
合同進路相談会、就職ガイダンス、就職対策講座、公務員対策講座
ページトップへ戻る