群馬パース大学ロゴ

公的研究費

PUBLIC RESEARCH FUNDING

公的研究費
公的研究費の適正管理及び研究活動における不正行為への対応に関する取組み

群馬パース大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査ガイドライン(実施基準)」(文部科学大臣決定平成19年2月15日、令和3年2月1日改正)および「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(文部科学大臣決定平成26年8月26日)に基づき、公的研究費の適正管理及び研究活動における不正行為への対応に関して以下の取り組みを行っています。今後とも、本学における公的研究費の適正な運営・管理の基盤となる環境及び体制を見直しながら、研究活動を行うことに努めます。

本学での責任体制等について

本学における各責任者等と権限、及び相関関係は以下のとおりです。

公的研究費に関する取組み

■ 適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

公的研究費等については、法令等を遵守するとともに、本学が定める「行動規範」「公的研究費の管理・監督に関する規程」に基づいて、適正な運営・管理を行っています。


■ 誓約書の提出(お取引業者様)

お取引の業者様におかれましても、誓約書のご提出をお願いしています。本学関係諸規程等および「公的研究費による取引に関する基本事項」をご一読の上、誓約書をご提出ください。


■ 事務処理及びルール等の本学内外からの相談窓口

〒370-0006 群馬県高崎市問屋町1-7-1
群馬パース大学 総務課
TEL : 027-365-3374(総務課直通)/ E-mail:paz-soumu@paz.ac.jp

■ 不正使用告発等受付窓口

学内外からの告発等の窓口を以下のとおり設置しました。窓口では、告発者の保護を図りながら、最高管理責任者に連絡し、適切な処理を行います。告発される方は留意事項をご確認の上、以下の様式をご使用ください。

留意事項

  • ・告発者の氏名および連絡先を記入してください。告発の内容を把握するために、連絡をさせていただくことがあります。
  • ・不正の内容について、本申立書に記入しきれない場合は、任意の用紙に記入してください。
  • ・告発者は、告発を行ったことを理由に不利益な取り扱いを受けることはありません。
  • ・調査の結果、悪意に基づく通報であることが判明した場合には、氏名の公表や懲戒処分等の措置を行うことがあります。

〒370-0006 群馬県高崎市問屋町1-7-1
群馬パース大学 総務課
TEL : 027-365-3374(総務課直通)/ E-mail:paz-soumu@paz.ac.jp

■ 不正行為告発等受付窓口

学内外からの告発等の窓口を以下のとおり設置しました。窓口では、告発者の保護を図りながら、最高管理責任者に連絡し、適切な処理を行います。告発される方は留意事項をご確認の上、以下の様式をご使用ください。

留意事項

  • ・告発者の氏名および連絡先を記入してください。告発の内容を把握するために、連絡をさせていただくことがあります。
  • ・不正の内容について、本申立書に記入しきれない場合は、任意の用紙に記入してください。
  • ・告発者は、告発を行ったことを理由に不利益な取り扱いを受けることはありません。
  • ・調査の結果、悪意に基づく通報であることが判明した場合には、氏名の公表や懲戒処分等の措置を行うことがあります。

〒370-0006 群馬県高崎市問屋町1-7-1
群馬パース大学 総務課
TEL : 027-365-3374(総務課直通)/ E-mail:paz-soumu@paz.ac.jp

■ 関連規程

研究倫理教育

「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)の通知に基づき、不正行為を事前に防止し、公正な研究活動を推進するためには、研究機関において研究者等に求められる倫理規範を修得等させるための、研究倫理教育の実施が求められています。

■ 2020年度 研究倫理教育講習会について

以下のとおり開催いたしました。

テ ー マ:
「指針統合」

日   時:
2021年2月1日(月)13:00~14:30

場   所:
Google Meetによるオンライン開催

講   師:
一家 綱邦 氏(国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 生命倫理・医事法研究部 医事法研究室 室長)


後日、当日の内容をオンデマンド配信し、全対象者に理解度確認テストを実施いたしました。

■ 研究倫理教育(eL CoRE)プログラムの受講について

本学で開催する研究倫理教育講習会に万が一参加できなかった教員へ、下記の研究倫理教育プログラムの受講を求めております。

・日本学術振興会 研究倫理eラーニングコース[eL CoRE]

コンプライアンス教育

「研究機関における公的研究費の管理・監査ガイドライン(実施基準)」(文部科学大臣決定平成19年2月15日、令和3年2月1日改正)の通知に基づき、不正を事前に防止するために、機関が競争的研究費等の運営・管理に関わる全ての構成員に対し、自身が取り扱う競争的研究費等の使用ルールやそれに伴う責任、自らのどのような行為が不正に当たるのかなどを理解させることを目的として、コンプライアンス教育の実施が求められています。

■ 2020年度 コンプライアンス講習会について

以下のとおり実施いたしました。

テ ー マ:
「外部資金の適切な活用と研究管理」

日   時:
2021年2月18日(木)15:00~16:30

場   所:
Google Meetによるオンライン開催

講   師:
藤田 清貴 / 木村 隆(コンプライアンス責任者 / 財務部長)


後日、当日の内容をオンデマンド配信し、全対象者に理解度確認テストを実施いたしました。

ページトップへ戻る