群馬パース大学 群馬パース大学

リハビリテーション学部(仮称)特設ページ

リハビリテーション学部(仮称)特設ページ

2021年4月開設予定[設置構想中]

リハビリテーション学部(仮称)

  • 作業療法学科(仮称)
  • 言語聴覚学科(仮称)
  • 理学療法学科

新しい群馬パース大学

群馬パース大学は、
2021年4月より2学部7学科
新たなステージへ。

学部の構成
保健科学部を見る

リハビリテーション学部(仮称)

FACULTY OF REHABILITATION

『障害者』のレッテルは
もういらない

リハビリテーションの役割は、単に病気や障害の治療にとどまらず、
生活の再建、社会への参加、心の問題への対応も含めて、
「自分らしく生きる」を大切にアプローチすることにあります。
人生100年の時代に、子どもから大人までのあらゆるライフステージにおいて、
障害を持つ方と専門職がチームを組んで、多面的に評価し、治療支援していくことにより、
「自分らしく生きる」可能性がひろがります。
義足をつけて8メートル飛ぶ幅跳びの選手、激しく激突する車いすラグビーの選手、
松葉づえでかっこよく踊るダンサー、感動的な演奏をする義手のバイオリニストや
耳の聞こえないピアニスト、心が洗われる作品を描き出すダウン症の書道家の活躍は、
障害者とひとくくりにできるものではありません。

『自分らしく生きられる』
サポート社会をつくる

現在、「障害者」の定義は、「身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、
そのほかの心身の機能の障害がある者であって、障害および社会的障壁により継続的に
日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にある者」、とされています。
「自分らしく生きる」ことを支えることにより、
障害者というレッテルは必要のないサポート社会をつくる。
そんなプロフェッショナルを目指す教育をします。

3学科で構成される「リハビリテーション学部(仮称)」 3学科で構成される「リハビリテーション学部(仮称)」

人生100年時代の「生活」「人生」を支える
プロフェッショナルになる

地域社会での活躍を
目指し学ぶ

リハビリテーションは医療や保健、福祉のみならず、教育や製品開発などへ広がっています。また、病院から地域へ、施設から在宅へと大きくシフトしているために、生活の視点が重要となります。人間の健康を生活の視点からとらえるICFを基盤として、身体・心・運動・つながり・社会・生活の側面から総合的な視点をもって支援できる専門職を目指し学ぶ授業内容となっています。 ICFとは

多職種連携を学ぶ

リハビリテーションには多職種連携が欠かせません。本学では多くの医療関連学科を有し、全学的に多職種連携教育を進めています。障害を持つ人や子ども、高齢者を中心とした医療を学ぶことができます。「人間関係・コミュニケーション論」「生活文化と医療」「家族社会学」の授業科目では、他学部他学科との共通基盤となる学びの機会を持ちます。これらの学びに基づき、「多職種理解と連携」という科目で多くの専門職の特性を理解していきます。

言語聴覚士・作業療法士・
理学療法士を目指す学生が
共に学ぶ

3つの学科の学生が横断的なグループによって課題解決していく授業「チーム医療とリハビリテーション」を通して、チームの意味を学び、その重要性や有効性を体験していきます。この他、「学習・認知心理学」「行動科学とリハビリテーション」「支援工学」「国際保健学」「生活保健学」「生体計測工学」「事例研究法」など、他学科の授業を選択科目として履修する機会を設け、各専門職種の理解に繋げていきます。

作業療法学科(仮称)

入学
定員
30名予定
修業
年限
4
取得可能資格
作業療法士国家試験受験資格

言語聴覚学科(仮称)

入学
定員
30名予定
修業
年限
4
取得可能資格
言語聴覚士国家試験受験資格

理学療法学科

入学
定員
60
修業
年限
4
取得可能資格
理学療法士国家試験受験資格

CAMPUS

現在、看護学科と理学療法学科の
講義室や実習室がある1号館を、
リハビリテーション学部(仮称)
開設に向け、増築予定です。

2021年完成予定

パース大学アクセスマップ

※タップで地図を拡大できます。

※学生サービス向上のため、5号館を2020年10月完成に向け建築中です。

建築について(PDF)