群馬パース大学ロゴ

受験生サイト 資料請求

お知らせNEWS

2021.7.23
お知らせ

【在学生】臨地・臨床実習中及び夏季休業中の行動について

8月から大半の学生が夏季休業に入ることとなりますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、引き続きその間の行動についても十分注意する必要があります。群馬県では、2021年7月15日に「群馬県社会経済活動再開に向けたガイドライン(改訂版)」で定める警戒度「2」が7月19日以降も継続される旨、発表がありました。本学では臨地・臨床実習中及び夏季休業中の行動について下記を基準としますので、これらを遵守することはもちろん、医療従事者を志す学生としての自覚を持った行動をお願いします。

 

<臨地・臨床実習中の行動> ※前後の期間を含む

・マスク・手指消毒等の感染症予防の徹底

・実習施設の感染症対策の遵守

・不要な集会・飲み会・食事会等の禁止

 

<夏季休業中の行動>

・不要なイベントへの参加禁止

・各種「感染防止や事業再開へのガイドライン」等を遵守しない店舗でのアルバイト禁止

・国の緊急事態宣言措置及びまん延防止等重点措置対象地域への移動の自粛

・不要な集会・飲み会・食事会等の禁止

・部会・サークル活動については、8月末まで禁止

*本学では新型コロナウイルスワクチンの大学拠点接種を実施するため、2回目のワクチン接種終了後一定の観察期間を経るまで上記対応とします。9月からの活動については改めて判断の上、連絡します。

 

1)上記は全学科・学年共通です。

2)毎日の検温は引き続き実施し、異常を感じた場合は必ず担任又はチューターに連絡してください。夏季休業中のGoogle Classroomによる体調管理の報告については停止します(報告は7/30まで)。臨地・臨床実習中の体調報告は学科からの指示に従ってください。

3)上記事項に反する行動が確認された場合、懲戒処分(退学・停学等)となる場合があります。

 

群馬パース大学          

学長 栗田 昌裕       

新型コロナウイルス感染症対策委員会

委員長 木村 博一      

ページトップへ戻る