What's job

臨床検査技師ってどんな仕事?

放射線は、現代社会において医療・⼯業・農林⽔産業など、さまざまな分野に利⽤されています。医療における放射線(Ⅹ線)の利⽤は、⼈体を透過して内部の疾病構造をⅩ線写真として映し出す画像診断として早くから⾏われていました。診療放射線技師は、病気の早期発⾒、鑑別診断で⾏われる放射線画像検査や、がん治療などで⽤いられる放射線治療で活躍する医療専⾨職です。医療分野で医師、⻭科医師以外で⼈体に放射線を当てることができるのは診療放射線技師の国家資格を有する者だけです。

主な業務

診療放射線技師の主な業務は、画像検査と放射線治療に⼤きく分かれます。

画像検査
  • Ⅹ線検査
    (撮影、透視、造影、⾎管撮影、CTなど)

    Ⅹ線撮影は、体内を通過したⅩ線から疾患や⾻折の有無を調べる検査です。Ⅹ線撮影は、⼈体のあらゆる部位が対象となります。⼈体とは透過率の異なる液体物質(造影剤)を使って⾎管や消化器などを⾒えるようにしてⅩ線撮影を⾏う造影検査もあります。
    Ⅹ線は、⼈体を透過するもの以外に、⽣体に影響を及ぼす「被ばく」があり、利⽤するには注意が必要です。被ばくを最⼩限にするため、Ⅹ線をコントロールして最適なⅩ線検査を⾏うことも、診療放射線技師の重要な役割の⼀つです。

  • 核医学検査
    (ガンマカメラ、SPECT、PET等)

    放射性同位元素(アイソトープ、RI)を⽤いた核医学検査は、臓器や組織に特異的に集まる放射性医薬品を患者さんに注射し、体内に分布した放射性医薬品から出てくる放射線(ガンマ線)を検出するガンマカメラと呼ばれる検査機器で撮影します。

  • 放射線を使⽤しない画像検査
    ①磁気共鳴画像
    (Magnetic Resonance
    Imaging:MRI)検査

    強⼒な磁⽯と電波を使⽤した画像検査で、⼈体内部の構造や機能をさまざまな断⾯から⾒ることができる検査です。MRI検査の特徴は、放射線を使⽤しないため被ばくがなく、造影剤を使⽤しなくても⾎管の情報が得られ、さらに形態だけではなく、代謝や機能の画像を得ることができます。

  • 放射線を使⽤しない画像検査
    ②超音波画像検査

    密度が異なる物質の境目で超音波が反射する性質を利用する検査方法です。超音波検査もⅩ線などの放射線を使用しないため被ばくがなく、人体内部の状態を見ることができる画像検査です。

放射線治療
  • 放射線治療
    (リニアックによる体外放射線治療、
    密封⼩線源治療など)

    Ⅹ線や粒⼦線を⽤いて、特定の深さに偏在するがんを集中的に破壊する治療を放射線治療と呼びます。最近では、従来の定位放射線治療に加え、強度変調放射線治療IMRT(Intensity Modulated Radiation Therapy)と呼ばれる、コンピュータによる⾼速演算と治療計画を連動させた特殊照射法や3次元治療計画装置によって、複雑な放射線照射が可能となっています。
    また、放射線を出す⼩さな線源を⼈体に挿⼊して、局部的に放射線照射を⾏う治療を密封⼩線源治療と呼びます。

就職先、活動的る場所は?

医療機関

総合病院や特殊な専⾨病院、診療所や健診センターなどで、主に画像検査と放射線治療業務に就き活躍しています。早期発⾒・早期治療が健康社会として重要であると考えられている現在、医療機関の健診部⾨や健診センターは増⼤の傾向にあります。

医療機器関連企業

画像検査や放射線治療に⽤いる医療機器を販売する医療機器関連企業で働く診療放射線技師には、機器を研究開発する研究職や、病院等に勤めている診療放射線技師に機器の技術指導するアプリケーション・トレーナー、販売をする営業などがいます。

⼤学・研究機関

診療放射線技師を養成する⼤学・専⾨学校で、教職員として働く診療放射線技師も活躍しています。診療放射線技師を養成する多くの⼤学では、臨床経験のある診療放射線技師が重要であると考えられています。

スケジュール

日勤

8:30
始業点検

X線撮影装置の電源を⼊れて、始業点検を⾏います。
適正なX線が照射できるかどうか、正常にX線画像が表⽰するかなどの点検をします。

8:45
ミーティング

診療放射線技師が⼀堂に集まり、ミーティングを⾏います。
検査の予約状況、機器の動作状況などの情報共有をします。

9:00
X線検査

胸部Ⅹ線撮影や腹部Ⅹ線撮影、⾻撮影など、様々な検査がオーダーされてきます。RIS(放射線情報システム)の予約状況を確認し、電⼦カルテで、過去の検査情報を確認し、患者さんを撮影室に呼び⼊れて、Ⅹ線検査を実施します。
撮影したⅩ線画像は、デジタル画像としてリアルタイムに表⽰されるので、診断⽬的に最適な画像であることを確認して、PACS(医⽤画像情報管理システム)に画像を転送します。

12:00
休憩
13:00
X線CT検査

午後は、検査室をチェンジして、X線CT検査です。X線CT検査は、体の断⾯画像をコンピュータで再構成します。患者さんには、寝台に寝ていただき、X線を照射して、体全体のデータをスキャンします。
得られたデータから、3D画像などの画像処理を⾏い、診断⽬的に合致した画像が出来上がったら、PACS(医療画像情報管理システム)に画像データを送信します。

16:00
カンファレンス・定期点検

院内のカンファレンスに参加して、患者さんの情報共有を⾏います。
また、定期点検として、放射線画像機器の精度管理を実施することもあります。適正な管理で、適正な画像の提供と被ばく低減に努めます。

16:50
終業点検と後⽚付け

⼀連のX線検査が終了し、就業点検や翌⽇の準備を完了したら終業です。
場合によっては、交代で救急患者の対応を⾏う場合もあります。
また、当直制などの場合は、担当技師と交代します。

17:30
終業

就職状況

診療放射線技師の就職は、病院・医療機関などにおいて職員採⽤公募が出る場合は、退職者補充がほとんどです。
国公⽴系の総合病院、⼤学医学部附属病院、国⽴病院機構などの採⽤は、⼈気も⾼く、採⽤試験も難関です。

給与

国公⽴系の医療機関の場合は、公務員の⾝分として、医療職給料表が適応されます。所管する⾃治体により、給与体系は異なりますが、⽐較的昇級は安定して、退職時までの⾝分も保障されます。また、⺠間の医療機関は、医療法⼈としての経営⺟体を持つものが多く、採⽤時の給与は、⼀般的な職業よりも⾼く設定されています。2018年度⽇本診療放射線技師会調査による診療放射線技師の平均⽉収は、400,976円(平均年齢43.8歳、平均勤務経験21.3年、平均勤続年数16.9年)です。これらの⾦額には時間外⼿当が含まれており、その他に放射線作業⼿当などの諸⼿当が加算されます。

国家試験合格率※
86.1%
※・・・2021年度国家試験合格率(全国平均)

診療放射線技師に必要とされる適性

医療の現場は⽇々、新しいことの連続です。診療放射線技師が扱う機器も開発や発展が⽬覚ましく、最新機器が導⼊されれば新しい技術や知識を取り⼊れなければなりません。そのため、診療放射線技師は常に「向上⼼」を持つことが必要です。

また、診療放射線技師は、画像検査機器や放射線治療機器の操作に振り回されることなく、⾃分の⼿⾜のように⾃在に扱い、求められる業務をより効果的かつ効率的に遂⾏できる能⼒が必要となります。
さらに診療放射線技師の⾏う画像検査や放射線治療は、病気に苦しむ患者さんと直⾯し、その苦しみや痛みを理解した上で、適切な検査・治療を⾏うことが必要となるため、瞬時に相⼿の気持ちや状況が把握できる⾼度な医療コミュニケーションにおける⾼い「センス」が求められます。放射線に関連する知識や技術はもとより、広く医学や科学に対する知的好奇⼼も求められます。

診療放射線技師は、患者さんとコミュニケーションを取り、放射線の健康への影響に対する不安を取り除き、適切な医療を⾏うことが必要です。巨⼤で無⾻な放射線機器を⾒るだけで、恐怖と不安を感じる患者さんもいます。そうした時に、ちょっとした⼼配りで相⼿の気持ちを和ませる「明るさ」や「温かさ」も必要です。
診療放射線技師には、このような「向上⼼」「センス」「明るさ」「温かさ」などのスキル(能⼒)を持つことが重要です。

診療放射線技師になるために

放射線学科をCHECK!!