群馬パース大学お仕事紹介書 看護師を見る 保健師を見る 助産師を見る 臨床検査技師を見る 臨床工学技士を見る 理学療法士を見る 診療放射線技師を見る その他の仕事を見る

調べてみたい医療専門職を選択してください。

臨床検査技師

どんな仕事?

患者さんから採取した血液・尿の分析、心電図、超音波検査などから得られる生体情報の分析と解析、患者さんから摘出された組織を用いての組織学的検査を行う医療専門職を指します。近年は遺伝子検査やNMR(核磁気共鳴検査)も行っております。

また、臨床検査技師には、検査の専門家としていくつかの特別な医療行為が認められています。患者さんに直接触れて検査する生理機能検査や、患者さんから血液を採取する採血行為などがそれに当たります。特に採血行為は検査目的のものに限られますが、数ある医療職の中でも限られた職種にしか認められていない特別行為であり、臨床検査技師という職種が国家資格である理由の1つでもあります。

主な業務

生体(生理機能)検査

専用の機器などを用いて患者さんに直接接して行う検査です。

呼吸機能検査
口から出入りする空気の量やガスの質などを分析して、肺の状態を調べます。
心音図検査
心臓の音を視覚化することで、心臓の弁の異常や、血液の逆流などの心臓に関する異常を調べます。
脈波検査
血圧や容積脈、圧力波を測定し血管の細さや詰まりを調べ、動脈硬化の指標にもなります。
超音波検査
身体に超音波を当てて得られる画像情報から、様々な臓器の状態を調べる検査で、腫瘤(しゅりゅう)、結石などの異常のほか胎児の動きなどを診るのにも利用します。
筋電図検査
筋肉細胞が興奮する際に発生する活動電位を記録する検査で、進行性筋ジストロフィー症や重症筋無力症のような筋疾患の診断に利用します。
脳波検査
頭皮上に電極を付けて脳の電気活動を記録することで脳血管障害などの脳に関する異常を調べます。
磁気共鳴画像検査
磁気発生装置で身体に磁気を当て、体内の状態を画像化する検査で、様々な疾患の診断に利用します。
Ⅹ線CTと異なり放射線による被ばくの心配はありません。
聴力検査
外部の音を遮断した静かな部屋で特殊な装置を用いて音の聴き取り能力を調べる検査で、難聴の診断や治療効果の判定などに利用します。
眼底写真検査
眼の網膜の変化を眼底カメラで写真に撮り、動脈硬化や糖尿病などで起こる微小変化を探ります。
味覚検査
微弱な電気刺激を与えたり、味がついた濾紙を舌の上にのせたりして味覚の障害を調べます。
臭覚検査
基本的な「におい」を嗅がせ臭覚の障害を調べます。

検体検査

血液や尿、便など患者さんから採取した検体を用いて行う検査です。

一般検査
主に腎機能の異常を調べる尿検査や、消化管出血、寄生虫などを調べる便検査のほかに、髄液や腹水などの体液の異常を調べる検査もこれに該当します。
生化学検査
血液や尿の中に含まれる様々な化学物質を測定することにより生体内の異常シグナルを捕える検査で様々な疾患の診断、治療効果判定などに利用します。
微生物学検査
細菌感染を受けた臓器の分泌液や血液などから、病気の原因となっている細菌を検出する検査です。
また、既に感染している細菌に対する抗菌薬の効果を調べるのもこの検査に該当します。
免疫血清学検査
主に、細菌やウイルスなどの外部から体内に侵入した病原体に対抗して作られる抗体の有無や量を調べます。
生体内で作られた抗体の種類や量的変動から、病原体の同定や治療効果判定などに利用します。
病理学検査
手術や内視鏡などで採取された組織や細胞を顕微鏡で観察して、癌などの異常細胞がないかどうかを調べる検査です。
この検査により、病変の種類や浸潤度、悪性度などがわかり、治療方針や予後判定などにも利用します。
遺伝子・染色体検査
遺伝因子を決める染色体や遺伝子の変化を調べる検査で、遺伝病の診断だけでなく、DNAの増幅によるウイルスの同定やがん遺伝子の検出などもこの検査に該当します。
輸血・臓器移植関連検査
輸血療法を行う際の血液型検査や交差適合検査のほか、臓器移植の際に行う臓器適合検査もこの検査に該当します。

就職先、
活躍できる場所は?

医療機関
国公私立の大学病院や総合病院、中小規模病院、医院などの他、検査センター、健診センターなどが該当します。
保健所
地域の公衆衛生活動の中心となる公的機関で、保健所法に基づいて各都道府県に設置されています。主な業務は、地域保健に関する思想の普及および向上、栄養の改善や食品衛生、環境衛生、疾病の予防、衛生上の試験および検査などで、臨床検査技師の資格を活かせる職場です。
食品衛生センター
食品・化粧品・医薬品等に関する微生物、理化学試験を行う施設で、臨床検査技師の知識と技術を活かして様々な検査を担当することができます。
臨床検査機器・試薬販売企業 臨床現場で使用する種々の分析装置の製造・販売を行う企業で、臨床検査技師はその知識を活かして、営業や学術担当などに従事します。
科学捜査研究所
科学捜査研究所の業務は、心理学分野鑑定、文書鑑定、物理学分野鑑定、化学分野鑑定、法医学分野鑑定などがありますが、このうち、法医学分野鑑定は、血液や体液、あるいはDNA、硬組織、軟組織等などの鑑定を主な業務とし、臨床検査技師も携わることができます。
教育研究機関 大学卒業後、さらに大学院(修士・博士課程)へ進学し、大学教員や研究職として企業の研究開発部門への就職を目指すこともできます。
その他

MR(医薬情報担当者)

MRとはメディカル・リプレゼンタティブ(Medical Representative)の頭文字をとったもので、医薬品メーカーの医薬情報担当者のことを意味します。
MRは自社の医薬品に対する情報を正確に医療関係者に伝達し、適正な使用と普及を目指すと同時に、担当エリアの医師・薬剤師に対して面会の上、医薬品情報を提供することを主な業務としています。

認定臨床エンブリオロジスト(胚培養士)

ヒト配偶子を取り扱う特殊技能を身につけた医療技術者のことで、医療機関で顕微授精や人工授精などの業務に従事します。

CRC(治験コーディネーター)

治験とは、医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、薬事法上の承認を得るために行われる臨床試験のことで、治験コーディネーター(CRC:Clinical Research Coordinator)はその治験に参加する患者さん(被験者)の人権を守り、治験を円滑に進めるためのサポートを主な業務としています。

日本糖尿病療養指導士

糖尿病とその療養指導に関する幅広い専門知識をもち、患者さんの生活を理解し、適切な自己管理がおこなえるよう援助する役割を持つ医療技術者のことで、臨床検査技師の資格取得後に受験が可能となる認定資格です。

仕事の流れをCheck!

※大規模病院での検査業務の
1日の流れの一例です。

8:30

検査機器の立ち上げと測定試薬や精度管理試料の準備

検査を行うため搬送システムおよび各測定機器の電源を投入し、運用前に試薬流路や試薬・試料吸引部分の洗浄を行います。
また、夜間に使用した測定試薬の確認を行い、校正用試料や精度管理用試料の作製・準備をします。

測定機器の校正と精度管理および患者検体の受付整理

測定機器による校正用試料と精度管理用試料を測定し精度管理を実施します。
精度管理の管理限界を超えている場合は、マニュアルに沿って対応します。
校正や精度管理試料を測定している間に、病棟から届いている検体の受付と整理を行います。

外来患者検体の整理と測定開始

精度管理が正しく行われていることを確認したら、検体搬送システムと繋ぎリアルタイムに測定可能状態にします。
そして外来患者さんの検体が採液室より届き始めたら、検体の受付・遠心分離・搬送システムへの検体投入を行います。検体の測定が開始されたら、常に検体結果モニターで異常値がないか確認し、緊急を要する値が出たら主治医に連絡します。

外来採血業務

外来採液室にて交代で採血業務を行います。

12:00

休憩

交代で休憩を取ります。

14:00

検査室の管理と研究検体の測定

ISO15189継続のための管理業務として冷蔵庫の温度チェックや検査工程チェックなど各種チェック表の確認を行います。
また、日常検査とは別に他科から依頼されている研究用検体や診療外検体を測定します。

夜間および翌日業務と測定機器のメンテナンスの準備・夜間業務への引き継ぎ

測定機器のメンテナンス

17:30

終業

データで見る
「臨床検査技師」

求人件数※1
254
国家試験合格率※2
全国平均75.2%
群馬パース大学91.7%
新卒基本月給※3
20万円前後

※1・・・2018年度群馬パース大学求人数

※2・・・2018年度国家試験合格率。本学の合格率は2019年3月卒業生実績。

※3・・・病院勤務の臨床検査技師のおおよその月給。この他に夜勤手当などの諸手当が付きます。同じ臨床検査技師でも専門学校、短期大学、大学などの学歴によって数千円~2万円くらいの差があるようです。

臨床検査技師に
必要とされる適性

医学の世界は日々進歩しており、常に勉強することが求められます。臨床検査技師は、取り扱う検査機器などが多岐にわることから、最新の専門的な知識や技術を身につけなければなりません。したがって、医学・科学に興味を持ち続け、勉強熱心で知識と技術の習得に積極的な人が求められます。また、臨床検査は機械化が進んでいる反面、人の手に頼る細かい作業を強いられる分野もあり、そのため手先が器用で根気よく、正確に作業を続けることのできる人や丁寧に作業を進めることが出来る人も求められています。

現在の医療は、医師をはじめとする他職種との連携による「チーム医療」に取り組んでいます。チーム医療では、特に高いコミュニケーション能力が求められます。多職種との連携を図れる協調性や、患者さんに優しく接することができる能力が適性として求められます。

臨床検査技師になるために

群馬パース大学公式Twitter
@gunma_paz

群馬パース大学公式Facebook
@gunma.paz.univ

トップへ戻る