群馬パース大学ロゴ

教員紹介

ACADEMICIAN

宮寺 寛子 MIYADERA Hiroko

  • リハビリテーション学部 作業療法学科
  • 准教授

研究分野

災害・地域

経歴

学歴
2005年    広島大学医学部保健学科作業療法学専攻卒業
2005-2009年 医療法人社団朋和会西広島リハビリテーション病院勤務
2010-2012年 医療法人慈生会前原病院勤務
2012-2014年 広島大学大学院医歯薬保健学研究科前期博士課程修了 修士(保健学)

職歴
2014-2015年 福嶋学園福嶋リハビリテーション学院 専任教員
2015-2017年 文京学院大学保健医療技術学部作業療法学科 助手
2017-2020年 文京学院大学保健医療技術学部作業療法学科 助教
2020年    群馬パース大学

研究内容

災害後、被災地域で生活を続ける方々が生活を再構築するプロセスに興味があります。 地域で暮らす人々の健康的な生活を支援するため、作業療法が貢献できることを知りたいと思っています。

研究実績詳細

(1)Hiroko Miyadera, Hironori Kawamata, Atsuko Tanimura, Toshihiro Ishidai, Noriazu Kobayashi. Efficacy of a program to address older adults’ challenges of daily living after disasters. Educational Gerontology, 46(12), 2020.
(2)嶋﨑寛子,川又寛徳,小林法一他:活動・参加に焦点を当てた作業療法プログラムが再建期における被災高齢者の生活課題に及ぼす影響に関する予備的研究.日本保健科学学会誌22(3):110-118, 2019.
(3)嶋﨑寛子,宮口英樹,石附智奈美他:南相馬市における仮設住宅住民の震災後の生活の特徴.日本プライマリ・ケア連合学会誌38(2):131-139,2014.
https://researchmap.jp/miyaderahiroko

その他

  • 【主な学会活動】

    日本作業療法士協会
    日本作業行動学会
    公衆衛生学会
    日本プライマリケア連合学会

PR

美味しくご飯を食べる.仲間と談笑する.という当たり前のことを全力で楽しみながら生きていきたいと思っています.

メッセージ

二兎追う者だけが二兎を得る. 自身の人生を,毎日を,貪欲に楽しんでいただきたいです.