群馬パース大学ロゴ

教員紹介

ACADEMICIAN

村田 和香 MURATA Waka

  • リハビリテーション学部 作業療法学科
  • リハビリテーション学部長・教授

研究分野

作業療法学・老年学

学位

博士(保健学)

大学院

保健科学研究科 保健科学専攻
特別研究指導教員

  • 博士前期課程

    リハビリテーション学領域

    作業療法学特別研究/作業療法理論

    作業を治療に用いてきた作業療法の実践の可視化、すなわち、論理的に説明し、実証的に明らかにすることを目的とした研究を目指します。人と環境、作業の相互作用、作業と健康の関連性、および、作業療法の効果判定の確立等について、説明することを目標としています。

研究や大学院進学についての質問・相談などを受付けています。

経歴

1984年      北海道大学医療技術短期大学部作業療法学科卒業
1984-1987年  医療法人聖愛会発寒中央病院勤務
1987-1994年  北海道大学医療技術短期大学部作業療法学科助手
1994-1995年  北海道大学医療技術短期大学部作業療法学科講師
1996年      北海道教育大学大学院教育学研究科修士課程修了 修士(教育学)
1996-2003年  北海道大学医療技術短期大学部作業療法学科助教授
2003-2008年  北海道大学医学部保健学科作業療法学科教授
2004年      広島大学大学院医学系研究科博士後期課程修了 博士(保健学)
2008-2019年  北海道大学大学院保健科学研究院教授
2019年      群馬パース大学
2021年      群馬パース大学リハビリテーション学部長
         群馬パース大学リハビリーション学部作業療法学科 教授

研究内容

作業療法学、作業行動、老年期作業療法学を専門とします。作業療法の歴史、作業行動理論と関連諸理論、作業行動と健康との関連性について、また、地域で生活するためのヘルスプロモーションを追及しています。
個々人の大切な「作業」を焦点とし、健康な生活を獲得するための作業療法の在り方を考え、その効果を研究しています。

研究実績詳細

(1)村田和香: “私らしさ”を支えるための高齢期作業療法10の戦略、医学書院、2017
(2)Risa Takashima, Waka Murata & Kazuko Saeki: Movement changes due to hemiplegia in stroke survivors: a hermeneutic phenomenological study. Disability and Rehabilitation, DOI 10.3109/09638288.2015.1107629, 2016
(3)Shigekazu Ukawa, Waka Murata,et.al.: A randomized controlled trial of a Functioning Improvement Tool home-visit program and its effect on cognitive function in older persons. International Journal of Geriatric Psychiatry Article first published online;4 JUL 2011

PR

新らしいものを創り出す、自分の知識を増やす、違った考えのあることを知る。こういったことは、うきうきワクワクの気分になります。そんな気持ちを大切に挑戦したいと考えています。

メッセージ

知的好奇心が人を知る、生活を知る、人生を知るうえで、最も必要なものと思います。保健科学を学ぶものは、自ら得た知識を自分のQOL(quality of life)の追求に活用していただきたいです。