群馬パース大学ロゴ

教員紹介

ACADEMICIAN

城下 貴司 SHIROSHITA Takashi

  • リハビリテーション学部 理学療法学科
  • 講師

研究分野

運動学

学位

博士(スポーツ科学)

経歴

学歴
麻布大学獣医学部獣医学科2年次修了後中退
国立療養所箱根病院付属リハビリテーション学院理学療法学科卒業
電気通信大学システム工学科(バイオメカニズム研究室)工学学士号取得
国立大学法人筑波大学大学院体育研究科健康科学科
(スポーツ医学研究室)体育学修士号取得
早稲田大学大学院スポーツ科学研究科 スポーツ科学博士号取得
早稲田大学大学院スポーツ科学研究科 招聘研究員として所属

職歴
国立療養所村山病院(現:村山医療センター)
医療法人社団慶優会増本整形外科クリニック
埼玉医療福祉専門学校 理学療法学科専任教員

研究内容

臨床現場では、スポーツ傷害だけでなく骨運動器疾患全般的にみています、特に入谷式足底挿板療法は積極的に行っています。またAustraliaでCertificate in Orthopaedic Manual Therapyも取得し徒手療法も得意です。東京都で高校野球のメディカルサポートもしています。 研究領域では、足関節の運動学からみた身体運動のメカニズムを主に研究しています。

研究実績

<主な論文>
(1) 城下貴司, 野村紗弥可, 松浦武史, 体軸回旋テストと歩幅との関係 自動体幹テストの臨床的意義. 理学療法ジャーナル(0915-0552), 2006. 40(9): p. 783-788.
(2)城下貴司, 野村紗弥可, 松浦武史, Heel Padが歩行に及ぼす影響についての検討. 日本足の外科学会雑誌(0916-7927), 2004. 25(1): p. S58.
(3)Shiroshita T, Fukubayashi T: Comparison of Towel-gathering Exercise and Toe Exercises for the Painful Accessory Navicular. J Phys Ther Sci, 2011, 23 (3): 455-458.
(4)Shiroshita T, Fukubayashi T. Surface Electromyogram Analysis of Toe Exercises : a Comparison of Toe Function. J Phys Ther Sci. 2012;24(1):59-62.等
(5)Shiroshita T, Fukubayashi T. Surface Electromyogram Analysis of Toe Exercises : a Comparison of Toe Function. J Phys Ther Sci. 2012;24(1):59-62.等
(6)城下貴司 福林徹, タオルギャザリングエクササイズの表面筋電図解析 足趾機能の比較. 日本足の外科学会雑誌(0916-7927), 2012. 33(1): p. 11-15.
(7)城下貴司 福林徹, 足趾エクササイズが足内側縦アーチに及ぼす影響について. 理学療法科学, 2012. 27(4): p. 397-400.
(8)城下貴司 福林徹, 足内側縦アーチ計測の信頼性の検討. 日本臨床スポーツ医学会誌(1346-4159), 2013. 21(3): p. 709-715.
(9)城下貴司 福林徹, 歩行における足内側縦アーチと足関節モーメントとの関係. 日本足の外科学会雑誌(0916-7927), 2014. 35(1): p. 33-36.

<主な学会発表>
(1)Shiroshita, T., T. Fukubayashi, and M. Takahashi, Do you think towel gathering exercise in an effect of the pain inhibition for painful accessory navicular? 11th Internaional Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2010: p. 90.
(2)Shiroshita, T. and T. Fukubayashi, Comparison of Towel-gathering Exercise and Toe Exercises for the Painful Accessory Navicular. J Phys Ther Sci, 2011. 23(3): p. 455-458.
(3)Shiroshita, T. and T. Fukubayashi, The Relationship Between The Toe Exercises And The Medial Longitudinal Arch. 59th Annual Meeting and 3rd World Congress ]on Exercise is Medicine of the American College of Sports Medicine, 2012. Vol. 44 No. 5 Supplement: p. S668.
(4)Shiroshita, T. and T. Fukubayashi, The Relationship Between the Toe Exercises and the Medial Longitudinal Arch of the Foot. 18th Annual Congress of the ECSS, 2013: p. 497.
(5)Shiroshita, T. and T. Fukubayashi, The Relationship Between the Toe Exercises and the Medial Longitudinal Arch of the Foot. 19th Annual Congress of the ECSS, 2014: p. 182.
(6)城下貴司, 野村紗弥可, and 松浦武史, 体軸回旋系からみた歩幅に対するアプローチの検討 自動体幹テストを用いた評価と治療. 理学療法学(0289-3770), 2004. 31(Suppl.2): p. 479.
(7)城下貴司, 野村紗弥可, 松浦武史, 坐位バランスと歩幅との関連性. 理学療法学(0289-3770), 2005. 32(Suppl.2): p. 382.
(8)城下貴司, シンスプリントに対する臨床的治療展開の検討. 理学療法学(0289-3770), 2006. 33(Suppl.2): p. 215.
(9)城下貴司, Heel Padが歩行に及ぼす影響についての検討. 日本足の外科学会雑誌(0916-7927), 2007. 28(2): p. 91-95.
(10)城下貴司, アキレス腱炎に対する臨床的治療展開の検討. 理学療法学(0289-3770), 2007. 34(Suppl.2): p. 135.
(11)城下貴司, 有痛性外脛骨に対する臨床的治療展開の検討. 理学療法学, 2008. 35(Suppl.2): p. 486.
(12)城下貴司, 足関節捻挫に対する臨床的治療展開の検討 タオルギャザーの臨床的意義. 理学療法学, 2010. 37(Suppl.2): p. 1046.
(13)城下貴司 福林徹, 足趾エクササイズと内側縦アーチの関係. 理学療法学(0289-3770), 2012. 39(Suppl.2): p. 0215.
(14)城下貴司 福林徹, 足趾エクササイズと内側縦アーチの関係-横断研究による試み-. 理学療法学(0289-3770), 2012. 39(Suppl.2): p. 0215.
(15)城下貴司 福林徹, 足趾エクササイズと内側縦アーチの関係-縦断研究による試み-. 理学療法学, 2013. 40
(16)城下貴司 福林徹, 足趾エクササイズと足内側縦アーチの形態学的関係性. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌(1340-8577), 2014. 34(4): p. 561.

その他

  • 【主な学会活動】

    日本理学療法士協会
    日本スポーツ整形外科学会
    臨床スポーツ医学会
    日本足の外科学会
    理学療法科学学会
    European College of Sport Science American College of Sports Medicine
    徒手的理学療法研究会
    身体運動研究会
    バイオメカニズム学会など

    その他
    専門理学療法士(運動器)、認定理学療法士(スポーツ) Certificate in Orthopaedic Manual Therapy( in Australia) Certificated Mulligan Practioner(CMP) 日本理学療法学術大会、Journal of Physical Therapy Science 査読者 理学療法科学学会優秀論文賞選考委員 徒手的理学療法研究会 評議員

メッセージ

現在の理学療法士は標準化することが求められています。臨床をベースにした教育と研究のバランスがとても重要ということだと思います。そのことは古くから言われてきました、しかしながら具現化されていません。なぜなら、その3つをバランスよく行うことは何十年もかかるからです。私もそれを目指して頑張っています。