群馬パース大学ロゴ

教員紹介

ACADEMICIAN

松岡 雄一郎 MATSUOKA Yuichiro

  • 医療技術学部 臨床工学科
  • 准教授

研究分野

生体医工学、Interventional MRI

学位

博士(工学)

経歴

2001年3月 佐賀大学大学院工学系研究科博士後期課程システム生産科学専攻 修了・博士(工学)取得
2001年4月 京都大学大学院医学系研究科附属高次脳機能研究センター リサーチアソシエイト 
2002年4月 京都大学大学院医学系研究科附属高次脳機能研究センター 研究機関研究員(講師)
財団法人先端医療振興財団先端医療センター映像医療研究部 客員研究員
2003年4月 財団法人先端医療振興財団先端医療センター映像医療研究部(2005年4月改組により分子イメージング研究グループ) 研究員 
2007年12月 神戸大学大学院医学研究科内科学講座消化器内科学分野 学術研究員(特務准教授)
2010年4月 公益財団法人神戸国際医療交流財団公益事業室(2011年より研究開発部) 主任研究員
2013年4月 独立行政法人情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター(2015年4月より国立研究開発法人、2021年より未来ICT研究所脳情報通信融合研究センター) 主任研究員
2022年4月 群馬パース大学医療技術学部臨床工学科 准教授

研究内容

非侵襲および低侵襲診断や治療の性能、効果を向上させるための技術、および安全性に関して、電気・電子工学、電磁気学など工学の観点から研究を行っています。
①MR内視鏡システム開発に関する研究
②血管内RFコイル開発に関する研究

研究実績詳細

主な研究業績
(論文)
(1)U. Choi, H. Hirokazu, Y. Matsuoka, et al., Brain tissue segmentation based on MP2RAGE multi-contrast images in 7T MRI, PLoS ONE, 14(2): e0210803, 2019
(2)T. Matsunaga, Y. Matsuoka, S. Ichimura, et al., Multilayered receive coil produced using a non-planar photofabrication process for an intraluminal magnetic resonance imaging, Sensors and Actuators A: Physical, 261:130-139, 2017
(3)松永忠雄、松岡雄一郎、中園正芳、他、小型可変容量を用いた体腔内MRIプローブの開発、電気学会論文誌E, 136巻, 5号, pp.153-159, 2016
(4)Y. Matsuoka, E. Kumamoto, M. Sugimoto, et al., Integrated MR-laparoscopy system with respiratory synchronization for minimally invasive liver surgery, Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, 17(5):622-628, 2010
(5)H. Yoshinaka, Y. Morita, Y. Matsuoka, et al., Endoluminal MR imaging of porcine gastric structure in vivo, Journal of Gastroenterology, 45(6):600-607, 2010
(6)Y. Morita, H. Kutsumi, H. Yoshinaka, Y. Matsuoka, et al., Newly developed surface coil for endoluminal MRI, depiction of pig gastric wall layers and vascular architecture in ex vivo study, Journal of Gastroenterology, 44(5):390-395, 2009

(学会発表)
(1)Y. Matsuoka, Y. Morita, Y. Hashioka, et al., Visualization of porcine gastric ulcer in vivo using intracavitary RF probe and its navigation system, Proc. the 23rd annual meeting & exhibition of the ISMRM, p.870, 2015 (Toronto)
(2)Y. Matsuoka, A. Takahashi, E. Kumamoto, et al., High-resolution MR imaging of gastrointestinal tissue by intracavitary RF coil with remote tuning and matching technique for integrated MR-endoscope system, Conf. Proc. the 35th annual international conference of the IEEE Eng. Med. Bio. Soc., pp.5706-5710, 2013 (Osaka)

その他

  • 【主な学会活動】

    国際磁気共鳴医学会(ISMRM: International Society for Magnetic Resonance in Medicine)
    国際磁気共鳴医学会日本支部会(ISMRM Japanese Chapter)
    日本磁気共鳴医学会
    日本生体医工学会
    計測自動制御学会

PR

治療・診断の性能や安全性向上を目指して、臨床工学科でも扱う電気・電子工学や電磁気学を応用した医療機器や技術の研究開発を行っています。

メッセージ

臨床現場で活躍するための知識、技能の修得と同時に、医療の発展に資する研究も視野に入れて勉学に励んで下さい。人間性を磨くことも忘れずに。