群馬パース大学ロゴ

お知らせ

NEWS

お知らせ

【大学見学】新島学園中学校・高校の皆さん

12月20日(火)、新島学園中学校・高校の中学3年生、高校1・2年生が見学来てくれました。

本学1号館にて、大学紹介を行った後、4グループに分けて検査技術学科、理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科の実習室見学を行いました。

 

大学紹介

群馬パース大学の特徴や目指すことができる医療専門職について紹介。それぞれの医療専門職がどんな仕事をしているのか、どのような場所で活躍しているのかなどを説明し、幅広い医療専門職について理解していただきました。

 

検査技術学科

血液や細胞、組織についての形態検査や検査技術を学ぶ実習室を見学。ちょうど遺伝子検査や輸血検査の授業を行っていたため、臨床検査技師を目指す学生がどのような授業をしているのか感じとっていただきました。本学に在籍している新島学園卒業の先輩からもお話を聞くことができました。

 

理学療法学科

学生が自己学習や集団学習に取り組む「レクリエーション室」と歩行や起立、腕や脚の曲げ伸ばしなどの動作を科学的に解析する「運動学実習室」を見学。理学療法士が使う多くの機器を見て、体験しながら仕事内容を理解していただきました。

 

作業療法学科

さまざまな「作業」を体験して学ぶ「基礎作業実習室」と遊びを使ったリハビリテーションを体験して学ぶ「作業療法治療実習室」を見学。ロボット、3Dプリンター、陶芸、eスポーツなど、さまざまな作業を体験しながら、作業療法士のお仕事を理解していただきました。

 

言語聴覚学科

「観察室」・「訓練室」・「聴覚検査室」のさまざまな設備や言語聴覚士が扱う様々な検査機器について、各実習室をまわりながら体験・見学。人が生きていくうえで欠かせない「聞く」「話す」「読む」「書く」といったコミュニケーション機能や、「⾷べる」動作に課題を抱える⽅に対して言語聴覚士がどのようにリハビリテーションをしていくのか体験しながら理解していただきました。初めて見る機器に興味津々な様子でした。

 

5号館

最後に、学生を支援する各種センターや学生専用マンションが入っている建物の5号館を見学。本学の学生サポート体制について説明しました。

初めて聞く医療専門職も多く、参加した中学生や高校生にとって、将来の進路選択を考えてる前に、医療専門職を幅広く知る機会となったようです。職業をしっかりと理解していただき、自分に1番合った進路選択をしていただきたいと思います。

新島学園の皆さん、寒い中、本学にお越しいただきありがとうございました!皆さんの進路選択のお役に立てれば嬉しいです。